フューリー [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: サザンフィールド
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フューリー [DVD]

5つ星のうち 4.3 26件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 2,373 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,617 (41%)
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、笑日堂リアルが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 1,390より 中古品の出品:2¥ 965より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • フューリー [DVD]
  • +
  • カジュアリティーズ [Blu-ray]
総額: ¥3,764
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: カーク・ダグラス, ジョン・カサベテス, キャリー・スノッドグレス, チャールズ・ダーニング, エイミー・アーヴィング
  • 監督: ブライアン・デ・パルマ
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2008/10/24
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 26件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001EI5MHS
  • JAN: 4988142701428
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 86,656位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

"カーク・ダグラス主演、ショッキング・シーン連続の超能力サスペンス・スリラー!

<キャスト&スタッフ>
ピーター…カーク・ダグラス
チルドレス…ジョン・カサベテス
へスター…キャリー・スノッドグレス
マッキーバー医師…チャールズ・ダーニング
ギリアン…エイミー・アーヴィング

監督:ブライアン・デ・パルマ
製作:フランク・ヤブランス
原作・脚本:ジョン・ファリス

<ストーリー>
アフリカのカサブランカ。もと諜報員ピーターの息子ロビンが誘拐された。彼の持つテレキネシス能力に目をつけたスパイ組織の仕業だった。一方、シカゴに住む少女ギリアンは未来透視とテレキネシスの兆候が現れ、精神分析医のもとに送られる。全く関係無い二つの土地で起こった異常な事件が、やがて目に見えない糸で結ばれて、かつてない恐怖とサスペンスの世界が展開する。追い詰められた二人の若い超能力はすさまじい力をたくわえ、男は念力で爆発を起こし、少女は人の身体から血を流させてしまう──。
ポスト・ヒッチコックの異名をもつデ・パルマ監督が「キャリー」に続き、超能力をテーマに放つショッキング・スリラー。

<ポイント>
●「キャリー」に続き、超能力をテーマにしたショッキング・スリラー!
●カーク・ダグラスを主演にスパイ・タッチを盛り込んだ野心作!

<特典>
●オリジナル劇場予告編
●スティル・ギャラリー"

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ブライアン・デ・パルマ監督がカーク・ダグラス主演で放つショッキングスリラー。アフリカのカサブランカ。元諜報員のピーターは、超能力を持つがゆえに誘拐された息子の消息を追う。“FOX&MGMカルト・コレクション”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
前作「キャリー」(76)で名を上げたデ・パルマ監督が引き続き、
超能力保持者を題材に描いた異色SFスリラー映画(1977年製作)。

「エクシシスト」(73)の大ヒットで、70年代にオカルト・ブームが巻き起こる。
以来オカルト色のホラー映画が量産され、特に(本作が登場した)1976〜77年代の頃、
この手の物のショッカー映画として傑作や怪作が、「雨後の筍」のように続出している。
「オーメン」、「キャリー」、「家」、「ザ・ショック」、「マーティン」、「センチネル」、
「悪魔が最後にやって来る!」、「エクシシスト2」、「オードリーローズ」、「サスペリア」、
「ザ・カー」・・・(略)。悪霊/悪魔(憑き)、魔女、吸血鬼、お化け屋敷、超能力保持者など、
手を変え品を変え、バラエティに富む作品が製作され、競い合っていた時期だと思える。
<この流れに便乗して亜流や珍作、駄作も多く手掛けられているが...。>

デ・パルマ作「ファントム・オブ・パラダイス」(74)を観たアルジェントが、ジェシカ・ハーパーを気に入り、
ヒロイン役に起用して、76年に「サスペリア」を製作する。
「キャリー」とは、異なる(美少女いじめの作風)残酷で、かつショッキングな映像満載の傑作ホ
...続きを読む ›
11 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
冒頭での仲の良い親子と終焉の引き裂かれた親子の悲しいコントラスト。

「未開人になら歓迎される。魔術師や予言者になれるだろう。だが文明社会は彼らを受け入れない。反対に異端者として殺してしまうのだ。」

この台詞がこの映画の縮図だと思います。

文明社会で魔術師や予言者として受け入れられている者こそ実は偽魔術師や偽予言者であり、真の超能力者であるが故に待ち受ける苦悩と孤独。

肉体を介在せずに思念だけで完璧に機械を操れる能力を持ちながら、手足といった肉体を介在した運動では完璧になれない分裂的な苦悩が、自分の父親までも否定してしまう憎悪へと増幅してしまうロビンの孤独。

偽りの裕福な暮らしで塗り固められ閉ざされた世界で憎悪を超能力の発揮の契機にしかできず、外の自由な世界へと逃げ出したいロビンの苛立ち。

自分がモルモットのような実験道具にか過ぎないことを知りながら、自分の超能力の非代替性を破滅的な暴力によってしか表現できないロビンの未熟な焦り。

この映画の影の主人公はロビンであり、ギリアンはその語り部として登場していると解釈すると、主役と語り部が分離した「能」の世界にも通じる奥深さがあります。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
この映画の見所と言えば、まず、ホラー映画と言うよりSFに限りなく近いとも言える、サイコ娯楽大作と言った所で、前編を通して、みなぎる緊張感が、見る者を、圧倒します。ラストまで気が抜けない、又ショッキングなラストシーンがあなたをトリコにするでしょう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
劇場公開時は「サスペリア2」と同時上映で、ホラー映画劇場初体験は先に上映された本作は乗り切れましたが、後続の「サスペリア2」はおかげで一週間悪夢にうなされました・・・というわけでなんとなく比較負けしてしまった感のある本作。
あらためて見てみるとクライマックスで美女をテレキネシスでなぶり殺したり、ラストの人体爆発など本来なら極め付けに残酷なシーンなのだが・・・なんかマネキンみたいにしか見えない感じなのよね・・・。
何故かホラーシーンより当時日本にはまだなかった、ガラス張りのエレベーターがある巨大なショッピング・モールの豪華さが凄く印象に残っていて、シカゴへ旅行したときはわざわざ、ロケに使われたモールへ行って、あのエレベーターに乗りました。
原作はジャンル・ミックス・スリラーの先駆け作家ジョン・ファリス。原作はもっと幽体離脱や占星術、オカルト精神世界に踏み込んだ怪しくどろどろしたオカルト味満載なのだが、映画はその辺がすべて削除されてクールな作りになってしまってます。さらに女装の精神科医とか元ハリウッド・ミュージカル・スターの殺し屋など脇を固める怪しいキャラクターも割愛されてて、後日、原作はこんな凄い小説だったのか!とその怪しい魅力に取りつかれてしまった自分としては物足りない映画化です。
まあ、それでもデ・パルマ映画は好きなので★4つ。ジョン・ウィ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー