フォーレ:室内楽全集第1集 がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フォーレ:室内楽全集第1集

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,851
価格: ¥ 1,585 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 266 (14%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 1,585より 中古品の出品:3¥ 938より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ユボー(ジャン) ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • フォーレ:室内楽全集第1集
  • +
  • フォーレ:室内楽全集第2集
  • +
  • フォーレ:ピアノ作品全集(1)
総額: ¥5,205
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: ジャン・ユボー, ヴィア・ノヴァ四重奏団
  • 作曲: フォーレ
  • CD (2011/8/17)
  • ディスク枚数: 2
  • レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 125 分
  • ASIN: B004YSDMKY
  • JAN: 4943674107490
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 102,144位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. ピアノ四重奏曲 第1番 ハ短調 作品15 第1楽章
  2. ピアノ四重奏曲 第1番 ハ短調 作品15 第2楽章
  3. ピアノ四重奏曲 第1番 ハ短調 作品15 第3楽章
  4. ピアノ四重奏曲 第1番 ハ短調 作品15 第4楽章
  5. ピアノ四重奏曲 第2番 ト短調 作品45 第1楽章
  6. ピアノ四重奏曲 第2番 ト短調 作品45 第2楽章
  7. ピアノ四重奏曲 第2番 ト短調 作品45 第3楽章
  8. ピアノ四重奏曲 第2番 ト短調 作品45 第4楽章

ディスク:2

  1. ピアノ五重奏曲 第1番 ニ短調 作品89 第1楽章
  2. ピアノ五重奏曲 第1番 ニ短調 作品89 第2楽章
  3. ピアノ五重奏曲 第1番 ニ短調 作品89 第3楽章
  4. ピアノ五重奏曲 第2番 ハ短調 作品115 第1楽章
  5. ピアノ五重奏曲 第2番 ハ短調 作品115 第2楽章
  6. ピアノ五重奏曲 第2番 ハ短調 作品115 第3楽章
  7. ピアノ五重奏曲 第2番 ハ短調 作品115 第4楽章

商品の説明

美しい抒情にあふれた名作を残したフランスの巨匠フォーレの全室内楽作品を、パリ音楽院室内楽科教授のユボーを中心にしたフランスの精鋭たちが録音。史上初となったこの全集は、今日なお比べるもののない不滅の名盤です。
■録音:1969年&70年
ジャン・ユボー(ピアノ)
レイモン・ガロワ=モンブラン(ヴァイオリン)
コレット・ルキアン(ヴィオラ)
アンドレ・ナヴァラ(チェロ)
ヴィア・ノヴァ四重奏団〔ジャン・ムイエール、エルヴェ・ル・フロク(ヴァイオリン) ジェラール・コセ(ヴィオラ) ルネ・ベネデッティ(チェロ)〕


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
雄弁になり過ぎてはいけない、メカニックに上手過ぎてもどこかへふっと消え去ってしまいそうなフォーレの香りが、ここには理想的な形で掬いとられています。
フォーレの世界に共感を寄せている演奏者同士が、互いに信頼し合いながら心ゆくまで語らっている、CDを聞く我々にもそんな場に居合わせるような幸福感を与えてくれる、歴史的名盤だと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
弦楽器が徹底してレガートで旋律を歌わせる。時にハーモニー豊かに、対位法で、ソロで... 合間を縫ってピアノが分散和音と旋律を奏する。とにかく旋律が途絶えることのない楽章の連続である。全楽章15中、一部にピチカート等を使ったリズミカルな曲は4曲のみ。しかし、単調になることが全くない不思議な音楽である。独特な和声と旋法により全曲フラット系短調で書かれているなどと全く思えない(ピアノ四重奏第1番の冒頭だけハ短調を感じる)。他の作曲家では味わえないフォーレ独特の世界であり、何とも魅力的である。この音楽は聴きこむほどはまる。やはり、フランスの演奏家の語法に合っているのだろう、思う存分に曲の雰囲気を引き出した名演である。演奏に関してはチェロの名手ナヴァラとヴァイオリンのモンブランが見事に歌う四重奏が勝ると思うが、音楽としては五重奏の方がよりフォーレらしく感じる、全曲とも素晴らしい。室内楽愛好家は持っていたい名盤である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/10/19
形式: CD
ピアノ四重奏曲2曲が1969年5月、ピアノ五重奏曲2曲が1970年4月録音。いずれもフランスを代表する演奏家たちによるフォーレの室内楽である。注目は、ピアノ四重奏曲2曲にアンドレ・ナヴァラが参加していることである。この2曲だけでもこのアルバムは絶対に外せない。

作曲者のガブリエル・ユルバン・フォーレ(Gabriel Urbain Faure, 1845年5月12日 - 1924年11月4日)と演奏している作品についてちょっとだけ触れておくと、フォーレは、フランス南部、ミディ=ピレネー地域圏のアリエージュ県、パミエで教師だった父の元に五男一女の末っ子として生まれていて、幼い頃から教会のリード・オルガンに触れ、そこで天性の楽才を見出される。フォーレはパリの宗教音楽学校だったニーデルメイエール古典宗教音楽学校に学び、1861年に教師としてやってきたカミーユ・サン=サーンスにピアノと作曲を師事している。

ピアノ四重奏曲 第1番 ハ短調 作品15  1876-79年作
ピアノ四重奏曲 第2番 ト短調 作品45  1886年作
ピアノ五重奏曲 第1番 ニ短調 作品89  1903-06年作
ピアノ五重奏曲 第2番 ハ短調 作品115  1919-21年作

フォーレもベートーヴェンと同じく晩年に耳が不
...続きを読む ›
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告