中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 り.えこ書店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ご検討ありがとうございます。全体的に良好状態です。表面など中品ですので多少のダメージが残っている場合があります。ご理解の上検討お願いします。☆通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フラット化する世界(上) 単行本 – 2006/5/25

5つ星のうち 4.3 55件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,650 ¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

The World Is Flat――世界は「フラット」になった。この言葉の意味を理解しなければ、これからの企業や個人が生き延びることはできません。ITの飛躍的発展はインドや中国にグローバルな競争力を与え、その結果、先進国の仕事は次々に奪われています。その一方、知識やアイディアが共有されることにより、あらゆる場所でイノベーションが起きています。競争とイノベーションの新時代を、われわれはどう生き抜けばいいのか? Google、ウォルマート、デルなど「世界のフラット化」を成功に結びつけている実例を多数紹介しながら、21世紀の繁栄の条件を示します。

出版社からのコメント

数十年に一度、あらゆる人たちの考え方を変えてしまう歴史的作品が出現します。トフラーの『第三の波』、ガルブレイスの『不確実性の時代』など――。本書『フラット化する世界』は21世紀で初めて出現した、そんな作品です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 396ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2006/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532312795
  • ISBN-13: 978-4532312794
  • 発売日: 2006/5/25
  • 梱包サイズ: 19 x 12.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 55件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 344,400位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
原書を読もう読もうと思っていたら、日本語版が出てしまいました。

アメリカに比べると日本にとってのフラット化は、まだ緩やかで、かつ、表面化していないかな?

必ずしも本書を読む必要はないのかもしれませんが、ここに書いてある時代の潮流を理解できている人と出来ていない人では大きな差が出ると思います。

学術書ではないので、分かりやすく平易に書かれています。

その分、事例等も表層的ですが、まあ分かりやすいのでいいと思います。

本書を読みながら思ったことは、一人一人が、

・自分が本質的に何に貢献しているから飯を食えているのか

・自分が本質的にどういう付加価値を持っているから飯を食えているのか

・自分がどういう既得権を持っているから飯を食えているのか?そして、それはいつまで権利として行使できるものなのか?

・どれもないとすると自分は何に守られているのか?何から守られなくなると飯が食えなくなるのか?

といったことをしっかり認識出来ていないと、変化を受け入れられず、現実から逃避してしまう可能性があるなと思いました。

日本人は、明治維新や終戦のときにも同じような事を経験してきているような気がしました。
1 コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
下巻まで全て読み終わってのレビューであるが、いや素晴らしい。

今年(2006年)私が読んだ本の中でダントツのベストである。

大抵の本は、読み終わったらマーケットプレイスに売りに出す私だが、

この本だけは、この先何度も繰り返し読みたいと思う。

春頃に読んだ「ウェブ進化論」は、私にとって大きな刺激ではあった。

ところが、秋頃にこの「フラット化する世界」を読むと、

「ウェブ進化論」がまるで縮小コピーのように思えてきてしまった。

「ウェブ進化論」が、世界のIT業界に生きる梅田氏の

「皮膚感覚」に基づいて書かれていたことに対し、

(それはそれで貴重であり否定されるものではないが)

この「フラット化〜」は、作者が定評のあるジャーナリストだけあって

述べられている「具体的事例」は、足で稼いだ丹念な取材に基づいたものだ。

さらに紹介されたいくつかの事例では、

「米国の地方自治体が、地元の産業振興と雇用確保のために、

より安価なインドの業者を締め出すことは是か非か?」

と言う
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これは、1970年代にアメリカ西海岸で自作パソコンマニアが掲げたキャッチフレーズだ。代表的な旗手の一人が、アップルの創業者、ジョブス氏である。当時のコンピュータといえば、空調の効いた部屋に収まり、専門家しか触れない大型コンピュータだった。それを人民に開放することで社会の民主化が進むと信じていた。

それから30年。本書の筆者は、パソコンとインターネットを基盤として拡がったアウトソーシングやオフショアリングによって、世界はフラット化したという。インドや中国などのかつての途上国は世界のサプライチェーンの中に組み込まれ、存在感を増している。

筆者によれば、グローバル化の第一段階は国のグローバル化、第二段階は企業のグローバル化、そして現在進行中の第三段階は個人のグローバル化だという。海の向こうに住むインド人や中国人がインターネットを経由して、アメリカ人や日本人と競争する社会になっているというのだ。まさに、世界の「すべての人民にコンピュータ」が使える環境となり、国境は消えてしまった。そして、能力を持った個人が圧倒的に重要性を増している。

フラット化した世界の中では、サプライチェーンで結びつきを強めた国々は、価値観を共有し、ジョブスが夢見たように民主化していくという。本書の後半では、イスラム諸国やアメリカがどのように立ち居振る舞っ
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ビブリオン VINE メンバー 投稿日 2006/8/3
形式: 単行本
「世界は平らだ。21世紀小史 増補・更新版」という原名通りに、主題は2000年以後の現代史です。しかも更新版と銘打っているように、2005年4月に出した初版を2006年4月に改訂したというパリパリの現代史です。2巻に分かれており、この(上)巻では、1989年11月9日に東西を分けていたベルリンの壁が撤去された国際政治上象徴的なフラット化。またIT上で共同で作業が行えるプラットフォームが、90年代から準備され、21世紀になって実用化された。それを使い地域や時間を超えた様々な形態での仕事が多面的に可能となったこと。デジタル化に成功した地域では、地球が平らになったような変化をもたらしたこと。そのフラット化をもたらした原因、推し進める力が、枚挙され、やさしく述べられています。

 

一流新聞の記者らしく、IT界のVIPを的確に選択してインタビューし、彼等がこの変化の核だと考えていることを鮮やかに捉えて本文に取り込んでいます。文献の引用ではなく、変化を起こした当事者達の生きた発言を中心とした論旨には、説得力があります。また常に箇条書きで考えを整理していて、大部ですが判りやすく読みやすくなっています。

本書で述べられているITの進化、それに伴う変化は、現代日本ではそれほど新奇な事とは思えないのではないでしょうか。僕には、むしろ今後のITの発展のために、整理しなければならないことを挙げた第一部の最終章に興味が惹かれました。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー