通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
フットボールサミット 第2回  検証・中田英寿とい... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送[12/31・1/1のみ休業]】中古品のため使用感はありますが外観上、比較的キレイなものを販売しております(書き込みやマーカーがない状態※中古の性質上、気にならない程度の日焼け・折れ・シミや帯の付属なし等ある場合がございます)万が一、品質不備や品切れの場合は返金対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フットボールサミット 第2回  検証・中田英寿という生き方 単行本(ソフトカバー) – 2011/2/21

5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • フットボールサミット 第2回  検証・中田英寿という生き方
  • +
  • フットボールサミット第4回 カズはなぜ愛されるのか? ―いままで語られなかった「三浦知良」論―
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 52pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 185ページ
  • 出版社: カンゼン; 第1版 (2011/2/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862550878
  • ISBN-13: 978-4862550873
  • 発売日: 2011/2/21
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 1.3 x 14.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 532,878位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
中身は中田英寿のTakeActionの活動を中心に展開していきますが、中田本人のインタヴューもなく、その活動を阻んだとされるサッカー協会への調査も不十分で、ライターが推論に推論を重ねて筋を作っていくんですが、なんかそういう空論を読まされても僕は空虚な気持ちにしかなりませんでした。
ライターなんだからもっと材料集めてから書いてよ、と思ってしまいます。
金も人手もかけずに、この値段で「ヒデ」をネタに本を出すというのはなあ…
だったらサッカー協会の全うな批判を全面展開してほしかったよ。
他のインタヴューも藤田と松田って中田をフューチャーするに適切な人選?
社会学のやつは面白かったけど。
なんか内容ないけどタイトルは大きい学生の卒論もどきを読まされたような貧乏な気分になるのは僕だけですか?
1 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 リュウ 投稿日 2011/2/23
形式: 単行本(ソフトカバー)
メインである大泉実成氏のルポが大変面白いです。

中田がいかに広い視野で先を見据えて研鑽を続け、日本サッカーをどう変革していったのか。また引退後に事業家としてどう日本サッカーと関わり、再び変革を起こそうとしているのかが語られています。

相変わらず代表人気に依存し、協会と選手会が報酬を巡って銭闘を続ける日本の現状より、サッカーを通じた社会貢献、地域活性化、セカンドキャリア創出に独自で取り組む中田の方が先を見据えているのではないかと感じました。

選手としての中田を高く評価する先輩・藤田俊哉、真逆のキャラクターながら関わりの深い同い年・松田直樹のインタビューも読み応えがあります。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
■日本のサッカー関係者(その背後のサッカーファン)は、日本のサッカーが、メッシやネイマールのような世界レベルの選手を生み出し、スペイン代表やFCバルセロナのような世界的なチームを実現することを必ずしも欲しているわけではない。

■日本代表の重要な試合で重要な活躍をしてみせる。1試合でもいい。それは1997年のジョホールバルだったり、2010年の南アW杯初戦だったりする。その選手は、マスメディアの脚光を浴びる。そして、次第に「世界のサッカーに通用する、日本人離れした言動」を頻繁にとるようになる。さらに、自身の価値を高めるために一般のマスコミとは疎遠にしてみせる。

■「世界」に甚だしく劣った日本サッカー。そんな中一人目覚め、意識を高く持ち、欧州のクラブへ移籍した日本人サッカー選手選手。その立ち振る舞いの全てが日本サッカーへの批判と差別化である。

■日本のサッカー関係者(その背後のサッカーファン)は、サッカーそれ自体より、そうした選手の立居振舞、キャラクターに喝采する。

■中田英寿とは、実際にサッカーのプレーをするよりも、そのようにイメージされることを徹底的にビジネス化した選手にすぎなかった。これに関連する一連の[物語]を中田英寿神話と仮称する。日本のサッカー関係者が欲しているのは、こうした神話である。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック