¥ 864
通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
フーコー入門 (ちくま新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フーコー入門 (ちくま新書) 新書 – 1996/6

5つ星のうち 4.2 27件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 215

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • フーコー入門 (ちくま新書)
  • +
  • ニーチェ入門 (ちくま新書)
  • +
  • カント入門 (ちくま新書)
総額: ¥2,548
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「真理」「ヒューマニズム」「セクシュアリティ」といった様々の知の「権力」の鎖を解きはなち、「別の仕方」で考えることの可能性を提起した哲学者、フーコー。われわれの思考を規定する諸思想の枠組みを掘り起こす「考古学」においても、われわれという主体の根拠と条件を問う「系譜学」においても、フーコーが一貫して追求したのは「思考のエチカ」であった。変容しつつ持続するその歩みを明快に描きだす、新鮮な人門書。


登録情報

  • 新書: 238ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (1996/06)
  • ISBN-10: 4480056718
  • ISBN-13: 978-4480056719
  • 発売日: 1996/06
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 45,218位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
長年フーコーの原著に触れ、講義録の日本語訳を公開してきた中山元であるからこそなしえた、フーコーの入門書としては決定的な本だと思います。時に論理的な展開の軌跡を読みとりにくいフーコーの思想の全貌を、時を追いながら、順番にわかりやすく解説した本として、他の入門書にはない思想としての連続性をつよく意識させる仕上がりになっていると思います。フーコーが何を考えたのか、ではなく、どのように考えていったかを知ることの出来る画期的な入門書だと思いました。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
哲学書は、入門書と謳っていても、たいていとても専門的で素人には難しいもので、いつも困っていました。哲学という響きがかっこよくて、憧れ一心だけでどうしても勉強したいなと思う私のような輩には、一ページ目を開いただけで、出直して来いの張り手打ちのごとき専門用語の羅列!けれど、この方の本はとても分かりやすいです。知的にわくわくしてとんとん読めます。かといって、雑学っぽい軽いものでは、決してないのがすごいですね。内容が濃くて、わかりやすい、両方を兼ね備えるのは難しいことだと思うので、本当にこの本は、すごいと思います。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mbookdiary VINE メンバー 投稿日 2003/11/11
形式: 新書
フーコーの人となりから、どのようにして彼がみずからの哲学を形成していったのかが、客観的に理解できる。フーコーという人物が自然発生的に突如として現れたのではなく、現れるべくして現れたというように納得させられる。さまざまな近代学問の発生状況、近代的「人間」の構造的説明などとても分かりやすい。もっとも印象に残ったのは「近代国家と司牧者権力」の章である。魂の救済という建前の下、実際に行われるのはひつじたち(信者)をみずからの支配下に置くということである。そして、そのことに司牧者は気がついていない。このような状況は日常生活のあらゆる場面で見受けられる。例えば「私利私欲を捨て」がんばるような人である。これは他人たいし権力を振るうやりかたである。日常生活にあふれるこのような、無意識の権力のやり取りをやさしく理解させてくれる。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
フーコーの著作は日本のみならずアメリカ等でもレファレンス本として大変頻繁に出てくるため、特に新たにコメントする余地が無いほどです。
 フーコー氏は「リベラル」の理論的支柱のようでもあり、単なる無責任なアナキストのようでもあります。一方でアメリカ保守派の論法が最近フーコーに似てきているなと思う事がしばしば有ります。たぶんアメリカのコンサバ達の「読まず嫌いの思想家」の筆頭ではないかと思います。
 本書の特徴は「生政治」の概念の解説に力を入れた点がそれまでの入門書とは異なり、今アメリカでホットな政治論争になっている問題と重なる所が多いようです。 フェミニズムの始祖の1人マーガレット サンガーに対するスキャンダラスな攻撃は、まさに彼女がアメリカにおける優生学=生政治のシンボルだからでしょう。国民皆保険導入への保守派の反発は、まさに「リベラルの生政治への傾斜」に対する感情的嫌悪という側面があります。
 本書は冷戦終結後の思潮の変化に伴って、右翼的にも左翼的にも読まれ得るフーコー氏の著作について、最もアップデートな入門書の一つではないかと思われます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 フランスの哲学者であるミシェル・フーコー(1926−1984)の解説書。
 曰く・・・
 眼の構造には眼自体を見ることができないという盲点があるが、読むという行為にもある読み得ない盲点が存在する。読む対象として構成されず気づかれない領域がある。カントは理性の限界を明らかにしようとしたが、フーコーにとっては理性の定めた限界を侵犯することが重要な課題。人間が正常であるという規範的な考え方を受け入れるように強制するものを暴き、人間の本質という思考そのものを侵犯する。
 精神医学は、その社会における政治的実践という側面がある。正常と異常を判定し、異常を排除することにより社会秩序を確保するという実践に結びつくという点において。
 17世紀半ごろ、狂気は性病と同じく、何らかの「罪」を犯したものと考えられ、狂気の治療という医学的行為には、罪を罰するという道徳的な行為が含まれていた。狂気かどうかを判定することには道徳的な要素がある(同性愛、親不孝者、娼婦、錬金術師・・・)。ちなみに道徳的理由ではない<本物の>狂者は、フランス革命までは見せ物にされたという(パリ市民の日曜日の気晴らしだったらしい。完全に動物扱い)。
 フランス革命後、(流行病対策やら貧民の生活保護論争などを経て)国家が医学と結びつくと、住民は僧侶(精神)と医師(肉体)によって、国家
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー