この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

フリープレイ 人生と芸術におけるインプロヴィゼーション (日本語) 単行本 – 2014/8/27

5つ星のうち4.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2014/8/27
¥13,586 ¥3,870
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

生きることは即興である。芸術と人生を「インプロヴィゼーション(即興)」としてとらえ、その真髄に迫る、芸術の哲学的解体新書。

著者について


■著者
スティーヴン・ナハマノヴィッチ (Stephen Nachmanovitch)
ヴァイオリニスト、作曲家、詩人、教師、コンピュータ・アーチスト。
ハーヴァード大学で心理学と文学を学び、カリフォルニア大学サンタ・クルーズ校で「意識の歴史」で博士号を
取得。即興ヴァイオリニストとして国際的に演奏活動をしている。ライヴ・コンサートと著述以外に、彼はグラ
フィックとオリジナルの音楽を統合するヴィデオとコンピュータ・ソフトによるヴィジュアル・ミュージックも
手掛けている。彼のマルチメディア作品にはダンス、演劇、詩、写真、絵画、フィルムが使われている。
アメリカやヨーロッパのさまざまな地で教え、講演し、原虫学から宗教まで広い分野で本を出している。
現在、「アメリカ禅」という大規模なミクスト・メディア作品を作曲中。


■訳者
若尾 裕 (わかお・ゆう)
1948年生まれ。即興演奏、作曲、臨床音楽学を中心に、ポスト現代音楽における音楽の探求がテーマ。
神戸大学名誉特任教授及び広島大学名誉教授。著書に『モア・ザン・ミュージック』(勁草書房、1990年)、
『奏でることの力』(春秋社、2000年)、『音楽療法を考える』(音楽之友社、2006年)ほか。
訳書にP・オリヴェロス『ソフトウェア・フォー・ピープル』(共訳、新水社、2003年)、
M・クレイトン他編『音楽のカルチュラル・スタディーズ』(アルテスパブリッシング、2011年)、
P・ヘガティ『ノイズ/ミュージック』(みすず書房、2014年)ほか。
CDに『千変万歌』(ジョエル・レアンドルとの共演、メゾスティクス、2002年)ほか。

登録情報

  • 出版社 : フィルムアート社 (2014/8/27)
  • 発売日 : 2014/8/27
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 334ページ
  • ISBN-10 : 4845913089
  • ISBN-13 : 978-4845913084
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
2 件のグローバル評価
星5つ
50%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
50%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年1月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告