この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フード・インク [DVD]

5つ星のうち 4.5 58件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 12,531より 中古品の出品:3¥ 7,972より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でフード・インク (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ドキュメンタリー映画
  • 監督: ロバート・ケナー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日 2011/07/30
  • 時間: 94 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 58件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005094Q1A
  • JAN: 4523215058643
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 26,166位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ごはんがあぶない!!
第82回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート!アメリカでは公開翌週に上映館が20倍となる大ヒット!
まるで映画(フード・インク)のままのことが世界で起きている?!! 日本を震撼させた「牛肉《ユッケ》食中毒事件」、欧州では大腸菌汚染拡大。Twitterでは「『フード・インク』で取り上げられた内容が日本でも現実に起こってしまった!!」「今、まさに映画のままのことが起きている」と多数つぶやかれ、配給会社は問い合わせの電話で一時、騒然となった。
体にいいオーガニック・フードとスーパーに並ぶお手頃価格の“フード”。同じ食品でも価格にこれほど差があるのはなぜなのか?その理由は農業が巨大企業になってしまった異常な食事情にあった…。
地平線まで続く巨大なとうもろこし畑や、飛行機を使って一瞬で散布する農薬。世界最大級の精肉工場のベルトコンベアーで処理されていく牛や豚。アメリカサイズのダイナミックな農業スタイルはより安く、効率良く食べ物を収穫するためのもののはずだった。しかしそれが生み出したのは、数社のみが莫大な利益を得る業界のおかしな構造と、日本でも表示が義務付けられていない“遺伝子組み換え食品”の問題、さらに低所得者層に集中する糖尿病、相次ぐ食中毒…。この問題作をプロデュースしたのは映画『ファースト・フード・ネイション』の元となった「ファーストフードが世界を食い尽くす」の著者であるエリック・シュローサー。アメリカでは農業の工業化問題の第一人者と言われる彼と、監督のロバート・ケナーとが、実に6年もの歳月をかけ完成させた。知らない間に大きなシステムに組み込まれてしまった私たちが、今、本当に食べたいものは何なのか?観れば必ず今日のごはん選びが変わる、フード・ドキュメンタリー。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

食品の安全や業界の裏側に鋭く切り込んだフードドキュメンタリー。大規模で飼育・加工される米国の食肉産業の実態や遺伝子組換え食品が及ぼす影響などを明らかにしていく。安価な食品の危険性を訴え、巨大食品会社を真っ向から否定した問題作。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
私たちの毎度の食事の選択がより良い食事が出来る第一歩

小学校や中学校でガンガン上映すれば
良いと思う

そう思いません?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
世界中の人々、特にアメリカ以外の日本を含めた国では、全国民一人一人に観て欲しい内容です。特に子供や自分たちがファストフードを食べる事に抵抗のない人は、絶対に観るべきです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
食生活を見直すいい機会になりました。学校でも見せるべきです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
米国企業の利益至上主義により糖尿病が蔓延し、そして医療費高騰により医療業界が儲かる。
「なんという素晴らしいシステム!」一部の企業支配者の高笑いが聞こえる。
一般庶民、特に低所得者はその奴隷でしかない。まさに「人間家畜化政策」である。
現在進行中のTPPは米国民のみならず、世界人類を家畜化しようとする戦略である。
日本国民よ目覚めよ。中国だけが脅威ではない。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
この作品を観れば一目瞭然だ。NHKは全国に200店舗展開している米国産牛肉焼肉店が歓迎しお客も歓迎ししているsceneを流したがこれほど罪深い公共放送はない。アベチャンネルに成り下がったNHKが日本国民を殺す安部政権に手を貸している事実に着目すべきである。TPPのうち日本の畜産物への影響につき報道したNHKは画像に日本の畜産の現場しか流さず米国の畜産の現場は意図的に避けた。作品は汚物に塗れた牛がそのまま屠殺され解体され汚物や内蔵に含まれた細菌で牛肉加工従事者の爪が剥がれる事実を紹介している。鶏肉についても抗生物質を大量に使い成長を促し結果自らの足が骨折する鶏は廃棄される運命にあり他方鶏肉生産従事者は借金塗れでありその飼育方法から逃れられない。逃れる事は死を意味する。他方米国でも自然に任せて牛肉を生産する農家がおりそれを支持する国民も存在している。野菜の有機栽培と畜産とを組み合わせた自然農法を営む米国民も存在しそれをNHKはBS1で報道した。戦争する国にした安部政権から身を守るためには安部政権を打倒するしかなくまたTPPを秘密裏に大筋合意した安部政権もまた同じ論理で打倒するしかない。この場合の打倒とは選挙を通して政権の座から引きずり下ろすということであり暴力を使うことではない。アマゾンジャパン労組頑張れ!15年11月5日(木)午後7時51分26秒
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
何度も何度もこの手の作品は見てきました。
とにかく食料業界、大企業、政府の支配的、独占的態度に腹が立ちます。
自分が生きるためにどうやって食べるものを手に入れるのか
誰から手に入れるのか
どうやって口に入れるのか
あきらめずに自分で選んで決めて行動していいはず。
本当に考えさせられた良い作品だったと思います。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
具体的な内容に関しては他の方々の感想を参考にしていただくとして、この作品で強く感じるのは、食品と政治という2方向から迫っている生命の危機だ。
その根本にあるのは、資本主義を超えた拝金主義であり、金儲けのためには『魂』や『精神』は邪魔だということだろう。
家畜を物に、農家を奴隷に、消費者をカモにすることで、薬品まみれの安い食物は資本家にとって金儲けのツールとなる。
それを補完するのが企業のロビー活動であり、アメリカの議会や裁判所に企業のOBがうんざりするほど送り込まれている事実も、本作では描かれている。

このところ問題となっているTPPといった国際的な関税撤廃化もまた、巨大な食糧資本の活動範囲を拡大するための手段だと言う事も本作から理解できる。
食肉メーカーで働く外国人労働者の、人間扱いされない過酷な労働環境が問題として提起されているが、これは関税撤廃によって
メキシコにアメリカ産のコーンがなだれ込んだ事で、職をなくしたメキシコの農民の姿でもある。彼らは不法入国ゆえに過酷で低賃金の就労に甘んじるか
違法な仕事に手を染めるかしか生きる術がないのだ(これがメキシコの麻薬戦争が激化している要因だと言われている)。

また、農薬メーカーのモンサントや食糧メーカーのカーギルが、遺伝子組み換え大
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
面白かった。牛も鶏も糞まみれ、というのが...ウェ~。所用でN.Y.に丸ひと月滞在していたことがある。その時、宿泊費を削って、
食事はManhattan内のorganic専門super market、Whole Foodsで買うことが多かった。合衆国の農作物が遺伝子組み換えのものや、
食肉が品質的に「no good」であることは、予め知っていたので、多少高い価格でも安心な食品を食べることは大事だと思った。
とはいえ、物価が元々高い日本とは違う、Whole Foodsで買っていたアメリカ人から見ると「expensive」な食品は、正直、日本の
そこいらのsuper marketで買うのと大差無かった。ようするに、organicなのに安い。
1例を上げると、鶏肉と牛のsteake肉を買ったのだが、鶏肉は胸肉が大きいものが2枚で$6、牛はサーロインが2枚で$8しない。
1gallon=3.7lの牛乳は$2.5、日本でまともな牛乳を買うとすると1Lは¥200とかだから、1本買うお金で3.7L買うことができる。
土地が広大な合衆国でならできることだろうと思う。しかも、これらは全てORGANIC!?だ。ちっともぜいたくではない。
日本で満腹になろうとする金額の半分で、合衆国の、しかも大都市だ、そこでorganic
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー