フレンチアルプスで起きたこと [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フレンチアルプスで起きたこと [DVD]

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 3,175より 中古品の出品:4¥ 2,097より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • フレンチアルプスで起きたこと [DVD]
  • +
  • 人生スイッチ [DVD]
  • +
  • ナイトクローラー [Blu-ray]
総額: ¥10,505
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ヨハネス・バー・クンケ(トマス), リサ・ロブン・コングスリ(エバ), クララ&ヴィンセント・ヴェッテルグレン(ヴェラ&ハリー)
  • 監督: リューベン・オストルンド
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: オデッサ・エンタテインメント
  • 発売日 2016/01/05
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B016U8JSLC
  • JAN: 4571431211861
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 68,678位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介



スウェーデンからやって来た幸せな4人家族をおそう突然の危機。バカンスは5日間、彼らの運命は?

★全米絶賛! 外国映画賞最多15冠に輝き、ハリウッド・リメイク決定! !
2014年のカンヌ国際映画祭で絶賛され、アメリカで公開されるや、 批評家や映画ファンの間で一大センセーションを巻き起こした本作! 「ウォール・ストリート・ジャーナ ル」「NYタイムズ」「LAタイムズ」等アメリカの有力紙がこぞって取り上げ、全米の映画批評家協会が選ぶ外国語映画賞でみごと最多の15冠を獲得! ! 第72回ゴールデン・グローブ賞では外国語映画賞にノミネートされ、スウェーデン・アカデミー賞では6部門を制覇! ついには『ブラック・スワン』『グランド・ブダペスト・ホテル』等を世に送り出したFOXサーチライト・ピクチャーズによるリメイクが決定した!

★「2015年観るべき映画監督TOP10」選出(VARIETY誌)北欧スウェーデンの“超新星"リューベン・オストルンド監督、日本初上陸作!
2010年ベルリン国際映画祭短編部門金熊賞を受賞した『インシデント・バイ・ア・バンク』、2011年 東京国際映画祭最優秀監督賞を受賞した『プレイ』など、常識や偏見などが複雑にからみあう現代社会の人間行動を一貫して描き、鋭い洞察力とモダンな映像感覚で “北欧映画界のイノベーター(革新者)"と称されるリューベン・オストルンド監督。日本初上陸作となる本作は、彼の持ち味である優れた観察力による人間描写に加え、ウィットに富んだ会話や北欧ミステリーを想起させるスリリングな展開など、エンターテイメントな魅力が新たに加わったことで、観客からの幅広い共感を呼んだ。崩壊の危機におちいった家族が、問題に立ち向かい、新たな絆を結んでいく姿は、「現代を描く最高傑作」と世界中で絶賛された!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

現代人の行動心理を巧みに捉えた人間ドラマ。家族4人で訪れたスキー旅行。家族揃ってテラスで見物していた雪崩が予想以上に勢いを増し襲い掛かる。全員無事だったものの、その際にとった父の行動に家族は不信感を抱く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

仲良し家族がアルプスのスキーリゾートに来て、人口雪崩に遭遇。
妻が子が「あなた!」「パパ、パパ!」と呼んでいるのに、自分だけ、さっと逃げてしまった父親。
それから、夫婦の溝ができて、子ども達も敏感に反応して、、、

さて。妻が吹雪の中でミッシングになったのは、この結婚を救おうとして、自ら演出したのか?

そして、最後がまた考えさせられるのです。黙々と道路を歩いて行くバスの乗客。それもこれも、運転手が悪いのですが、、、
「ドアをあけなさい!降りる!」と、まっさきに怒鳴ったのは、かの妻。彼女の言動は皆をパニックにさせたわけで。
一人、バスに残って、走り去るのは、その妻と人生について意見の異なる自由人の女性。

これは何を意味するのか。命が危険にさらされた時に人が取る行動はーー誰にも責められないということか。

他に何かが起こるわけではないのですが、何か怯えさせるバイオリンの曲の使い方もなかなかです。
一見の価値あり。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 waku2 投稿日 2016/1/9
フランスの高級リゾートにスキー・バカンスにやってきたスマートなビジネスマンのトマス、美しい妻エバ、愛らしい娘のヴェラと息子のハリー。普段仕事に忙しいトマスは、たまに取った休暇で高級リゾートを奮発し、ここぞとばかり家族サービスに精を出す。バカンス2日目。たっぷりとスキーを楽しみ、陽が輝く絶景のテラスレストランで昼食をとっている最中、いきなり爆発音が轟き、人工雪崩に襲われる。その時、夫は妻や子どもたちが助けを求めていたにもかかわらず、自分一人だけ逃げだしてしまう。数分後に昼食のテーブルに戻ったが、妻や子どもたちの目はまるで別人のようだった。「私たちを見捨てたおとうさん。まさかこんな人だったとは・・・」。この出来事がきっかけとなり、夫婦仲もぎくしゃくし、子どもたちの行動も変化する。気がついたら家族はみんなばらばら状態。日常のちょっとした行動を視点に、夫婦や家族の絆、不倫といった問題を映画を楽しむ中で考えさせてくれます。フランスアルプスの豪華なリゾート地気分を疑似体験しながら人間の本質について気付かせてくれたので星5つつけました。スキーや冬山に興味のある人にとっても観て損のない映画です。スエーデン語と英語が中心ですが、字幕はわかりやすくてこなれていると思います。私は近所のレンタルで借りて観ましたが、DVDの仕様がリージョン1(米国、カナダ ※日本国内用(リージョン2)のDVDプレーヤーでは再生できません。)ということなので、購入の際には御注意ください。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ヴィヴァルディを平常心で聴けなくなるくらい思い出すたび爆笑してしまいます。
買いたいけど高いわあ。。もっと安くなるといいのに。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2015年7月4日公開。 監督はリューベン・オストルンド。

スウェーデンからフレンチアルプスにスキーにやって来た4人家族が雪崩
に遭遇。 大事には至らなかったのだが、夫が1人で速攻で逃げたので
そこから妻とジワジワケンカし続ける物語。

本能的に逃げちゃった夫が、自分でも認めたくないから本気で逃げてないと
思ってそう主張する。 妻も理想的家庭像を割に強く持ってたので、夫を責めたり
悩んだりする。

まあわからなくもないのだが、人生に一度あるかないかの恐ろしい出来事なん
だから、しょうがないじゃないかと思う。 あんたたちの地味な夫婦喧嘩なんか
見たくないわ。

テンポもすごく悪いし、ブラックすぎて全然笑えない。 一生懸命仕事して家族を養って、法律を守って真面目に生きているんだから、一回雪崩にビビって走って逃げたからって、ぼくは全然カッコ悪い思わない。 ってゆうか偉い。

こんなどうでもいいテーマの作品もあんまり観た事がない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
旦那ばっかり責められて可哀想でした。

むしろ度量の狭い妻の方が問題ありかと思います。
不倫している女友達らしき人を、場所もわきまえずに責め立てたり、明らかに情緒不安定です。

トマスの友達の髭の人の言う事はもっともだと思います。
誰だって危機に瀕したら本能的な行動をとるでしょう。

終盤ではこの妻に対し、遭難してしまえとさえ思いました。
家族の絆と言うより、妻の暴走をテーマにした作品なのではないでしょうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す