¥ 886
  • ポイント: 28pt (3%)
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
フランス人の性 なぜ「#MeToo」への反対が起き... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フランス人の性 なぜ「#MeToo」への反対が起きたのか (光文社新書) 新書 – 2018/8/17

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 886
¥ 886 ¥ 886

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1212」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • フランス人の性 なぜ「#MeToo」への反対が起きたのか (光文社新書)
  • +
  • 生きる哲学としてのセックス (幻冬舎新書)
総額: ¥1,793
ポイントの合計: 44pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

◎内容紹介◎
2017年にはじまった「#MeToo」というムーブメント。
数々の有名人、権力者たちが糾弾・告発され、世界中がある種革命的な様相を呈する中、
フランスでは女優カトリーヌ・ドヌーヴら100人の女性たちが反対声明を発表した――。
この時代にいったい、なぜ?
出生率2.01人の子どもを産み、育てやすい国。たとえ高齢者であってもセックスレスなどあり得ない国。
子どもに8歳から性教育を施す国。大統領も堂々と不倫をする国。
そんな「性」に大らかな国・フランスの現在を、在仏ジャーナリストが多角的に描く。

◎目次◎
第1章 フランス人は8歳から性教育をする
◆1 「性」に踏みこむフランスの教育現場
根拠のない羞恥心を除く
「愛情生活と性に関する授業」の内容
親や教師は性教育に向かない

◆2 なぜ早期教育なのか?
スキャンダルを巻き起こした一冊の絵本
子どもとお風呂に入って警察沙汰に
50万人を集めた子ども向け「性」の展覧会
セックスについて家庭で何を伝えるか

◆3 「愛あってこそのセックス」という創られた伝統
コンドーム着用は〝社会的責任〟
中学校での避妊教育
「初体験は恋人と」と純情ムードの子どもたち
禁じられた遊び
性的他者の感受性を受け入れる

◆4 性教育後進国・日本と先進国・フランス
パリ五月革命とエイズがセックスを変えた
日本の教育現場も変わりつつある

第2章 キリスト教が「色気ある社会」を作った
◆1 男女平等より性差を大切にする背景
ジェンダー論が流行らない理由
「売女! 」「子宮がこれから発言します! 」「脱げ! 」
キリスト教と女性蔑視
神やキリストより聖母マリア
フェミニズムも流行らない

◆2 そもそも「恋愛」=「不倫」だった
ヤレない不倫関係
恋愛のルール

◆3 セクハラのない国
職場恋愛を法律で保障する国
女子会をする人がいない
ガラントリー
政治とセックスアピール
政治家が恋愛小説を書く!?
アメリカ生まれの「セクハラ」の定義
ストロスカーン事件
「君のお尻かわいいね! 」もセクハラにならず

第3章 不倫は「いけないこと」ではない
◆1 不倫はモラルに反するのか
恋愛をモラルで断罪しないフランス人
歴代大統領も堂々と不倫
ゴシップ誌が売れない理由
「不倫はモラルに反しない」という最高裁判決

◆2 セックスとキリスト教史
フランス人は性的モラルがない?
色欲に厳しいキリスト教のセックス観
自由な恋愛と快楽を追求したリベルタンたち
セクシャルな権力批判が相次いだ18世紀
サド侯爵が暴いた近代社会の闇

第4章 セックスレスは別れる理由
◆1 性への意識はどう変わったか
革命の反動で後退する性生活
ベル・エポックの繁栄とペッティングの始まり
市民権を得たディープキス
リベルタンの復活とさらなる女性の解放
エイズ流行がセックスライフを変えた

◆2 フランスと日本におけるセックス事情の比較
セックスレスのカップルは1・9パーセント
子どもより男女の関係を優先
夫婦イコール「愛人」関係
セックスが多く貞淑なカップル関係
高いセックスライフ満足率
セックスレス大国・日本との比較

◆3 「恋愛力」と「おひとりさま力」
フランス人は「死ぬまでセックス」する?
愛し合うためのたゆまぬ努力
「熟年層はどこで出会うのか」問題
「おひとりさま」であることの大切さ

終章 セックスは誰のものか
#豚をチクれ!
「デートでレイプ」「友達からレイプ」の実態
法律やアプリは信用できるか
憎むべきは男性ではなくシステム

◎著者プロフィール◎
プラド夏樹(ぷらどなつき)
ジャーナリスト。慶應大学文学部哲学科美学美術史専攻卒。1988年に渡仏後、ベルサイユ市音楽院にて教会音楽を学ぶ。
現在、パリ市のサン・シャルル教会の主任オルガニストを勤めると同時に、フリージャーナリストとして活動。
WEBRONZA、ハフポスト、共同通信デジタルEYE、日経ビジネスONLINEなどに寄稿。
労働、教育、宗教、性、女性などに関する現地情報を歴史的、文化的背景を踏まえた視点から執筆している。

内容(「BOOK」データベースより)

二〇一七年にはじまった「#MeToo」というムーブメント。数々の有名人、権力者たちが糾弾・告発され、世界中がある種革命的な様相を呈する中、フランスでは女優カトリーヌ・ドヌーヴら一〇〇人の女性たちが反対声明を発表した―。この時代にいったい、なぜ?出生率二・〇一人の子どもを産み、育てやすい国。たとえ高齢者であってもセックスレスなどあり得ない国。子どもに八歳から性教育を施す国。大統領も堂々と不倫をする国。そんな「性」に大らかな国・フランスの現在を、在仏ジャーナリストが多角的に描く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 249ページ
  • 出版社: 光文社 (2018/8/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334043674
  • ISBN-13: 978-4334043674
  • 発売日: 2018/8/17
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,967位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

6件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.8

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

6件中1 - 6件目のレビューを表示

2018年11月24日
形式: Kindle版Amazonで購入
2018年9月24日
形式: 新書
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年12月3日
形式: 新書
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年9月27日
形式: 新書
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年9月30日
形式: 新書
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年10月7日
形式: 新書
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告