この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


フランスの地方菓子―語り継がれた美味しさ、旧くて新しいレシピ (日本語) 大型本 – 2005/3/1

5つ星のうち4.5 9個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本
¥2,350
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

素朴さと風土の香りを伝える田舎菓子。洗練と追憶が交錯する古都の伝統菓子。北はブルターニュから南はプロヴァンスまで、おばあちゃんのオーブンで、工房の窯で、焼かれ続けてきた人気菓子が勢ぞろい。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ムーラン,ジャン=リュック
フランス、リヨン生まれ。1978年、メティエ・ド・ブッシュ料理学校卒業。クラシック料理のC.A.P.(職業適性証書)取得。製菓店の見習いに入る。1980年、製菓のC.A.P.取得。1980~82年、リヨンのチョコレート店ベルナションに勤務するかたわら、アラン・シャペル、マルク・ムノーなどのレストランで研修を兼ねて働く。1982年9月から1年間、シカゴのジャン・バンシェ・レストラン・ル・フランセ勤務。1983年、フランス帰国後、ベルナション、ジョルジュ・ブラン、ポール・ボキューズなどに勤務。1987年、来日。ホテルオークラ(東京)、ヒルトン大阪、南海サウスタワーホテルに勤務。2000年、辻製菓専門学校入職。フランス料理アカデミー協会Acad´emie Culinaire de France会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 学研プラス (2005/3/1)
  • 発売日 : 2005/3/1
  • 言語 : 日本語
  • 大型本 : 143ページ
  • ISBN-10 : 4054025099
  • ISBN-13 : 978-4054025097
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 9個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
9 件のグローバル評価
星5つ
74%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
26%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2013年2月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2005年5月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2005年5月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年9月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2012年8月30日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2007年8月27日に日本でレビュー済み
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告