中古品:
¥ 1,889
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ブルーレイ、ケースともに良好ですよ。この商品はAmazon配送センター が商品を保管し、注文後ただちに梱包・発送を丁寧に行ないますので、安心・安全です。◆配送後のお問い合せもAmazon.co.jpが全面サポート致します!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フォー・ルームス [Blu-ray]

5つ星のうち 4.1 32件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 4,980より 中古品の出品:9¥ 1,540より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でフォー・ルームス (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ティム・ロス, アントニオ・バンデラス, ジェニファー・ビールス, ポール・カルデロン, サミ・デイビス
  • 監督: アリソン・アンダース, アレクサンダー・ロックウェル, ロバート・ロドリゲス, クエンティン・タランティーノ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2012/04/04
  • 時間: 98 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 32件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0069EO4US
  • JAN: 4988135893796
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 61,401位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『フォー・ルームス』へようこそ! 大ヒット作『パルプ・フィクション』(94)のクリエイターが贈る、愉快で歯切れのよいコメディ。大晦日のロサンゼルス、ホテル・モンシニョールでは不運なベルボーイ、テッド(ティム・ロス)が、人生で一番荒れ狂った夜を迎えていた。ルームサービスを届けながら、いたずら好きで物を壊しまくる子供たちや、断れないのをいいことに信じられないような言いつけをする非道な映画スターまで、奇客珍客ご一行に出会うテッド。クエンティン・タランティーノを含むハリウッドで最もホットな4人の若手監督が1話ずつ監督している。アントニオ・バンデラス、マリサ・トメイ、マドンナたちが抱腹絶倒の演技をみせる。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲスら4人の鬼才が監督を務めた4話からなるオムニバスコメディ。新米ベルボーイ・テッドが4つの部屋の客相手に奮闘する。“どんどんやるぜ!ワーナーのブルーレイ2,500円!”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
テンポのいい音楽、部屋を出たり入ったり、エレベーターの乗り降りだけでもオモシロく感じる。
【字幕】がもう少し見やすかったらいいのになぁ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
本当におもしろいです。
カメラワーク、雰囲気、音楽、キャスト・・・
すべてがマッチしすぎている一本。
なんでこんなことがおきるんだぁー!?
っとベルボーイと一緒に頭を抱えてしまうほど
インパクト大!
その上、またしても、
なんでこんなところで、ブルースウィルスが
でてくるんだぁー!?
と驚きの連続です・・・絶対にみてください!
不思議なホテルへの世界へとまんまと引き込まれてしまいますよ☆
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
4つのストーリー共に完成度が高く、それぞれ文句なく楽しめる。それぞれの作品に「監督の臭い」が強烈に吹き出していているが、それをティムロスがひとつの枠の中にきっちりと収めているところも見所。第3話を見てから「スパイキッズ」を見ると「ニヤリ」せずにはいられない。タランティーノが「出まくり、しゃべりまくり」の第4話のラストシーンは、何度も巻き戻して見たくなること必至。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
オムニバス3つがティム・ロス演じるベルボーイで繋がってる作品です。
役者陣も豪華ですね。
だけどホテルがベースなのでそんなに派手なシーンはありません。
なので、DVDで観るのがちょうど良い感じですね。特番のテレビドラマみたいな楽しさ。
ちなみに吹き替えではティム・ロスを田代まさしがやってたりして以外。
あとタランティーノの声をあの広川太一郎がやってる。
話は変わって、この主人公のティム・ロスのとぼけた顔とかエキセントリックな動作とか西村雅彦に被ってしょうがなかった。
なんか関係あるのかしら・・・
まあそんなところも楽しめる要素ってことかな。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
大晦日のホテルでベルボーイのテオドアに降りかかる災難の数々はとにかくはちゃめちゃ。彼が真面目な顔をしてるところが笑いをさそう。
製作者や共演者はタランティーノとその友人達が殆どだから、撮影現場も大騒ぎだったに違いない。
一話では魔女集会に遭遇。二話の間男に間違えられて、三話ではメキシコマフィアの子供のベビーシッターになり、最終話では酔っ払ったハリウッドスターのパーティに呼ばれて・・・すべてのエピソードが楽しい。
又出演者が豪華!あっと驚く大スターから、懐かしのスターがほんのちょい役で出てるから、それを探すのも面白い。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 33 VINE メンバー 投稿日 2005/11/6
形式: DVD
昔ホテルで接客係として、ベルボーイをやったことがある自分から言わせてもらえば、これはなかなかリアリティのある映画だった。
クリスマスから年末年始にかけては、変な客から変な注文がフロントに来るわ来るわで、ベルボーイも大変なのである。
個人的に特に共感を感じたのが三話目。というのも、全く似たような経験をしたことがあるからだ。
クリスマスに子連れで不倫を画策したちょっとおつむの足りないカップルが別室で仲良く情事に勤しんでる間、両方の子供を見ててくれと言われた時のことを、この映画を見るといつも思い出す。
圧巻なのは四話目で、この映画のおいしいところを全部さらっていってしまう。
なかなか酷い結末にもかかわらず、ティム・ロスが鼻歌まじりですごく楽しそうに演技をするせいで、すごく後味がいい。
見事なオムニバス映画だ。
すばらしい。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/5/18
形式: DVD
大晦日、ホテル・モンシニョールの4つの部屋の中で繰り広げられる4つの物語。
マリソン・アンダース、アレクサンドル・ロックウエル、ロバート・ロドリゲス 、クエンティン・タランティーノの4人の監督がそれぞれメガホンを取ったが、どれもこれもブラックユーモアがあふれていて最高の面白さ。

主演で新米ベルボーイ役のティム・ロスが、普通じゃない(=キレた)宿泊客たち(マドンナ、アントニオ・バンデラス、ブルース・ウィリス、他という豪華なメンバー!!)を相手に四苦八苦する姿が笑えます。
得に最後のタランティーノ監督の物語の終わり方がcoolでこれは観ないと損です!!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/2/12
形式: VHS
 コミカルで、単純に解りやすい作品が4点、一度に楽しめる作品である。
 95年当時、アメリカで話題になっていた監督が集結し、コレだけの俳優を集められる作品は滅多にないように思う。
 個人的には、アントニオ・バンデラス氏のファンなのもあるが、ロバート・ロドリゲス監督の子役の起用の仕方には舌を巻いてしまう。
 クェンティン・タランティーノ氏の監督、俳優としての多才振りも良い。4話めは殊に切れが良く、小気味良いテンポに引きずり込まれてしまう感がある。
 奇妙だと感じていたティム・ロス氏の動きが、最後にはなんとなく愛おしささえ感じるようなまとまりが、誠に妙で面白い。
 日本公開時に上映されなかった部分も観れて、何となく得した気分になる作品である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー