中古品
¥ 1,350
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯あり●
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか? 単行本(ソフトカバー) – 2011/1/17

5つ星のうち 4.8 24件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,160 ¥ 1,100
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

高級ブランドのロゴはなぜ高級そうにみえるのか?、 Aの右側の棒はなぜ太いのか?
欧文フォントにまつわる素朴な疑問に答えてくれるトリビアの本。

ドイツ在住の欧文フォントの専門家が、欧米の街中で撮影した写真をもとに、
目からウロコのフォントの不思議を語ります。
ガイドを聴きながら海外の街を散歩するように、
フォントについての知識が楽しく身につくよう構成されています。

第一章では、高級ブランド、有名ミュージシャンのDVD、
ファッション雑誌のロゴなど、誰もが知っているロゴにまつわるトリビア、
第二章では、フランス、イギリス、ドイツなどの街角で見かけた文字の小話、
第三章では、フォントに関する素朴な疑問、
第四章は、数字や記号の正しい使い分け方など、意外と知らない知識を紹介します。
本文は約70本のコラムで構成され、興味のある部分から読めるようになっています。

A5判208ページ、並製、オールカラー
掲載コラム数70本、書体見本70点、写真270点掲載、装丁=祖父江慎

内容(「BOOK」データベースより)

欧米で撮った写真270点とコラム70本でひもとく知られざる欧文フォントの秘密。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 206ページ
  • 出版社: 美術出版社 (2011/1/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4568504287
  • ISBN-13: 978-4568504286
  • 発売日: 2011/1/17
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 54,267位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 副題には「ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?」とありますが、その点に触れているのは全体の4分の1程度。フォント・デザインにまつわるあれやこれやから、ヨーロッパの手書き文字の特徴に至るまで話題は多岐に渡ります。

 「形が目立つってことは字の形に邪魔な要素があるってこと」と著者が記す通り、人はそもそもフォントに注視して文章を読むことはありません。本書によって、目の前にありながら意識せずにいたものに気づかされると、どこか得した気分を味わえるのです。

 ルイ・ヴィトンのロゴのフォント=Futuraが古代ローマの建造物に刻まれた書体を基にしていて、だからこそ「王道感」を与える効果を持つこと。
 重厚感のある古いドイツ文字(ブラックレター)が各国の新聞の表題やビールの銘柄表記に使われているのは、文字のもつ伝統が安心感や信頼感につながるから。
 タイプライターっぽいCourierが映画『
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
同著者の「欧文書体」は専門的でフォントを学び、扱う人のための教科書だったが
この「フォントのふしぎ」はフォントと共に生活するする人々、つまり
フォントを意識することなく生活している人も含めたすべての人々が興味深く読める本になっている。

「欧文書体」「欧文書体2」よりもよりくだけた雰囲気で
世界中の街角で撮影されたお店の看板や、パッケージ、チラシ、ロゴタイプがとても華やか。
まるで世界中を旅行しているかのような気分で読める、旅行記のような仕様。
ブランドのロゴや映画のタイトルなど普段我々に取ってとても身近なロゴが
どういう背景をもつフォントなのかを紹介してくれており
この本を読んだ後、私たちの世界に対する視点が少しだけ増え、毎日が楽しくなるかもしれない。

フォントに苦手意識がある美大生たちは、この本を読めば
普段から文字にアンテナを張りやすくなるだろう。
また、デザインに関係してない方も興味深く拝見できること間違いなしの素敵な本です。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私達が毛筆の字を見て古風な日本をイメージするように、欧文フォントがどのような雰囲気を持っていてどのように使われているかを解説してくれています。

日本での生活ではそれぞれの欧文フォントの持つ雰囲気や違いはなかなか体感できませんが、この本では店舗やパッケージなど実際に使われている場面の写真と共に歴史も解説してくれているので、ヨーロッパなど欧文フォントに囲まれて生活している方々の文字に対する感覚を垣間見ることができます。

「フォントは見た目で選んで良い」と書かれていますが、単になんとなくかっこいいからという理由で選ぶのではなく、そのフォントが万人に与えるイメージを正しく理解した上で表現したい雰囲気と合致するフォントを選びなさい、という事だと認識しています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
フォントという一般にはマニアックな分野の本なんだけど,語り口がとてもここちよく,
読んでいるうちにフォント好きになれる本です.

もともとフォントにはちょっと興味がある普通のひとが読むととてもほっこりした
気持ちになれます.

自分の好きな分野について語るときって,ついつい細かい際に固執したり,
熱くなりすぎて厚かましくなったりしがちだけど,そういうところが全くない.

こういう本に出会ったのは久しぶり.ありがとう!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kuishou 投稿日 2016/11/6
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
わたしがそうですが、フォントに興味があるけどなにも知らない初心者向きです。
ブランドのロゴは~という帯が目立ちますが、本のタイトルは「フォントのふしぎ」だけでいいと思う。

内容は世界的な欧文フォントデザイナーがフォントにまつわるアレコレを語るコラム集。
文章は字数も少なめで読みやすく、また図や写真がたくさんつけられているので、するすると読めます。

小林章さんのブログに同じ話が出ていたりするので、興味を持った人はそちらも見てから買うのもあり。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック