中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 くるさい
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆土日祝も毎日発送しています!帯付です。◆目立った汚れや傷などなく全体的にきれいな状態ですが、中古品の為多少の使用感などある場合がございます。ご了承の上お 買い求めください。◆日本郵便のゆうメールにて発送の為、基本ポスト投函になります。◆商品到着後、万が一コンディションに相違があった場合、ご連絡いた だきましたら交換や返金など迅速に対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フレンズ 単行本 – 2001/12

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

あのバカ、目を真っ赤にして泣いているのだった……
バイク3ケツ、短ラン、ピアス、進級もやっとの中学生。だけど堂々生きてきた。
すべての十代に伝えたい、ハルヒコ初の自伝的エッセイ!

校舎へと下る坂道の手前に誰かいるのに気づいた。
あのごつい体つきはたぶん田内先生だ。ヤべえ。待ってたのかよ。
「晴彦、おまえなあ……」
田内先生はこれまでに見たことのない、凄まじい形相だった。それに気づいたときにはすでに怒りの魂がオレの顔に迫っていた。
ガッツ――ン。
オレは雨で濡れたアスファルトに吹っ飛んだ。
「あれほど言ったろうが、バカヤロー!来い。いいから来い」―――(本書より)

内容(「BOOK」データベースより)

バイク三ケツ、短ラン、ピアス、進級もやっとの中学生。だけど堂々生きてきた。すべての十代に伝えたい、ハルヒコ初の自伝的エッセイ!涙と笑いでハジケまくった青春記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 222ページ
  • 出版社: 講談社 (2001/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062104172
  • ISBN-13: 978-4062104173
  • 発売日: 2001/12
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,149,840位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
感動するとすぐに涙して、飾り気のない人柄とビミョーに見え隠れする名古屋弁がとっても好印象の晴彦さん。
じつは高校までは、けっこうやんちゃだった!!
人生は一度きり!もっと毎日、熱く生きろ!
怠惰に過ごす若者たちには渇が入るかも。
私はもう、いい大人だけれど、自分に対して真っ直ぐでいたい。正直に生きたいと思えた一冊です。晴彦さんのファンになりました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
さっぱりと、自分に正直に生きている晴彦さんは、同じワルガキ(うわっ言葉ワルっ!)でも近頃犯罪を犯す子供と比べ(ちゃいけないんだけど・笑)、何だか微笑ましいカンジがしてスカッとしました。ていうか、全部読み終わって励まされました。どんな状況にあっても「自分」は持っていないといけないんだな、と。私も一応漫画家だから、それだけで偏見的な目で見られることもあります。スランプもパニックも起こります。でも、自分の作品を本当に楽しんでくれる読者や、応援してくれる周りの人たちの支えがいつも心の中にあるからまだまだ頑張れるゼっていう面も多いんですよね。この本の後半は特に、そういう意味でとても共感できる部分が多かったです。
いい本に出会えて嬉しかったです。晴彦サン!これからも自分らしく頑張ってってくださいね!(^0^)/
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック