通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
フューチャーセンターをつくろう ― 対話をイノベー... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 歪みあり。中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フューチャーセンターをつくろう ― 対話をイノベーションにつなげる仕組み 単行本 – 2012/4/24

5つ星のうち 4.1 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,727 ¥ 386

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • フューチャーセンターをつくろう ― 対話をイノベーションにつなげる仕組み
  • +
  • イノベーション・ファシリテーター ― 3カ月で社会を変えるための思想と実践
  • +
  • 発想を事業化するイノベーション・ツールキット ―― 機会の特定から実現性の証明まで
総額: ¥6,912
ポイントの合計: 208pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

企業、自治体、NPOが注目するまったく新しい変革の方法論が、
日本で初めて書籍化されました。以下のニーズにこたえます。

・最近よく聞く「フューチャーセンター」のことをもっと知りたい
・会社やコミュニティで「フューチャーセンター・セッション」を開催したい
・「フューチャーセンター」の概念や方法論をひろめたい
・フューチャーセンターのディレクターになりたい

〈出版の背景〉
北欧の知的資本経営から生まれた、変革の仕組み、
フューチャーセンターが、いま、日本で大きな注目を集めています。
組織を越え、多様なステークホルダーが集まり、対話し、関係性を作る。
そこから創発されたアイデアを実現するために協調的アクションを起こしていく。
そのための「常に開かれた場」が、フューチャーセンターです。
震災復興、地域活性化、新市場開拓などの課題に取り組む自治体や企業
(アサヒグループHD、富士通、コクヨ、富士ゼロックス、東急不動産、
港区、横浜市、川崎市、柏市など)が、設立に向けて動き出しています。
また、2年間で全国に1000のフューチャーセンターを立ち上げる計画も始動しました!

著者について

野村 恭彦
イノベーション・ファシリテーター。「知識創造型組織づくり」の専門家。
国際大学グローバル・コミュニケーションセンター(GLOCOM)主幹研究員。
富士ゼロックス株式会社KDIシニアマネジャー。
慶應義塾大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。
2000年に富士ゼロックスで新規ナレッジ・サービス事業KDIを立ち上げる。
06~08年、東京工業大学SIMOT特任准教授。
07年より国際大学グローバルコミュニケーションセンターの「イノベーション行動科学」
研究リーダーとして、社会企業家とビジネスプロデューサーの行動原理を研究。
11年よりK.I.T.虎ノ門大学院客員教授。

著書に『サラサラの組織』『裏方ほどおいしい仕事はない!』、監修/監訳書に
『コミュニティ・オブ・プラクティス』『ゲームストーミング』などがある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 197ページ
  • 出版社: プレジデント社 (2012/4/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4833420090
  • ISBN-13: 978-4833420099
  • 発売日: 2012/4/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 169,424位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 まず買ってみよ! トップ500レビュアー 投稿日 2016/6/24
形式: 単行本 Amazonで購入
ネットの発達と技術とデータのオープン化、ソーシャルの台頭に
よって、企業が価値創造して民に落とすというエコシステムが
崩壊しつつあります。生活者目線というのが改めて脚光を浴びて
いますが、今度は実装技術の適切性が図れないという技術不在
の問題も起きつつあります。
フューチャーセンターは問題を持っている人、解決すべき立場
にいる人が一同に会して知恵を出し合うというモデルです。
主催してファシリテータを務めるポイントが簡潔にまとめられて
います。読みやすくて良いですね。

この手の「みんなで」問題解決手法としてはアイデアソンも
メジャーになりつつあります。大変お手軽で思考フレームワーク
の提示などもあるので取っつきやすいですが、アイデア泥棒や
単にやった気になりたいフリーライダーを大量発生させるという
リスクもあるので、参加者の質やコストが一定以上であるなら、
フューチャーセンターがいいでしょうね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Cipcelo 投稿日 2014/10/12
形式: 単行本
「フューチャーセンター」というサークルの勧誘チラシみたいな内容だと感じました。
具体性の乏しいことばかりが夢をまき散らすように羅列してあります。
これではちょっと怪しい自己啓発サークルのお誘いと変わらず,
「フューチャーセンター」がすばらしいのかどうかも判断できません。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本におけるフューチャーセッション、フューチャーセンターの第一人者が書く紹介本。

フューチャーセンターやフューチャーセッションは耳慣れない言葉で、相当するような日本語も無いが、とにかくこの本を読むとなんとなくイメージは湧くようになる。しかし、これはまだ第1段階である。

内容はかなり具体的な体験に基づいており、示唆に富む。かなりの部分が「どのようにフューチャーセッションを行えば良いか」「どのようなフューチャーセンターを運営すれば良いか」に割かれており、実践的である。

とくに、筆者が得意とするファシリテーションの小技集が惜しげもなく多数盛り込まれている。それぞれの小技についての説明はあまり詳しく無いが、なぜそれをしたほうが良いのかのロジックがしっかりしているので頼もしい。

したがって、この本の正しい使い方は、参考書である。これを参考にしながら、自分自身でセッションを開くのが、もっともよい読み方である。センターを設置するのはかなりハードルが高いが、普段の会議をワークショップ風に仕立てることなら、すぐにでも始められる。

実際に、本書を参考に複数のワークショップや会議を実施したが、挙げられているテクニックはどれも有効である印象だ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
フューチャーセンターは、今、多くの企業が抱えている課題、NPOが抱えている課題を解く重要なコンセプトではないかと思います。
企業セクターは、売れる商品やサービスを作ろうとするあまり、市場調査を繰り返し、大差のないモデルチェンジを繰り返してしまったり・・・非営利セクターは、特定の社会的課題にフォーカスにしすぎる余り、事業の持続性が担保できなかったり、「この問題は他の問題よりも重要」と差別化を志向し、財源や寄付など同じパイを他団体と食い合ってしまったりしています。重要なことは、本書で指摘されているように、多様なセクターが対話をすることで、同じ問いを持てる関係性へと発展していくことではないかと思います。
フューチャーセンターという場づくりを実践する人はもちろんのこと、今の日本の社会が前へ進むにはどうすればよいのかエッセンスがが詰まっているので、日本のこれからを考える人には必読の書ではないかと思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
フューチャーセンターとは,公的機関や企業内にもうけられる 「未来の価値をうみだすセンター」 だという. 「デザイン思考」 をはじめ,さまざまな創造的な方法論にもとづいているようだ.

この本ではフューチャーセンターの構成要素や効用や原則や方法論やセッションのステップやステージや,その他いろいろなものが箇条書きで書かれていて,それぞれひきつけられる. しかし,それらの関係はかならずしもよくわからないし,いろいろありすぎて混乱してしまう. 200 ページはない比較的うすい本のなかに,あまりにいろいろなことがつめこまれていて,消化不良になってしまう.
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー