この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フルメタル・ジャケット [DVD]

5つ星のうち 4.2 220件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 9,590より 中古品の出品:23¥ 1より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でフルメタル・ジャケット (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マシュー・モディン
  • 監督: スタンリー・キューブリック
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 1999/09/10
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 220件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005I1MP
  • JAN: 4988135523464
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 177,198位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   巨匠キューブリック監督がベトナム戦争に鋭いメスを入れた、衝撃の問題作である。
   アメリカ南カロライナの海兵隊新兵訓練所に入隊した、ジョーカー、カウボーイ、パイルらの若者たち。彼らは鬼教官ハートマンのもとで、毎日地獄のような猛訓練に耐えるが、卒業前夜にパイルが教官をライフルで撃ち殺し、自殺するという事件が起きる。数か月後、ジョーカーは戦地ベトナムでカウボーイと再会、共に戦うべく最前線へ向かうが…。
   殺りくマシンとして家畜のような猛訓練を受ける新兵を描いた前半と、彼らがベトナムで実際に体験する修羅場のような戦場を描いた後半の2部構成で、戦争と、それによって人間性を失っていく兵士たちの狂気を冷徹な視点で追う。
   すべての戦場シーンをロンドンのセットで撮影。ジャングルがまったく登場しない、出色のベトナム映画。(山内拓哉)

内容(「Oricon」データベースより)

ベトナム戦争を舞台に殺人兵器となった新兵たちの狂気の姿を描いた、スタンリー・キューブリック監督の異色戦争ドラマ。マシュー・モディン、R・リー・アーメイほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
もっともアメリカ版のマスターも酷いものだったので、日本側の責任ではない。
間違った粒子感というかノイジーな画面が観るに耐えない。
これならアップコンで観るDVDの方がマシである。

ちなみにアメリカではリマスター版=デラックスエディションで再発された。
こちらの画質は相当向上している(最近の映画ほどではないが)、
リニアPCM音声も追加されたので、この版が発売されるのを待つべき。
コメント 137人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
作品内容は星5つ。キューブリック作品はどれも好きで、とりわけ本作は、初めて劇場で観たキューブリック作品ということもあって思い出深いのだが、なぜ・・・なぜブルーレイはマトモなサイズでリリースされないのか。

25周年記念で2枚組ときたから、1枚は今度こそオリジナルサイズ(1.66:1)のブルーレイが入っているかと思いきや、メイキング映像で、しかもDVDときたもんだ。これなら既発のスタンダード・サイズ本編DVD付けた方がよほどマシじゃないかと。

ブルーレイでも「黒水仙」のような、1.78:1用に収録されたスタンダード・サイズ(上下ではなく左右に黒帯が入るのでピラーボックスと呼ばれる)の超高画質ソフトがあるにも関わらず、キューブリックのオリジナル・サイズ盤が未だに制作されないというのは、版元メーカーの怠慢としか言いようがない。もしキューブリックが生きていたなら、このようなブルーレイソフトの発売は絶対に認めなかったはずだ。

※2012.11.17修正・追記

他のキューブリック作品ソフトのチェックも兼ねて、11月に発売された「ロリータ」廉価版ブルーレイを本日購入。観てみると、画面左右に黒帯が入ったピラーボックスのヨーロピアン・ビスタ(1.66:1)で収録されている。やろうと思えばできるわけで、「時計じかけの
...続きを読む ›
7 コメント 177人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: HD DVD
次世代DVDの初期にリリースされただけあって、画質はダメです。
ノイジーで変な粒子感がキツい。これならDVDのアップコン再生の方がマシです。

もっともこれは本国から供給されたマスターに原因があり(北米版も酷かったし、
向こうでも酷評されている)、日本側の責任ではない。

そんなワケで2007年10月にアメリカでは「Deluxe Edition」が発売され、
こちらはコーデックも変わり、ブルーレイについてはリニアPCM音声も
収録されています。

このバージョンの発売を待つのが吉かと思われますね。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
前半は軍隊学校、後半は実際に戦争で戦うシーンが描かれています。いろいろと残酷な描写もあるので見る時にはその点に気をつけた方がいいです。
ちなみに最後に兵隊が歌うミッキーマウスのマーチ。アメリカではミッキーマウスには「大したことない、取るに足らない」という意味もあるそうです。それを知って見ると、最後の場面はいろんな見方ができそうです。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
もとはスタンダードサイズの映画。それをHDサイズに天地カットしてしまった。台無し。キューブリックが見たら怒るだろう。DVD版でのご鑑賞をお勧めします。『時計じかけのオレンジ』もブルーレイ版は天地カットしてありました。
『2001年宇宙の旅』以外の作品が天地カットされている可能性あるので、私はこれに懲りてブルーレイではキューブリックは買いません。大画面で見たいのは『2001年』だけだし。
2 コメント 113人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
戦場の臨場感という点では「プライベート・ライアン」も棄て難いが、いかんせん私の体は、スピルバーグの銃声に反応することはなかった。あの映画に漂う半端なヒューマニズムが、銃弾に曝される恐怖感を相殺してしまったのだろう。だが、キューブリックは違う。ともすればブラック・ジョークすれすれの冷徹な視点を戦場に持ち込み、良識派と呼ばれる人々の頭に冷や水を浴びせかける。皮肉屋と言うか何と言うか、とにかくこのオヤジ(敬称)、物事を徹底して突き放して見る資質に長けている。それが不幸なのか幸いなのかはおくとして、こういうタイプが描きうる戦場は、当然冷淡極まりないものにならざるを得ない。被弾して肉塊となる兵士・・・そこには余計な感傷の挟まる余地は微塵もない。それ以上でもそれ以下でもない・・・キューブリックはこの映画を一貫してそういう視点から描ききっている。生理的に受け付けない観客が出てくるのも当然と言えば当然だろう。それにしても行軍する小隊に「ミッキーマウス・クラブの歌」を口ずさませるとは、このオヤジ、どこまで性悪なのだろう。いやはや恐れ入った。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す