通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
フランスはどう少子化を克服したか (新潮新書) がカートに入りました
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆中古商品のためキズ、日焼け、使用感等ある場合が御座いますが概ね良好な状態になります。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

フランスはどう少子化を克服したか (新潮新書) 新書 – 2016/10/14

5つ星のうち3.8 21個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥814
¥814 ¥76

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • フランスはどう少子化を克服したか (新潮新書)
  • +
  • (091)超少子化 (ポプラ新書)
  • +
  • 少子化する世界 (日経プレミアシリーズ)
総額: ¥2,607
ポイントの合計: 48pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

ズレてない? 日本の政策――
少子化に悩む先進国から、子育て大国へ。大転換のカギは、手厚い支援策の根幹を貫く新発想だった。
「2週間で男を父親にする」「子供はお腹を痛めて産まなくていい」「保育園に連絡帳は要らない」
「3歳からは全員、学校に行く」――。パリ郊外で二児を育てる著者が、現地の実情と生の声を徹底レポート。
日本の保育の意外な手厚さ、行き過ぎにも気づかされる、これからの育児と少子化問題を考えるうえで必読の書。



はじめに

第1章 男を2週間で父親にする
あちこちに子連れパパが 14日間の「男の産休」
「赤ちゃんと知り合う時間」 毎晩ゲーム機に向かった夫
妻と時間差で取る産休 父親産休を受け入れる、職場の考え方
家族政策の転換 育児の先生は助産師
父親にも産後うつが 分担育児の行き過ぎ
育休男性はわずか2% 日本における、父親への取り組み

第2章 子供は「お腹を痛めて」産まなくてもいい
まさかの無痛分娩 より良いスタートのために
医療側の負担も軽減 ローマ法王も無痛容認
無痛分娩のデメリット 「無痛分娩の権利」を維持するために
無痛分娩で出生率が上がる 半数が「出産に満足していない」
妊婦健診に財布はいらない その医療費は誰が出しているのか
産休手当も医療保険の負担 気軽に「母子保護センター」へ
妊婦と乳幼児は社会的弱者

第3章 保育園には、連絡帳も運動会もない
毎日の持ち物リスト? フランスならストライキ……
保護者負担は最低限に 保育園第一号
保育園はすべて認可園 「保育士」資格は一つではない
「ここは集団生活の場」 東京より厳しい? パリの保活

第4章 ベビーシッターの進化形「母親アシスタント」
母親アシスタントとは何か 「問題は、アシスタントの夫」
雇用までの6ステップ 共同ベビーシッターという手段
それぞれ幾ら掛かるのか? 保育園に入れるのは誰なのか
政権も推す母親アシスタント 「企業枠」という新ビジネスモデル
社員の意識が保育事情を変える 前向きに発想を転換してみる
もし連絡帳をなくしたら?

第5章 3歳からは全員、学校に行く
就学率ほぼ100%、無償の教育 入学の条件は二つ
週24時間を過ごす教室 午前2時限、午後1時限
「生徒になること」を学ぶ 5歳までに5つの学習分野を
初めての成績表 年間テーマは「人類の歴史」
「教育係」と「世話係」 保護者参加は、やりたい人だけ
始まりは教会の保護施設 早期公教育で格差是正を
「国の補償する権利」の使いみち

おわりに

出典・参考文献一覧

保育学校 5分野での学習目標

取材に協力頂いた皆さん

内容(「BOOK」データベースより)

少子化に悩む先進国から、子育て大国へ。大転換のカギは、手厚い支援策の根幹を貫く新発想だった。「2週間で男を父親にする」「子供はお腹を痛めて産まなくていい」「保育園に連絡帳は要らない」「3歳からは全員、学校に行く」―。パリ郊外で二児を育てる著者が、現地の実情と生の声を徹底レポート。日本の保育の意外な手厚さ、行き過ぎにも気づかされる、これからの育児と少子化問題を考えるうえで必読の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/10/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106106892
  • ISBN-13: 978-4106106897
  • 発売日: 2016/10/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11.3 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 68,781位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
評価の数 21

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

21件のカスタマーレビュー

2018年1月6日
形式: 新書Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年10月26日
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年7月21日
形式: 新書Amazonで購入
2017年8月4日
形式: 新書Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年1月11日
形式: 新書Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年10月10日
形式: 新書
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2016年10月17日
形式: 新書Amazonで購入
55人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年3月3日
形式: 新書Amazonで購入
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告