フリーダ【廉価2500円版】 [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [簡易クリーニング済] 状態は概ね良好で目立つ傷、ヨゴレはございませんが、中古品のため若干の使用感(ケース擦れ傷や色褪せ、盤面に薄い拭き傷など)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません。☆BOOKOFFの店舗に並んでいる商品と同程度のコンディションとお考え下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フリーダ【廉価2500円版】 [DVD]

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 2,430 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 141 (5%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、EC工房が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 2,430より 中古品の出品:9¥ 750より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • フリーダ【廉価2500円版】 [DVD]
  • +
  • フリーダ・カーロ―痛みこそ、わが真実 (「知の再発見」双書)
総額: ¥4,158
ポイントの合計: 34pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: サルマ・ハエック, アルフレッド・モリーナ, アントニオ・バンデラス, エドワード・ノートン, ジェフリー・ラッシュ
  • 監督: ジュリー・テイモア
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アスミック・エース
  • 発売日 2007/03/02
  • 時間: 123 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000N4RAUQ
  • JAN: 4988126204631
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 212,992位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

商品の説明

出演: サルマ・ハエック, アルフレッド・モリーナ, アントニオ・バンデラス, エドワード・ノートン, ジェフリー・ラッシュ 監督: ジュリー・テイモア 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen 言語: 英語, 日本語 字幕: 日本語, 英語 リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。) 画面サイズ: 2.35:1 ディスク枚数: 1 販売元: アスミック・エース DVD発売日: 2007/03/02 時間: 123 分 ASIN: B000N4RAUQ EAN: 4988126204631 Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 131,426位 (DVDのベストセラーを見る) 220位 ─ DVD > 外国映画 > 伝記 13928位 ─ DVD > 外国映画 > ドラマ 内容(「キネマ旬報社」データベースより) フリーダ・カーロの波乱万丈の人生を描いた感動作が低価格で登場。18歳で事故に遭い、奇跡的に一命をとりとめたフリーダが、絵を描くことに生きる希望を見出していく。“おしゃれ!DVD 2500円(税込)シリーズ”。 内容(「Oricon」データベースより) 病との闘いなどの試練にもめげず、愛と芸術に生きた女流画家フリーダ・カーロの半生を描いた実話に基づく感動作!18歳の時、バスの事故に会い瀕死の重傷を負ったフリーダ・カーロは、両親から贈られた画材で自画像を描き始める。やがて杖をついて歩けるようになると絵を売って収入を得るため、高名な壁画家ディエゴの門を叩く。二人は芸術と政治活動を通じて互いを認め合い、愛し合うようになるが…。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

フリーダ・カーロの波乱万丈の人生を描いた感動作が低価格で登場。18歳で事故に遭い、奇跡的に一命をとりとめたフリーダが、絵を描くことに生きる希望を見出していく。“おしゃれ!DVD 2500円(税込)シリーズ”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
濃厚な原色に染まった映画であり、その123分の上映時間では、大いに満腹感を味わうことができます。
伝記映画の場合、なんとなく抑揚のボリュームを下げているものが散見しますが、この映画では、独特のクセのある女性を十分に描ききっています。
その女性の人生は、惨憺たるものであったにも関わらず、それをアッケラカンと押し切って、我が道を堂々と歩んでいる姿が映し出されています。
シナリオコンテンツはもちろんのこと、飾り気のない演出、ラテン系効果音とノリ、それに出演者の熱気ある演技、いずれをとっても芸術性が高いものとなっていると思います。
それだけに、ベタベタとまとわりつくように濃ゆく、そしてビターな味わいがあります。
ヒューマンドラマを展開するのではなく、ググッと押さえ込んで、フッとため息を洩らすような演出の仕方が、その背景にあるハートフルさを増長させています。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 chipstar2011 投稿日 2009/5/20
形式: DVD
ディエゴ・リベラ「絵描きなら、描かなければ死ぬ。それだけだ。他人に意見を求める必要はない」

フリーダ「あなたはわたしの師であり、恋人であり、同志であり、親友だけど、夫であったことは一度もなかった」

この映画は大けがを負って身障者になったフリーダと、そのあと出会ったディエゴの関係を丁寧に追う。

芸術的にインスパイアしあった二人は、周囲の反対も押し切り結婚、最初のうちは順調な結婚生活も、ディエゴの浮気症とあまりの政治的偏向(「優れた絵描きはみんな共産主義者だ!」)で経済的・心理的に破たん寸前。そのころあろうことかディエゴがフリーダの妹と寝ているところをフリーダが目撃、決定的な別離に。

作品にフリーダが絵描きであるという設定があまり生かされていない。フリーダがあの個性的な、まったく個性的な自己のスタイルを打ち立てる過程を観たかったのだが、そのような部分は映画にほとんどなく、ディエゴという巨大な才能に振り回され、引きずりまわされる一人の女の話になっている。身障者という設定もあまり強く出てこない。普通の人と変わらないじゃないですか。

映画そのものは色彩的にきれいだし、男女の機微を追った大作として観るなら楽しい。フリーダがトロツキーの愛人だったという話ははじめて知った。やはりスケールの違う女傑の生涯は壮大だ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 保武佳吾 トップ500レビュアー 投稿日 2012/4/11
形式: DVD Amazonで購入
 流し視した。

 例によって、スペイン語が英語になるのはよくない。解りやすくはなるものの、言語は尊重されねば偽物になる。
 他方でカーロ芸術の性格から原色で見栄えがするものの、音楽はラテンの野暮ったい感じがある。もっと、アメリカ音楽よりも洗練されかつラテン系も生かしたものでないと。カルメンをリメイクしたような感じでもよかった。

 トロツキーとカーロとの関係は最近新資料が発掘されて、多分本当にそうだったんだろうな、ということが映像化されていた。
 テオティワカンの地下の通路に沿って月のピラミッドに登って、政治と芸術について、二人だけで会話した場面だ。これは私的には掛け値なしにクライマックスだった。殆どそこだけを確認したかった。

 そして、トロツキーは謀殺され、カーロは病に蝕まれて亡くなる。
 これは世界史でも究極のものだろう。
 今日こんな場面は、そもそもそういう場面があり得る人物が居ない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す