通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
フリーカルチャーをつくるためのガイドブック クリ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フリーカルチャーをつくるためのガイドブック クリエイティブ・コモンズによる創造の循環 単行本 – 2012/5/25

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 492

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • フリーカルチャーをつくるためのガイドブック  クリエイティブ・コモンズによる創造の循環
  • +
  • 知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)
総額: ¥3,326
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

文化をオープンにして循環させるフリーカルチャーの戦略で、世界は大きく変わる!

なぜ今ビジネスやクリエーションは、フリーカルチャーと密接に関わっているのか?
現代の著作権法の問題点、コモンズ、オープン文化の多様な論点、オープンソースの系譜
などを簡潔に整理しながら、インターネットの歴史と現代における創造性のあり方、さら
に社会の発展のためのヒントをわかりやすく解説した、フリーカルチャー入門書。「あら
ゆる創造的活動は先行して存在する文化物を継承しながら行なわれる」というフリーカル
チャーの本質に迫り、「継承」と「リスペクト」が生み出す「創造の共有地」という未来
を描き出す。豊富な事例紹介「文化をオープンソース化するためのクリエイティブ・コモ
ンズ・ケース・スタディ集」付き。


「フリーカルチャー ――この概念の登場により、インターネットは“再起動"した。
文化芸術娯楽からジャーナリズムや政治まで、情報社会の未来を考えるうえで “知らない"
では済まされない基礎教養が本書には詰まっている」
津田大介氏(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)

「ドミニクは日本におけるフリーカルチャーの歴史の中でもユニークなプレイヤーであり
ハブ的存在だ。彼はテクノロジーとアート、英語圏と日本、そしてビジネスとフリーカル
チャーの運動を接続し続けてきた主要なコネクターであり思索者でもある。今回、ドミニ
クが本書を執筆し、フリーカルチャーの運動とクリエイティブ・コモンズのリーダー、
クリエイターとしてその経験を読者に共有することはとてもエキサイティングだ。
ドミニク、ありがとう! 」
伊藤穣一氏(MITメディアラボ所長/クリエイティブ・コモンズ チェアマン)

「ドミニク・チェンはフリーカルチャーを理解し、フリーカルチャーのために闘ってきた
数少ない国際的なリーダーの一人だ。本書はフリーカルチャーの発展的な議論に必ずや
貢献するだろう」
ローレンス・レッシグ氏(ハーバード大学法学大学院教授/クリエイティブ・コモンズ創設者)

内容(「BOOK」データベースより)

「フリーカルチャー」―この概念の登場により、インターネットは“再起動”した。文化芸術娯楽からジャーナリズムや政治まで、情報社会の未来を考えるうえで“知らない”では済まされない基礎教養。テクノロジーとアート、英語圏と日本、そしてビジネスとフリーカルチャーの運動を接続し続けてきた筆者の経験と成果が読者に共有される。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 312ページ
  • 出版社: フィルムアート社 (2012/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4845911744
  • ISBN-13: 978-4845911745
  • 発売日: 2012/5/25
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 318,220位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
フリーカルチャーは著作権を否定するものではない,というわけで,この本は著作権の話からはじまり,フェアユースの判例などをとりあげている. GNU や Linux を経て,この本の主要な内容であるクリエイティブ・コモンズ (CC) の説明にはいる. CC の解説ならこの本以外にもいろいろあるが,その最新の状態を説明したうえで,さらに YouTube やニコニコ動画,その他 Web 上のさまざまなものと CC とがどういう関係にあるのか,既存の著作物などからあらたな著作物をつくることをどうかんがえているかを解説しているあたりが,この本ならではの部分だろう.
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
全くの素人でもフリーカルチャーが深く理解できる一冊。そもそも創造とは何か?文化とは?を丁寧に解説し、フリーカルチャーの理解を優しく導く。 本書では著作権が重要なキーワードだが、創作に携わる方はもちろん、一般の方にも著作権が大切な概念であることがわかる。ネット社会における新しい著作権(CCライセンス)の解説ページは明日から使える情報が満載。インターネットにアクセスする全ての人に読んで欲しい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック