フリッツ・ラング傑作選 死刑執行人もまた死す [D... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フリッツ・ラング傑作選 死刑執行人もまた死す [DVD]

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 2,849 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 175 (6%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 2,800より 中古品の出品:1¥ 5,442より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ブライアン・ドンレビー, ウォルター・ブレナン, アンナ・リー, デニス・オキーフ
  • 監督: フリッツ・ラング
  • 形式: Black & White
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ブロードウェイ
  • 発売日 2010/09/03
  • 時間: 134 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003T8FWJY
  • EAN: 4944285020017
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 198,476位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

巨匠、フリッツ・ラング監督が、脚本に劇作家のブレヒトを迎えて手掛けたサスペンス。プラハを占領していたナチス高官の暗殺を受け、ナチスは暗殺者をあぶり出すため無差別処刑を開始。そんな中、プラハに住む娘・マーシャの下に犯人が訪ねて来る。

内容(「Oricon」データベースより)

<死刑執行人>の異名で恐れられたナチス総督ラインハルト・ハイドリッヒの暗殺と、それに対する執拗な無差別報復によって多くの市民が犠牲になった実際の事件に基づく、フリッツ・ラング監督による戦時下の反ナチを目的とした映画。オリジナル・ストーリーと脚本を20世紀最大の劇作家ベルトルト・ブレヒトが担当。ブライアン・ドンレビー、ウォルター・ブレナンほか出演。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 響子 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/3/2
ナチに侵略されたチェコスロバキア・プラハの人々の苦悩と困難、地下活動、愛国心、ゲシュタポに対する怒り、自由と平和を求めるための高潔な魂と闘いを描いた作品。
総督を狙撃した男(B・ドンレヴィ「ボー・ジェスト」etc)を、偶然かばった若い女性・マーシャと父親(渋い名脇役、W・ブレナン「群集」etc)達が巻き込まれていくストーリー。
長尺でも、息もつかせぬ展開でぐんぐん引き込まれた。
ゲシュタポの執拗な取調べや卑劣で残忍なやり口が醜悪極まりない。
ナチに抵抗する地下組織内の卑怯な裏切り者と、祖国を愛し「密告者」にならずに命がけで高潔な魂を持ち続ける人々との対比、狙撃犯と目撃者マーシャ、マーシャの恋人の心の揺れ、家族の絆なども同時に描かれ、人間ドラマしてすごく見ごたえがあった。
サスペンスフルな展開、影の使い方などラストシーンに至るまで、あらゆる部分で感嘆した映画。
映画の締めくくりの言葉に、ナチとドイツを嫌って亡命したF・ラング監督の深い想いがこめられているような気がした。
日本では1987年まで未公開作品だったとのこと。
2 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック