フライトプラン [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,000
通常配送無料 詳細
発売元: HOUKIDOU
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フライトプラン [Blu-ray]

5つ星のうち 2.9 212件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 2,003 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 568 (22%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 2,000より 中古品の出品:2¥ 1,920より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でフライトプラン (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【 ディズニーブルーレイ/DVDストア 】 - ニューリリース+ホットアイテム情報、ランキングなど

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • フライトプラン [Blu-ray]
  • +
  • ブレイブ ワン [Blu-ray]
  • +
  • パニック・ルーム [DVD]
総額: ¥4,847
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョディ・フォスター, ショーン・ビーン, ピーター・サースガード, エリカ・クリステンセン, ケイト・ビーハン
  • 監督: ロベルト・シュヴェンケ
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日 2010/12/22
  • 時間: 98 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 212件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00472MEU6
  • JAN: 4959241712042
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 95,808位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ジョディ・フォスター演じる航空機設計士が、史上最大の旅客機で忽然と消えてしまった娘を取り戻すため、ひとりで戦いを挑むサスペンスアクション。400人を越える乗務員と乗客を相手に、旅客機に関する知識を武器に、カイルは見えざる敵に立ち向かう。

内容(「Oricon」データベースより)

ジョディ・フォスター主演、高度一万メートルの“密室”で起こるサスペンス・アクション。事故死した夫の葬儀を実家で行なうため、旅客機に乗り込んだ妻・カイルと娘・ジュリア。機内で眠りについたカイルが目を覚ますと娘の姿が消えていた。機内をくまなく探す彼女に信じがたい知らせが…。娘の行方を知る者は誰もなく手がかりはゼロ。カイルの孤独な闘いが今始まる!BD廉価版。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
レヴューでは、酷評されていますがわたしは面白かったです。
一番最初にこの作品を観たのはテレビでしたが、ジョディ・フォスターの迫真の演技と何が真実なのか(精神症による主人公の妄想なのかあるいは本当に誘拐はあったのかが)わからないサスペンス映画としての展開がわたしの心をガッチリと掴みました。

粗はあるでしょうが、粗を探して観るのではなくネタバレなしで観るのがこの作品には一番あっていると思います。

酷評の理由として、シナリオが稚拙だとされています。例えば、少女が機内で誘拐されたのに誰も気づかないのはおかしいと指摘されていますがそうでしょうか?
少し前に中国で路上でひき逃げされた少女が放置された上に再度別の車に轢かれて死亡するという悲惨な事件がありました。まわりにいた人たちは少女のことを気づかなかったのではありません。気づいてはいたが、自分に関係ないと無関心を貫いた結果悲惨な事故になったのです。
さて、映画の話に戻りますが、本当に誰も少女を目撃しなかったのでしょうか?
わたしはそうは思いません。目撃した人はいたが、事件に巻き込まれたくないから『無関心』を装ったのではないでしょうか。特に、傍にいた夫婦は確実に目撃していたと思います。子どもが目撃しているのに夫婦だけが都合よく気づかなかったという方がおかしい。<
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
誘拐された娘のことをだれも信じてくれない中を戦った母 母は
強いと最後場でハラハラドキドキ そして意外な犯人楽しかったです
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TERIOS トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/3/24
形式: DVD
無理やご都合主義があるのはサスペンスやミステリーの宿命とは言え、そこを突っ込まれないように工夫するのが、この手の作品の肝のはずだが、今作は単純に娯楽サスペンスとして楽しむには見過ごせない突っ込み所が多すぎる。

飛行機の中という密室空間におけるサスペンス映画である以上、娘がいなくなった事に対する解答は、「主人公の妄想オチ」か「本当に誰かに誘拐された」かの二通りしか無いワケで、安易な妄想オチに逃げないなら、ちゃんと破綻の無い脚本を作るべきだろう。

言い尽くされてるけど、荷物や乗客記録にも無い上に、「娘さんを誰も見ていない」という言い分に無理があり過ぎる。乗務員にしろ客にしろ、誰かが娘さんを見ていたと証言すれば、そのままなし崩し的に計画が破綻する可能性が高い(と言うか、乗務員が可愛い子供の事を一人も覚えていないワケあるか!)。また、ふたりが寝なかったらどうするんだ?子供を攫うところを誰かに見られたらどうするんだ?途中で子供が起きて騒いだらどうするんだ?などなど、この計画にとって、最も重要かつ難しいポイントがいくつもあるのに、「たまたま誰も見てなかった」、「たまたま寝ていて、攫うときも起きなかった」という理由であっさり流してしまえる監督と脚本家の厚顔無恥さには尊敬の念を抱く。

さらに不愉快なのは、娘のためならどっちがテロリス
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 emir1969 VINE メンバー 投稿日 2017/5/22
形式: Blu-ray
、と鑑賞後に往年のジョン・フォガティ絶唱がかってに頭の中に聞こえてくる、
同じく、And I wonder, still I wonder, who'll stop the rain? とレインという単語に込められたメタファの重みが半世紀後の現在でも生き続けている現実に嘆息もしてしまう、

本作のテーマは最後の台詞で明快だと思う、曰く、

"I told you there was a little girl."

台詞は失踪する娘の前のシートに座っていた子供によるものである、
youとは主人公の前のシートに座っていた両親を指す、
そう、あの夫婦は子供を見ていながら見ていないととぼけ続けていたのだと思う、

つまり本作のテーマは「場所を共有する集団全員による無関心と無視によって追い詰められた個人が自身の尊厳回復を自ら実現すること」なのである、

このテーマはこの時期の一連のジョディ作品、「パニック・ルーム」「ブレイブ・ワン」にまったく同じと考えて間違いなく、 次に自ら製作・主演した「ブレイブ・ワン」ではさらに法治に挑戦的かつ挑発的な懐疑が観客に投げかけられてくる、
アクション・サスペンスの衣装をまといブロックバスター大作でも
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー