中古品の出品:4¥ 1,596より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フレイルティー 妄執 スペシャル・コメンタリー・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:4¥ 1,596より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マシュー・マコノヒー, ビル・バクストン, パワーズ・ブース, マット・オリアリー, ジェレミー・サンプター
  • 監督: ビル・バクストン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Paramount Home Entertainment(Japan)Limited(CIC)(D)
  • 発売日 2007/08/24
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000RXXYA8
  • JAN: 4988113821612
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 82,564位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

傑作ホラーをいつまでもお求めやすい価格で!!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『アポロ13』ほかで知られる俳優、ビル・パクストンが監督デビューを果たしたサスペンスホラー。連続バラバラ殺人事件を追っていたFBI捜査官・ドイルの前にフェントンと名乗る男が現れ、事件の真相を語り始めるが…。“「メイド 冥土」リリース記念”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

監督のコメンタリーでは、有名なベテラン俳優で有りながら、今回の監督をするに当たっての映画や映像、小道具、セリフ、音楽、ライティング、など様々な要素への拘りが聞けて面白い。素直にいろんな映画からの影響を認めているのもなんか素直だし映画を愛している感が伝わってくる。私は監督の思惑に嵌まらず観賞出来ましたが、幾つか印象に残るシーンがあり、作品としても評価は出来ると思います。ラストシーンで子供が二人フレームインしてすぐタイトルロールで映画が終わるところ、自分でもわかっているようだけど監督遊びすぎでしょ。コメンタリーで初めて意図?がわかりました。
サイコへのオマージュ
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大部分を占める回想シーンだけでなく全体に古めかしく、チープな映像。

しかし、テンポはいい。古典的ハードボイルドを思わせる導入から、うまく回想中心の展開に引き込んでいき、飽きさせない。
すっかりサイコ劇だと思わせておいて実は・・・というオチも秀逸。

傑作とは言えないが、拾い物としての満足度は高い。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 damondo 投稿日 2009/5/8
フジテレビの映画やドラマたとえばガリレオ踊る大捜査線アンフェアなどに夢中になってるOLにはこの映画のホントの恐ろしさが理解出来ないのかもしれません。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
子供に関する描写の酷さ等、
気分良く観れる作品ではないです。
もどかしい気持ちにさせられる過去の出来事の描写(兄の目線では)、
終盤の唐突な(少し畳み掛け過ぎかな?)ドンデン返し、
傑作と言う類の作品ではないと思いますが、
佳作と言えると思いました。
地味ですけどね。
でも、ラスト数分は蛇足かなと、個人的には感じました。
すっぱり終わらせて欲しかったです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「エイリアン2」や「タイタニック」等で存在感のあるところを見せていた「俳優」ビル・パクストンの監督デビュー作。
少々地味ではありますが意外な拾いものとして楽しめるサスペンス・ホラーに仕上がっております。

舞台はテキサス。
残虐なシリアル・キラーを追うFBI捜査官(パワーズ・ブース)の前に現れたフェントンと名乗る男(M・マコナヘイ)。
彼は犯人の正体を知っていると主張し、捜査官の質問に対して彼と彼の兄アダムの少年時代の奇怪な物語を語り始めます。
それは敬虔なクリスチャンであった彼等の父親(B・パクストン)がある日、「神のメッセージ」を受けたことから始まるのですが・・・。

予備知識がない方が楽しめるタイプの作品なので説明はこの程度にしておく方が良さそうです。
基本的にはサスペンス・ミステリなのですがそこにホラー要素が上手くブレンドされていてユニークな作品となっております。
ホラー好きならこのラストは早い時点で想像がつくかも知れませんが役者陣の好演もあって飽きることはないでしょう。

主演のM・マコナヘイとしてはイメージがそれまでとは異なる役柄なのですが、彼も監督のパクストン氏も共演のP・ブースも
全員がテキサス出身ということ気心が知れているのか意外にスム
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告