通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 【帯付き】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか? 単行本(ソフトカバー) – 2011/1/17

5つ星のうち 4.8 24件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,126

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • フォントのふしぎ  ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?
  • +
  • タイポグラフィの基本ルール -プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック-[デザインラボ]
総額: ¥4,298
ポイントの合計: 130pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

高級ブランドのロゴはなぜ高級そうにみえるのか?、 Aの右側の棒はなぜ太いのか?
欧文フォントにまつわる素朴な疑問に答えてくれるトリビアの本。

ドイツ在住の欧文フォントの専門家が、欧米の街中で撮影した写真をもとに、
目からウロコのフォントの不思議を語ります。
ガイドを聴きながら海外の街を散歩するように、
フォントについての知識が楽しく身につくよう構成されています。

第一章では、高級ブランド、有名ミュージシャンのDVD、
ファッション雑誌のロゴなど、誰もが知っているロゴにまつわるトリビア、
第二章では、フランス、イギリス、ドイツなどの街角で見かけた文字の小話、
第三章では、フォントに関する素朴な疑問、
第四章は、数字や記号の正しい使い分け方など、意外と知らない知識を紹介します。
本文は約70本のコラムで構成され、興味のある部分から読めるようになっています。

A5判208ページ、並製、オールカラー
掲載コラム数70本、書体見本70点、写真270点掲載、装丁=祖父江慎

内容(「BOOK」データベースより)

欧米で撮った写真270点とコラム70本でひもとく知られざる欧文フォントの秘密。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 206ページ
  • 出版社: 美術出版社 (2011/1/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4568504287
  • ISBN-13: 978-4568504286
  • 発売日: 2011/1/17
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 76,559位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
配送が早い!!また内容も充実でした。
一例も多くてとても助かりました!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
フォントのことに無知なまま読みましたが、内容がおもしろかったです。
写真がきれいで良かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私達が毛筆の字を見て古風な日本をイメージするように、欧文フォントがどのような雰囲気を持っていてどのように使われているかを解説してくれています。

日本での生活ではそれぞれの欧文フォントの持つ雰囲気や違いはなかなか体感できませんが、この本では店舗やパッケージなど実際に使われている場面の写真と共に歴史も解説してくれているので、ヨーロッパなど欧文フォントに囲まれて生活している方々の文字に対する感覚を垣間見ることができます。

「フォントは見た目で選んで良い」と書かれていますが、単になんとなくかっこいいからという理由で選ぶのではなく、そのフォントが万人に与えるイメージを正しく理解した上で表現したい雰囲気と合致するフォントを選びなさい、という事だと認識しています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
Futura,Helvetica,Cochin...
みな割と一般的な書体なんですね。なのに、ヴィトンやディオールがロゴに使うと
高級に見える。アルファベットを使う文化がうらやましいと思ってしまいました。
日本語も明朝やゴシック以外にもっとおしゃれに使える書体はないものでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
同著者の「欧文書体」は専門的でフォントを学び、扱う人のための教科書だったが
この「フォントのふしぎ」はフォントと共に生活するする人々、つまり
フォントを意識することなく生活している人も含めたすべての人々が興味深く読める本になっている。

「欧文書体」「欧文書体2」よりもよりくだけた雰囲気で
世界中の街角で撮影されたお店の看板や、パッケージ、チラシ、ロゴタイプがとても華やか。
まるで世界中を旅行しているかのような気分で読める、旅行記のような仕様。
ブランドのロゴや映画のタイトルなど普段我々に取ってとても身近なロゴが
どういう背景をもつフォントなのかを紹介してくれており
この本を読んだ後、私たちの世界に対する視点が少しだけ増え、毎日が楽しくなるかもしれない。

フォントに苦手意識がある美大生たちは、この本を読めば
普段から文字にアンテナを張りやすくなるだろう。
また、デザインに関係してない方も興味深く拝見できること間違いなしの素敵な本です。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 副題には「ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?」とありますが、その点に触れているのは全体の4分の1程度。フォント・デザインにまつわるあれやこれやから、ヨーロッパの手書き文字の特徴に至るまで話題は多岐に渡ります。

 「形が目立つってことは字の形に邪魔な要素があるってこと」と著者が記す通り、人はそもそもフォントに注視して文章を読むことはありません。本書によって、目の前にありながら意識せずにいたものに気づかされると、どこか得した気分を味わえるのです。

 ルイ・ヴィトンのロゴのフォント=Futuraが古代ローマの建造物に刻まれた書体を基にしていて、だからこそ「王道感」を与える効果を持つこと。
 重厚感のある古いドイツ文字(ブラックレター)が各国の新聞の表題やビールの銘柄表記に使われているのは、文字のもつ伝統が安心感や信頼感につながるから。
 タイプライターっぽいCourierが映画『
...続きを読む ›
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
フォントなんて普段ほとんど意識せずに見ていることがほとんどですが、同じ文字を使っていても、扱い方次第でこんなにも与える印象が変わるのかと驚かされます。
誰でも良く知っているブランドや社名、良く目にする道路や空港の表示に実際どういうフォントが使われているのか見るだけでも面白いです。
誰にでもわかりやすいこの文章から、著者の知識の深さと、文字の面白さをより多くの人に伝えたいという気持ちが伝わってくるような専門書とくくるにはもったいない1冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す