通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
フランスの配色 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■中古品になりますので経年劣化、使用感のある場合がございます。本の状態は良好です。(複数購入での送料割引は御座いません。)■ご注文確認後、水濡れ防止にて丁寧に梱包し、迅速に発送させて頂きます。■配送形態は、基本的に日本郵便のゆうメールのみとさせて頂きます。但し、重さ、サイズ、金額によりゆうパックでの配送となる場合がございますので、予めご了承下さいませ。ご不明な点がございましたら、メールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

フランスの配色 単行本(ソフトカバー) – 2011/4/27

5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 2,005

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • フランスの配色
  • +
  • すぐに役立つ! 配色アレンジBOOK
  • +
  • 配色デザイン見本帳 配色の基礎と考え方が学べるガイドブック
総額: ¥7,668
ポイントの合計: 231pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

アントワネット、ジャン・コクトーから「星の王子さま」まで、美の国フランスで愛された究極の色合わせ311例。

著者について

共立女子学園名誉教授。
専門分野は文様文化、色彩文化の研究。
『フランスの伝統色』(弊社刊)、 『色の知識』(青幻舎)など著書多数。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 200ページ
  • 出版社: パイインターナショナル (2011/4/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4756240801
  • ISBN-13: 978-4756240804
  • 発売日: 2011/4/27
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 21,550位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
まず、色を解説する本としてあるべく紙質、印刷が的確だと感心させられた一冊です。色を見る愉しみを満たすに足る印刷のレベルをクリアしていない色の本が多すぎると思うのです。具体的、多角的な解説は興味深く、フランスの色使いが好き、といっても、フランスのどの時代の、どの地方の、何の色に自分は惹かれるのか、とはっきりしないところを、絞り込むことができて、すっきりしました。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
色に関する本は数々あれど、この本ほど具体的でわかりやすく
それでいて美しい本というのにはなかなか出会えない。
服のコーデに、インテリアやプレゼントラッピングの参考にと
実用書であると同時に、ただ意味もなく眺めていたい美術書でもある。
イタリアや日本の色使いについて似たような本もあるが、
この本にあるわかりやすいカラーチャートがないのが残念。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/8/2
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 空港の売店で売っている2ユーロ位のキャンディ缶のパッケージや、ちょっとした化粧品のケースさえも優美でアーティスティックな国・フランスの配色について紹介された瀟洒な本です。

 『マリー・アントワネット』『シェルブールの雨傘』などの有名映画の衣装、ドラクロワの『民衆を率いる自由の女神』やレンピッカの『緑の服の女』、ブーシェやローランサン、ロートレックらの絵画、教科書、広告、ステンドグラス、絵本、新幹線、焼き菓子、ショップの外装などフランスで作られている様々なものの配色が載っています。アールヌーヴォーの項ではフランスでなくチェコの画家・ミュシャが描いた有名なタバコのポスターが載っていたりはしますが、ポーランド人のマリー・キュリーがフランスの偉人としてパンテオンに埋葬されているのと同じような理屈なのでしょうか。

 本文は「色相別」「歴史別」「テーマ別」で構成され、巻頭には西洋の配色観、配色用語と作家解説、巻末には色彩一覧表つきです。
 何だかんだ言ってもモノクロームな水墨画の国である日本とは違い、フランスは水色とオレンジなど明るい色同士の取り合わせが多いですね。ピンクとシルバーの取り合わせなども、多くの女子はココロときめくのではと思います。お洒落だなあ〜。

 フランス菓子の本を見ているのも幸せですが、この本もフラ
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
配色の参考に購入しましたが、記載されている配色例は、
フランスの絵画やポスター、映画のワンシーン、街並など、色々なところから抽出されていておもしろいです。
パラパラとめくっているだけでもおしゃれな画集を見ているような気分になれる本です。
自分の好みにも気づくことができるので、直感的に素敵!と感じた例から配色を参考にするのに向いていると思います。
全ての配色例に抽出元の作品画像が無いのが少し残念なところではありますが、
個々の作品名は載っているので、気になったら検索することもできます。
ファッションや塗り絵、コラージュなど、わくわくしながらこの本を参考にしてみようと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
配色の生かし方を解説した本。特徴は、絵画、ポスター、オブジェ、食器、街角、日用品、伝統芸術、本、並木道、看板、ヨットなど、フランスの様々なものに使われている配色をカラー写真でケーススタディとして紹介しながら、それぞれの例のカラーリングのポイントについて解説している点である。全て実例付きなので説得力があるし、何より直観的に理解しやすい。また、バリエーションが多彩で、いろいろな作品やモノと結びついているので、関心を持って読める。

冒頭部分では、色相環や配色用語についての解説、本文中に出てくる作家の簡単な一覧解説がある。コンセプトが明快で、センスがよく、おしゃれなカラーリングの本である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は、ただやみくもに想像上のフランスらしい配色を載せた本ではありません。

「色相別」「歴史別」「テーマ別」に分かれ、フランスの歴史とフランス人の感性が紡ぎだしてきた、優美で知的な配色が載っています。

右に配色例、左にその色を使った写真があるので、本書にある配色が、フランスにおいて「どのように使われているか」を知ることができます。

色相、色と色の組み合わせについて知識がない人も、本書の最初にある解りやすい「西洋の配色観」の説明によって、配色について学ぶことができます。本書において重要となってくる、フランスの配色を生み出した作家一覧もあります。

色を愛で、芸術の域まで高めてきた日本とフランスの配色について、知って損はないです。配色には、民族らしさがダイレクトに出ます。フランスが使ってきた配色から、フランスの文化と歴史を窺うことができる。ずっと見ていたくなる本です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー