フジコ DVD-BOX がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フジコ DVD-BOX

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 9,720
価格: ¥ 7,258 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,462 (25%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 7,258より 中古品の出品:3¥ 7,100より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 尾野真千子, 谷村美月, 丸山智己, リリー・フランキー, 浅田美代子
  • 監督: 村上正典
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日 2016/05/27
  • 時間: 402 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01CHSPH8W
  • JAN: 4988126209520
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 81,661位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

どれだけ殺したら、幸せになれるの?

幸せへの渇望。愛への絶望。一家惨殺事件の生き残りの少女フジコ。
お母さんみたいにはならない― いつしか幸せだけを追い求め殺人鬼となっていく。

★地上波では「絶対」に映像化不可能と言われた【イヤミス】代表作の大ベストセラー小説、狂気×衝撃×戦慄の映像化!

イヤミスとは― 後味が悪い、イヤな気分になる、そんな不快な読後感から生まれたミステリーの新たなジャンル
『告白』『渇き。』など、今この「イヤミス」から多くの話題作やベストセラーが誕生している。

★尾野真千子主演、体当たりでフジコを演じる!
脇を固めるのは、谷村美月、丸山智己、リリー・フランキーら実力派キャスト

★脚本は『凶悪』で日本アカデミー賞脚本賞を受賞した、高橋泉!
演出は映画『電車男』などの村上正典、主題歌は斉藤和義の「シンデレラ」が務める。

【特典(予定)】
DISC1収録 ■披露試写会舞台挨拶 (主演:尾野真千子、原作:真梨幸子、演出:村上正典 登壇)
DISC2収録 ■予告編集
DISC3収録 ■メイキング

【ストーリー】
一家惨殺事件の生き残りとしてトラウマを負った11歳の少女フジコ。
だが彼女の人生はいつしか狂い始めた。
「あたしは人生をリセットできる女」――、呟きながら殺害を繰り返していく。
なぜ彼女は殺すのか?誰が彼女の家族を殺したのか?
ただ幸せになりたい、愛されたいがために殺し続けた女フジコの、あまりにも憐れで哀しい衝撃の真実とは―。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

真梨幸子のベストセラー小説をドラマ化したサスペンスミステリーのBOX。一家惨殺事件の生き残りとしてトラウマを負った少女・フジコ。いつしか幸せだけを求めるようになった彼女は、殺人鬼となり殺害を繰り返す。全6話を収録。尾野真千子主演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
確かに「映像化不可能」と言われていた本作を映像化したというだけで喝采ものである。
原作ではフジコの死刑執行以降の話になるところを、最高裁上告中という設定で存命中のフジコと塀の外の接点を作った事を評価する。原作の叙述トリックを上手く逆手にとった脚本も見事。
惜しむらくは、それらの改編で、続編となる『インタビュー・イン・セル 殺人者フジコの真実』を映像化できなくしてしまった事。それも楽しみだったのに……なので減点一。
あとは、各メディアに露出していないが、整形前のフジコを演じていた小野花梨はもっと評価されるべきだし、その他の子役を含むキャストも同様。端役も含めて、俳優さん達の仕事がもっと評価されて良い作品だと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
この物語より酷い生活を強いられている
人が沢山いる

産まれながらに傷を負ってる人がいる

私たちは誰1人完璧な人生などないと思って生きていくしかないのか

本当に難しい社会問題
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
知り合いにすすめられて見たが、家族のキツイ因縁話がつづくので やや退屈。

「もっといい写真はないの?二十歳くらいの、あたしの絶頂期のさあ」

とか

「死にたいんですか?」
「このまま老けるくらいならね」

とか、

なんかネガティブな、迫力ある言葉を入れておけば作品にパワーが出る みたいな行き方にはあまり賛同できないんだよなあ。

それは別に切れ味よくないよ っていう。

けっきょく、尾野真千子さんの演技のすごみを見るためだけの作品って感じだ。

で、ぼくはあまり尾野真千子さんは好きではない。←知らんよ。

結論、悲惨系は、もうええかな
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す