フード・インク [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フード・インク [DVD]

5つ星のうち 4.5 54件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,175より 中古品の出品:1¥ 6,730より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でフード・インク (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • フード・インク [DVD]
  • +
  • モンサントの不自然な食べもの [DVD]
  • +
  • ありあまるごちそう [DVD]
総額: ¥9,802
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ドキュメンタリー映画
  • 監督: ロバート・ケナー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日 2011/07/30
  • 時間: 94 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 54件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005094Q1A
  • EAN: 4523215058643
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 11,596位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

ごはんがあぶない!!
第82回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート!アメリカでは公開翌週に上映館が20倍となる大ヒット!
まるで映画(フード・インク)のままのことが世界で起きている?!! 日本を震撼させた「牛肉《ユッケ》食中毒事件」、欧州では大腸菌汚染拡大。Twitterでは「『フード・インク』で取り上げられた内容が日本でも現実に起こってしまった!!」「今、まさに映画のままのことが起きている」と多数つぶやかれ、配給会社は問い合わせの電話で一時、騒然となった。
体にいいオーガニック・フードとスーパーに並ぶお手頃価格の“フード”。同じ食品でも価格にこれほど差があるのはなぜなのか?その理由は農業が巨大企業になってしまった異常な食事情にあった…。
地平線まで続く巨大なとうもろこし畑や、飛行機を使って一瞬で散布する農薬。世界最大級の精肉工場のベルトコンベアーで処理されていく牛や豚。アメリカサイズのダイナミックな農業スタイルはより安く、効率良く食べ物を収穫するためのもののはずだった。しかしそれが生み出したのは、数社のみが莫大な利益を得る業界のおかしな構造と、日本でも表示が義務付けられていない“遺伝子組み換え食品”の問題、さらに低所得者層に集中する糖尿病、相次ぐ食中毒…。この問題作をプロデュースしたのは映画『ファースト・フード・ネイション』の元となった「ファーストフードが世界を食い尽くす」の著者であるエリック・シュローサー。アメリカでは農業の工業化問題の第一人者と言われる彼と、監督のロバート・ケナーとが、実に6年もの歳月をかけ完成させた。知らない間に大きなシステムに組み込まれてしまった私たちが、今、本当に食べたいものは何なのか?観れば必ず今日のごはん選びが変わる、フード・ドキュメンタリー。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

食品の安全や業界の裏側に鋭く切り込んだフードドキュメンタリー。大規模で飼育・加工される米国の食肉産業の実態や遺伝子組換え食品が及ぼす影響などを明らかにしていく。安価な食品の危険性を訴え、巨大食品会社を真っ向から否定した問題作。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
アメリカの食肉産業の内部をガラス張りにした作品。身動きもできないほど狭い糞まみれの牛舎で本来食べるべきでないとうろもこしを食べさせられ病気になると抗生物質を投与され、不衛生のためにサルモネラ菌が発生すれば肉塊をアンモニアで洗浄する食肉工場は、もはや人には見せられないほど想像を超えた嫌悪すべき場所になりはててしまった。

そこで働く人々は何百キロも遠くから連れてこられたなんの権利も持たない移民たち。つりさげられた豚が落下しその衝撃で病院に行って流産を告げられた女性のラインワーカーに対して会社がしたことは、無断欠勤による解雇。

都会の高層ビルで優雅に働くホワイトカラー達には肉を出荷するブラックボックスをいかに低コストで運営するかということ意外考える余地はない。

このドキュメンタリーを見て目が覚めた人は是非「ありあまるごちそう」、「キングコーン」も見てもらいたいが、この「フードインク」で一番印象だったのは、自然な畜産をやって成功しているJOEL SALADIN氏が運営する家畜農場 POLYFACE FARMだ。彼の仕事と言葉を聞くと、すすむべき道が見えてくるような気がした。

彼の主張は、自然のまま育てるのが一番低コストだということ。別の国から石油を使って飼料を運ばなくても、土地には草が生えるし、糞は土と
...続きを読む ›
コメント 235人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
記録映画なので、ネタバレを恐れずに書きます。

マクドナルドに始まった巨大フードチェーン、そこに卸す巨大フードサプライなどが生む害悪、糖尿病や大腸菌Oー157を、えぐりまくってます。それだけでなく、事実上、米国のロビイスト制度、FDA、コーン助成金などが、消費者ではなくこれら巨大企業を保護している事実も明らかにします。

この映画をみて以来、食べ物について真面目に考えるようになりました。もう怖くて、MドナルドやY野家で食事出来ないです。

2010年のアカデミー賞・ドキュメント部門は、どーでもいいオカシな海豚映画が受賞してしまいました。この映画が受賞できないよう、何か業界から圧力があったのではないか、と勘ぐってしまうぐらい、そのくらい興味深い映画でした。

やたら頭の良さそうな農家のおじさん以外、英語はそんなに難しくありません。必見おすすめ映画です。
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
米国企業の利益至上主義により糖尿病が蔓延し、そして医療費高騰により医療業界が儲かる。
「なんという素晴らしいシステム!」一部の企業支配者の高笑いが聞こえる。
一般庶民、特に低所得者はその奴隷でしかない。まさに「人間家畜化政策」である。
現在進行中のTPPは米国民のみならず、世界人類を家畜化しようとする戦略である。
日本国民よ目覚めよ。中国だけが脅威ではない。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 巨大企業の圧力にめげず、やっと一軒だけ撮影を許可してくれた家畜農家のおばさんがいた。彼女の集団飼育場で、ぎゅうぎゅう詰めに飼われているニワトリ達は、まともに身動きもとれず、体を肥大化させるためのいわくつきの餌を与えられ続け、やがて屠殺されるだけの運命だ。体が弱りきっているため、ちょっと歩いただけでも足が折れてしまうニワトリ達を見ていたら、“生命の尊厳”などこの場所にはないのだなと、暗い気持ちになった(まるで、ナチスの強制収容所みたいだ)。
 ファースト・フード革命によって食品は、安価に早く、しかも大量に流通されるようになり、多くの人に便利さを提供することができた。しかしその反面、食品が文字通り工業製品のように扱われることで、様々な弊害が発生してしまったのも事実なのだ。
 映画で語られるそれら弊害の数々を、ここですべて紹介することはできないが、一番問題となるのは、やはりそれら“工業化された食品”を食べた人間たちに、健康上の悪影響を与えるという事実だろう。
 例えば、毎日ファースト・フードを食べ続けているアメリカ人一家が全員糖尿病になってしまったというエピソードなどは、突き詰めていけば深刻な社会問題だろう。とにかく製造過程で効率を最優先するあまり、それを食べる人間の健康に対する配慮が置き去りになっているのが現実なのだ。特に恐ろしかったのが、(最近日本でも
...続きを読む ›
コメント 110人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック