通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
フリースタイル12 特集:勝手に「日本マンガ全集」... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 駄楽屋書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙スレ・キズあり。角少イタミあり。納品書兼領収証を同封して発送いたします。主な発送方法は日本郵便のゆうメールを使っております。そのため土日祝日は休み明けの発送となります。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フリースタイル12 特集:勝手に「日本マンガ全集」編集会議PART2 単行本 – 2010/6/21

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 959
¥ 959 ¥ 499
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで本以外の対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • フリースタイル12 特集:勝手に「日本マンガ全集」編集会議PART2
  • +
  • フリースタイル11 特集「日本マンガ全集」編集会議
  • +
  • フリースタイル28 特集:THE BEST MANGA 2015 このマンガを読め!
総額: ¥2,877
ポイントの合計: 83pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



クリスマスに贈りたい本
絵本や児童書、図鑑、セット本などギフトに最適な本をご紹介! 特集ページはこちら

商品の説明

著者について

呉智英(くれ・ともふさ) 1946年9月愛知県名古屋生まれ。評論家。日本マンガ学会会長。主な著書に『現代マンガの全体像』、『マンガ狂につける薬 下学上達篇』『健全なる精神』など多数。最新刊に『言葉の煎じ薬』(双葉社)。現在、書き下ろしの仏教入門書を準備中。

いしかわじゅん 1951年2月愛知県豊田市生まれ。漫画家。1976年にデビュー。マンガのほか、コラム、小説、評論、CM・テレビ出演もしている。代表作は『憂国』『東京物語』、マンガ評論『漫画の時間』『秘密の本棚』。最新刊は那覇を舞台にした小説『ファイアーキング・カフェ』(光文社)。

村上知彦(むらかみ・ともひこ) 1951年11月兵庫県芦屋市生まれ。まんが評論家。神戸松蔭女子学院大学文学部教授。スポーツ新聞記者、情報誌「プレイガイドジャーナル」の編集長などを経て、友人とチャンネルゼロを設立。主な著書に、『イッツ・オンリー・コミックス』『まんが解体新書』などがある。


登録情報

  • 単行本: 128ページ
  • 出版社: フリースタイル (2010/6/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4939138526
  • ISBN-13: 978-4939138522
  • 発売日: 2010/6/21
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 669,250位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 椅子人間 殿堂入りレビュアートップ500レビュアー 投稿日 2011/6/9
形式: 単行本 Amazonで購入
「日本マンガ全集・編集会議」の第2弾です。今回は基本的に1980年前後〜1990年代のマンガ、マンガ家を取り上げています。2000年以降はまだ評価が固まってないという理由で対象外。また、ジャンルの細分化が進んでくるという理由から、「少年誌系」「少女・女性誌系」「青年・マニア系」「ギャグ・4コマ系」の4つに分類して順に議論されています。今回の素案の作成は村上氏が担当。

ある程度共通認識のある巨匠クラスとは違い、80年(前後)以降のマンガ家たちを評論家がどう見ているのか想像がつきにくかったので、とても興味深く読めました。今回単独1巻扱いとなったのは鳥山明、高橋留美子などごくわずか。井上雄彦と浦沢直樹は単独1巻の価値があるが、近年の作品は対象外という縛りがあるので、この大物2人のカップリングで1巻という結論になりました。また、3人以上合わせて1巻という巻も多数あります。

何であの人が入ってないんだ!?とか不満は絶対あると思うけど、議論の過程を読んでると勉強になるのは確か。みなそれぞれに、大変な準備をしてこの特集に臨まれたという事です。

この12号は、前号よりも今の人に馴染みのあるマンガ家が取り上げられてるので、より楽しめる人が多いんじゃないかと思います。この結果を叩き台にしたマンガ全集とか実現したら面白いんだけどなあ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
11号の特集【「日本マンガ全集」編集会議」】を楽しく読むことができたので、引き続きPart2が掲載されている本号も購入。

この特集は、作家・作品の重要度はもちろん一巻当たりの頁数まで考え勝手に編集するという芸の細かい企画なのだが、前号が、戦前から70年代までの作家・作品について83巻まで編集された時点で時間切れ?となったので、この12号で80年代以降から2000年までの作家・作品を編集するとともに、前号で決まっていなかった作家・作品の検討等が行なわれ、(とりあえず)全138巻という大全集となった。

わたせせいぞう等、まだペンディングとなっている作家もあるが、とりあえずこの企画はこれで終了のようだ。

80年代以降はマンガ産業が拡大、マンガ家の数も増え、一作当たりのページ数(巻数)も多くなっているので、前号と比較して編者達の苦労がうかがえる。

編集者3名が“プロ”のマンガ読みであるため、その作家・作品が何故重要なのか(重要でないのか)という理由を3人ともわかった上で会議?が進んでいき、読者に対する理由の説明がほとんどされないという点はあるものの、筆者は40歳台の年齢であるので、実際に読んでいた作家・作品も多く、前号より更に楽しく読むことができた。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック