フロスト×ニクソン [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,084
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フロスト×ニクソン [DVD]

5つ星のうち 4.2 33件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 2,602 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,388 (35%)
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆Remedia OUTLET★【アマゾン倉庫より年中無休で発送】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 1,980より 中古品の出品:11¥ 388より

この商品には新しいモデルがあります:

フロスト×ニクソン [DVD]
¥ 1,543
(33)
通常8~9日以内に発送します。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • フロスト×ニクソン [DVD]
  • +
  • 大統領の陰謀 [Blu-ray]
総額: ¥3,993
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: フランク・ランジェラ, マイケル・シーン, サム・ロックウェル, ケヴィン・ベイコン, マシュー・マクファディアン
  • 監督: ロン・ハワード
  • 製作者: ロン・ハワード, ピーター・モーガン, ブライアン・グレイザー, ティム・ベヴァン, エリック・フェルナー
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日 2009/08/21
  • 時間: 122 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 33件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002DRBWDM
  • JAN: 4988102708634
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 68,189位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

米テレビ史上最高の視聴者数を記録したショウビズ界の伝説
アカデミー賞受賞監督が、世界中を驚愕させた実話を映画化!

【初回生産仕様】
●パンフレット縮小版

【本篇ディスク特典】
●未公開シーン
●メイキング・オブ・「フロスト×ニクソン」
●リアル・インタビュー
●ニクソン図書館
●ロン・ハワード監督による本編音声解説

【キャスト】
デビッド・フロスト役:マイケル・シーン『クィーン』(06)『ブラッド・ダイアモンド』(06)『アンダーワールド:エボリューション』(06)
リチャード・ニクソン役:フランク・アンジェラ『スーパーマン リターンズ』(06)『グッドナイト&グッドラック』(05)『ロリータ』(97)『デーヴ』(93)
ジャック・ブレナン役:ケビン・ベーコン『ミスティック・リバー』(03)『インビジブル』(00)『マイ・ドッグ・スキップ』(00)

【ストーリー】
1974年、ウォーターゲート事件の汚名にまみれ、チャード・ニクソンは大統領を辞任する。“アメリカ歴史上、自ら辞任した初の大統領”という不名誉なタイトルをまとうが、事件に関する特赦を得、追訴を逃れ政界を去っていった。しかし、任期中の偉業をアピールすることで汚点を消すことを目論む彼はついに、3年間の沈黙をやぶってウォーターゲート事件を含む単独インタビューに答えることを承諾する。ニクソン選んだインタビュアーの相手は、英・豪で活躍し、これを機会にアメリカ進出を目指すコメディアン出身のセレブなテレビ司会者、デビッド・フロストだった。誰もが以外な取り合わせに驚くが、お気軽なテレビの司会者フロスト相手のインタビューは、ニクソンにとって楽にこなせ、また、インタビューでアメリカ国民の心をとらえ政界復帰へチャンスを与えるもののはずだった。しかしながら、それぞれがブレインを抱え取り組むインタビューは、まさに頭脳戦による格闘技。ニクソンは、糾弾から逃れることができるのか?フロストは、国民への謝罪を勝ち取れるのか? 4500万人が目撃したインタビューとその裏側で起こっていた頭脳戦を完全映画化!

【劇場公開情報】
2009年3月28日公開シャンテ・シネ他全国公開作品

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『天使と悪魔』のロン・ハワード監督が、ピーター・モーガンの舞台劇を映画化。ニクソン辞任中継の高視聴率を知ったイギリスの人気TV司会者、デビッド・フロストはニクソンと1対1のインタビュー番組を企画するのだが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
舞台で演じられ、さらに映画化された。
役者は舞台と同じ。
ニクソンを演じる役者の誇りと悲しみ。
老いたニクソンと 若きフロストの対比はつらすぎる。
やっぱり 若きものが栄光を勝ち取るのだ。
しかし、ニクソンがきちんと認めたことによって彼の歴史における価値は巨大となった。
いい作品。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この作品は英国人テレビ司会者、デビッド・フロストは、ウォーターゲート事件で辞任したニクソン元大統領との1対1のインタビューに挑む姿を描いており実話である。

フロストの目的はウォーターゲート事件に対するニクソンの謝罪を勝ち取ることだが、一方、ニクソンはこのインタビューを契機に過去の汚名を晴らして政界への復帰を目論んでいる。フロストはこのインタビューを獲得するために私財を投入しており、謝罪を勝ち取らなければスポンサーがつかず、苦境に追い込まれるという背景事情もある。

この全く異なる思惑をもって臨む二人の間で行われたインタビューはまさしく知的な格闘だ。大統領として経験豊富なニクソンは最初から自由自在に話題を操り、フロストの追及を全く寄せ付けない。数日に亘って行われたインタビューはニクソンの圧勝で終るかと思われたが、最終回の直前に新事実を手にしたフロストはニクソンを追い詰めていく。

ウォーターゲート事件の概要しか知らない自分にとって、最後にフロストが手に入れた事実の重みがぴんと来ない部分はあったが、二人の丁々発止のやりとりは見応えがあり、千両役者のニクソンが最後に人間としての弱さを見せた最終場面は印象的であった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
本作には殴り合いも口汚い罵り合いもない。1977年に行われたD・フロストとR・ニクソンの12時間に渡るインタビューを「映画」にしたものだ。ドキュメンタリーを観れば済むものが(特典映像には実際のインタビューシーンも収録)なぜこんなにも緊迫感溢れる傑作となったのか?R・ハワードの演出力も当然あるだろうが、何といってもF・ランジェラとM・シーンの迫真の芝居がその最大要因だろう。「国益のためならば、大統領は非合法なことも出来る」というセリフは、アメリカのみならず現代の中国にも受け継がれているし、OAされていないふたりの電話でのやり取り(チーズバーガーの話から出自のコンプレックスに及ぶあたりは本当に圧巻!)も秀逸だ。21世紀もあっという間に1/10が経過するが、Webやクラウドのおかげで、生活者はマスメディアへの依存度が明らかに減ってきた。本レビューにしたって、それまでは一般人が語ることなんてほとんど出来なかったからね。しかし1977年当時は、まだTVが帝王だった頃だ。映画でも語られているが、ニクソンへのクロースアップと、そこに映る生気のない表情は、国民に全てを理解させる「力」があった。加えてアンカーマンの持つパワーも、今とは比較にならない。2010年現在、100万ドルを賭けて政治家へのインタビューを採るアンカーマンは世界に何人いるだろうか?失敗すれば金銭どころか、一番重要な「地位」も失う「...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「インビクタス」を見ていたら最近どっかで似た話を見た記憶が、と思い出したのが本作、 両作ともに逆境にある主人公が重圧をはねのけて勝利する実話に基づく点がそっくり、いかにして勝利したかの方法について詳しく描写されないところもそっくり、つまり両作品ともに勝利の方法について描いた映画ではないということです、A:Bという対立が明確な本作のほうがより娯楽性が高いことは指摘するまでもない、

ホワイトハウスを去るニクソンが高々と両手でVサインを掲げながらも一瞬の表情の曇りを見逃さないフロストのテレビ人としての優秀さや、私たちがエスタブリッシュメントです然としたニクソン陣営にたいして、ジョンレノン風・デブ・おかっぱ頭の貧相な作家にタレント・オーラ発散のフロストに私が自由な女よという5人組、と両陣営の対比の面白さ、うまい俳優をキャスティングして彼らの技を強調して撮影したらこうなるのさ、とロン・ハワードが言いたげな(実際に監督解説音声でそう発言している)など小予算映画ながらハリウッドの懐の深さを見せた快作です、

俳優の上手さは当然ながら、個人的には台詞が面白くて面白くてしょうがないので以下少々、

冒頭のニクソン弾劾のニュース映像、 一人の弁護士が次のように発言している、

"The misuse of power i
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー