フォーレ:レクイエム(再プレス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フォーレ:レクイエム(再プレス)

5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,575
価格: ¥ 1,326 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 249 (16%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 1,326より 中古品の出品:4¥ 423より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の コルボ(ミシェル) ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • フォーレ:レクイエム(再プレス)
  • +
  • フォーレ:レクイエム≪クラシック・マスターズ≫
  • +
  • フォーレ: レクイエム
総額: ¥3,668
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: コルボ(ミシェル), ベルン交響楽団
  • 指揮: コルボ
  • 作曲: フォーレ
  • CD (2008/1/31)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
  • 収録時間: 40 分
  • ASIN: B0000ARKE6
  • JAN: 4943674046256
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 10,799位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. レクイエム 作品48 Introit et Kyrie
  2. レクイエム 作品48 Offertoire
  3. レクイエム 作品48 Sanctus
  4. レクイエム 作品48 Pie Jesu
  5. レクイエム 作品48 Agnus Dei
  6. レクイエム 作品48 Libera me
  7. レクイエム 作品48 In Paradisum

商品の説明

内容紹介

◆日本限定企画:エラート・アニヴァーサリーシリーズ 再プレス◆
96KHz/24bit remastered
フランス音楽とバロック音楽の名門エラート社が最初のLPを発売してから50周年目の2003年に、これを記念して50タイトルを選び、オリジナル・マスターから96KHz/24bitテクノロジーを使って全点新規にリマスターして発売された日本限定企画のエラート・アニヴァーサリーシリーズ。発売当時に大好評を得たシリーズですがその後は生産中止となり入手が困難でした。そのためユーザーの要望も多く、2008年遂に再プレスが決定しました。この機会をお見逃しなく!!

古今の数多いレクイエムの中でもモーツァルトと並び立つ名曲中の名曲がフォーレの作品。その数多い録音の中でも、コルボ盤は人類の宝と言うべき決定的な評価を得ています。コルボ盤の特徴とされるボーイ・ソプラノを起用した理由、コルボの最初の師であったおじへの追悼として録音された経緯など、名盤誕生の感動秘話を含むコルボへの最新インタヴューをブックレットに掲載。

※2003/08/27発売の再プレスです。

メディア掲載レビューほか

バロック音楽とフランス音楽をメインにした、エラート・レーベルの2003年、発売50周年を記念した`エラート・アニヴァーサリー50`シリーズ、第1回発売分。ミシェル・コルボ指揮、ベルン交響楽団他の演奏による1972年録音盤。 (C)RS

商品の説明をすべて表示する

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
ライナーノートに書かれておりますが、そもそも「サン・ピエール=オ=リアン・ド・ビュル」聖歌隊は、ミシェル・コルボの叔父さんのアンドレ・コルボが指揮する聖歌隊でありました。
ところが、そのコンサートを目前にしてアンドレ・コルボが亡くなってしまいました。そこで、ミシェル・コルボが叔父さんの追悼のために聖歌隊を指揮して、このCDを録音しました。

何かと話題にのぼるボーイソプラノも、必然の成りゆきから、この聖歌隊から選んだのであって、ミシェル・コルボが野心をもってボーイソプラノを選んだわけではありません。言うまでもなく、伝統的なカソリックの聖歌隊には男性しかおりません。女声ソプラノを選ぶことはできなかったわけです。
きっと、宇野功芳氏が著した講談社新書の解説が誤解を生んだのでしょう。
この盤以降のほとんどの盤や演奏会では、ミシェル・コルボは女声ソプラノを選んでいるはずです。ただし、宗教曲であることから、愛嬌たっぷり、お色気たっぷりの女声ソプラノは合いません。中性的な声質の女声ソプラノが合っているのです。

わたしは、2005年の2月14日の東京オペラシティのミシェル・コルボのコンサートに行きましたが、その時も女声ソプラノでした。この日はミシェル・コルボの誕生日であり、癌が全快した日でもあり、感動的なコンサートでした。感
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ビックス 投稿日 2005/6/22
形式: CD
「ヒーリング」といってアダージョ系統の曲ばかりをコレクションしたり、モーツァルトは情緒の安定に資する、などという音楽の利用を意識したことはないが、心洗われる作品と演奏があるとすれば、本作などはその筆頭にあげられるべきものと考える。
重厚で演奏時間も長いバッハのミサ曲や、おどろおどろしいモーツァルトの「レクイエム」とは異なり、まさに天上へ導かれるような美しい音楽がここにはある。
本当に疲れたときは、寝る以外のことはしたくないものだが、CDを聴くだけのエネルギーがまだ残っていたら、本作が最高の安らぎを与えてくれるだろう。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
~フォーレはクリュイタンスを最初、ある方から薦められて、それが定番なのかとずっと聴いておりましたが、また別の人物から、「フォーレのレクイエムはこれが一番いい」と言われて、それ以来交互に聴いておりますが、確かに「ボーイソプラノ」の素晴らしさ、を感じさせてくれる「大胆な作品」だと、僕自身は思っております。
まだ、聴いた事のない方は是非お~~聴き下さい。自分自身の耳で、「何が良いのか」を是非確かめていただくといいのでは…と思っております。~
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
言わずと知れた名盤ですので、演奏内容については多くを語る必要はないと思いますが、今回の再発で初めて24bit/96KHzのリマスタリングが施されました。元テープのサウンドを可能な限り活かし、恣意的なイコライジングの類は行っていないとのことですが、それでも最新技術の効果はてきめんで、かなりの音質改善が認められます。少年合唱の高域のスーッとした抜け具合、低音の量感、質感などが旧盤よりかなり向上しており、若干ながらヒスノイズも低減しているように思えます。価格も手ごろですから、この演奏を愛する方は、この機に買い直してみてはいかがでしょうか。
コメント 94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 養子の源三郎 投稿日 2014/3/26
形式: CD
私は、身近な人の死に接したときや、
世界で絶え間なく起きる不幸な出来事に触れたとき、
この、コルボ指揮のフォーレ「レクイエム」を聴きながら、
空を見上げて、故人に思いを致すようにしています。
広島に暮らしていますので、
8月6日にも必ず聴くようにしています。

フォーレのレクイエムの音楽性だとか、
他の演奏との比較をするだけの専門的な知識もありませんし、
第一、キリスト教徒でもないのですが、
この演奏を聴いていると、
亡くなった方々が今はきっと安らぎの世界にいる、
そんな気持ちになるのです。
そうして自分自身が、この演奏で救われているような気がします。

もし、失ったことへの悲しみを背負った方がいらっしゃったら、
よろしければ、この演奏を聴いてみてください。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告