中古品の出品:8¥ 3,748より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フランツ・レハール「メリー・ウィドウ」 [DVD]

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:8¥ 3,748より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • 出演: コンスタンティン・シェンク(指揮), ブラティスラヴァ・フィルハーモニー管弦楽団, ハンナ・グラヴァリ:エリーザベト・カーレス, ダニロ・ダニロヴィッチ :ペーター・エーデルマン, ヴァランシェンヌ:マルティナ・ドラック
  • 監督: マイケル・モラー
  • 形式: Color, DVD-ROM
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ニホンモニター・ドリームライフ
  • 発売日 2005/01/26
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0006FUI5Q
  • EAN: 4532104001417
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,744位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

出演
ハンナ・グラヴァリ:エリーザベト・カーレス
ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:ペーター・エーデルマン
ヴァランシェンヌ:マルティナ・ドラック
カミーユ・ドゥ・ロシヨン:ローレンス・ヴィンセント
ミルコ・ツェータ男爵:ギデオン・シンガー

指揮:コンスタンティン・シェンク
演奏:ブラティスラヴァ・フィルハーモニー管弦楽団
演出:マイケル・モラー
監督:クルト・ポングラーツ
台本:ヴィクトール・レオン、レオ・シュタイン
制作:1994年ユニテル
メルビッシュ音楽祭

内容(「Oricon」データベースより)

1993年夏に上演されたオペレッタの名作「メリー・ウィドウ」ドイツ語版が登場。野外劇場の幻想的な舞台で展開された甘く、切なく、そして楽しい音楽と物語。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
ドイツ語版『メリーウィドウ』はこのDVDが初めてである。この作品が上演されたメルヴィッシュ音楽祭は、毎年7月~8月にオーストリアとハンガリーの国境付近にあるノイジートラー湖(ここは世界遺産にも登録されている)の上にステージを作って毎年オペレッタが演じられている。毎年BSで放送される公演の模様を見てるが、野外ステージならではの幻想的で楽しいステージを満喫できる。この作品でもそれが生かされる楽しい仕上がりである。もちろんそれだけでなく、音楽もそしてソリスト達の素晴らしい演技も見事である。特にこの作品ではニエグシュとダニロそしてツェータ男爵とその側近達の掛け合い漫才を楽しむことができる。そして第三幕にはおなじみのオッフェンバックの『天国と地獄』に合わせたカンカンもある。ヴァランシェンヌ役のマルティナ・ドラックをはじめ、踊り子達の見事な踊りに加えて打ち上げ花火など視覚的な演出もばっちりである。オペレッタ好きなら、是非見て欲しい。この作品だけでなく、他のメルヴィッシュ音楽祭の映像もぜひ日本でもDVD化して欲しい。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
A pleasant couple of hours entertainment as is only to be expected of the widow, but for me it fell short of their later 2005 production with De Arellano and Hausmann. Of course, the far more elaborate sets did a lot for that one.
But for me, the Schellenberger/Gilfry production from Zurich is the ultimate widow.
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック