Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,000

¥ 160の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[マイケル モス]のフードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠
Kindle App Ad

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠 Kindle版

5つ星のうち 4.4 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,000
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160 ¥ 740

商品の説明

内容紹介

1999年、ミネアポリスの超高級ホテルに米国を代表する加工食品大手の首脳が極秘で会合を開いた。コカ・コーラ、ネスレ、ナビスコ、クラフト、ゼネラル・ミルズ。
会合の目的は、「肥満や生活習慣病の急増と加工食品」だった。砂糖、塩、油がたっぷりの加工食品が原因になっていることはあきらかで、今のうちに手を打たないと
集団訴訟のターゲットになりかねない……。
しかし、発言力の大きいゼネラル・ミルズCEOの「自分たちにそこまでの責任はない」という演説で場の空気は一変、食品業界が行動を起こすことにはつながらなかった。
それ以来、加工食品大手は、コストメリットと利益至上主義を前面に押し出し、いかに消費者をひっかけることができるかに、しのぎを削るようになっている。
その鍵となるのは、塩分、糖分、脂肪分の3つ。大手食品会社は、一流の化学者を大量に動員して、この安くて強力な成分の組み合わせで、人が快感を感じる「至福ポイント」を
刺激する食品を生みだしてきた。
表面上は、「ヘルシー」「ローカロリー」を謳いながら、健康を度外視して売れる商品を作り続けなければならない食品企業の実態と内幕を、ピュリッツァー賞受賞記者ならではの
きめ細かい調査取材によって暴くとともに、加工食品の罠からどのように身を守れば良いかを消費者に説く。
ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー1位

出版社からのコメント

かつて日本で「やめられない、とまらない」というキャッチコピーで、一世を風靡したスナック菓子がありましたが、
加工食品の世界企業はいま、消費者が自社の食品を買い続けるように、さまざまな“トラップ"を製品に仕掛けています。

私は、本書執筆のための調査中に、機密扱いのさまざまな業界記録を入手した。
そこには、食品メーカーが綿密な計算のうえでこれらの原材料を使いこなしている様子がありありと示されていた。
たとえば、「飲みたい! 」という気持ちを起こさせる新しい清涼飲料を開発するには、「至福ポイント」を見つけ出せばよい。
糖分や塩分や脂肪分の配合量がある値にぴたりと一致していると消費者が大喜びするというポイントがあり、
業界内部の人々はこれを至福ポイントと呼んでいる。
(本書プロローグより)

至福ポイントはその一例です。
本書は、巨大食品企業が売り上げをのばすために行っている驚くべき製品開発やマーケティングの実態と、
ライバルとの激しい競争や株価対策などで健康的な製品を出したくても出せないジレンマを
当事者への徹底的な取材と内部資料により、解き明かした迫力あるノンフィクションです。
健康に関心のある消費者、小さなお子さんがいらっしゃる方、食品業界の方や、
マーケティングに関心のあるビジネスパーソンには必須の内容です。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1431 KB
  • 出版社: 日経BP社 (2014/6/9)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00KLY3M9G
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 60,395位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
自分は甘党ということもあり砂糖の摂取には目をつぶっていましたが、本書を読むとさすがに無視できなくなりました。約一ヶ月まずは、精製糖の摂取を無くしてみています。不思議なもので、今まで食べたくて仕方が無かった”人工的な”甘いものを食べなくても全く平気になりました。お金、時間と健康を余計な食物に無駄使いしなくなった感があります。

本書の舞台である米国Amazonでは毎週のように新しいダイエット法の本がベストセラーの上位に入ってきては消えていっています。それでもなぜ米国の肥満率はいっこうに下がらないのか?私の長年の疑問でした。本書は「砂糖、塩、脂肪」による食品の中毒性の観点からその理由に切り込んでいきます。

また、中毒性食品企業の進出が急速に進んでいる中国では、既に肥満の人がやせの人の数を上回っているというのも、たった一文ですがなかなか衝撃的でした。

ビジネスドキュメンタリーがお好きな読書家の方は間違いなく楽しめる本です。ただし、米国居住者向けに書かれている点、日本では従来から食品添加物への警戒心が高い点から、後半から内容に”もう満腹”と感じるかもしれません。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この本を読んで、いかに加工食品には、塩分、糖分、脂肪部が使われていて、その過剰摂取が人体に有害なもの
であるかが明確になった。初めは、向こうの甘いお菓子とコーラやシロップの話で、甘いもの好きのアメリカの
話だとたかをくくっていたが、日本も同じだと判明。美味しそうなピザにも使われているし、当然コーンやアイスクリームなどにも使われている。マックは世界規模だし。医者から加工食品を取らないように注意されたばかりで、びっくり。これを読むと、大手食品メーカーが作っているのは、食料品ではなく有害な化学物質だと思えた。
食の安全は、重要事項だ。ものすごく長くて読み応えがあったが、すごく役にたった。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
面白い。

わたしは食や各国の食文化に限らず、酒やいわゆる麻薬と呼ばれる物質、つまりヒトが口にするもの全般に興味があり、関連書を読むのが大好きだ。

この本は現代的な食品マーケティングの世界でいかに糖類、脂肪、塩分が麻薬的に使われているか、ヘビーユーザー(重度の麻薬中毒者と同じだ。)からさらに金を巻き上げるためにメーカーがどのように継続的に企業努力を続けているか、そうしたことを生々しく描いている。

糖類も脂肪も塩分も、ヒトの長い歴史の中では欠乏しがちで、だからこそこうした成分を本能的に求めるようにわたしたちは進化してきた。
つい最近、1万年と少し前に起きた農耕革命で爆発的に文明が進歩してからは、これらは食品の保存剤としても重宝に使われてきた。
ヒトは何を主食とする動物種かと問われれば[保存食品]だと即答するのはそうした歴史に関するささやかな知見による。

ヒトは保存食品を[食べる]。
今の時代に則っていえば[消費する]。
[食べる]または[消費する]ことは生存本能のなせるわざで、そこに特定の成分への嗜好または傾倒または中毒も生まれる。

日本に住まうわたしたちは、まず絶対的に世界の貧困層にいる人たちより栄養的にマシなものを食べている。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
アメリカのジャーナリストの力強い調査と追求力は
眼を見張るものがある。渾身の筆圧が感じられる。
アメリカだからできるのだろうか。
徹底したインタビュー。
必要な文献の調査。そして、内部文書まであたる。
日本では、このようなジャーナリストが育たないような気がしてならない。
なぜなのだろう。

砂糖、脂肪、塩は 『美味しい』を形づくる。
どんどん食べさせ、どんどんのませるには どうしたらいいのか?
それを 食品企業は 徹底した 研究をして
戦略とマーケティングを行ない
そして 広告宣伝 によって ターゲットを陥落させる。
企業の論理は 収益獲得に徹底してこそ はじめて 生き延びるが
そのことによって ニンゲンを 滅ぼす可能性がある。
まさに 食においての ジレンマの中にあることを 浮き彫りにする。
この本の題名は、フードトラップよりも フードジレンマと
言った方が良さそうだ。

砂糖、脂肪、塩をめぐって、フードカンパニーの
追及とジレンマを深く掘り下げる。

砂糖には『至福ポイント』がある。
そのポイントを正確に把握することが、
食品会社にとってのコ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す