フォロー・ミー FOLLOW ME [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,879
通常配送無料 詳細
発売元: 笹木商店
カートに入れる
¥ 3,880
通常配送無料 詳細
発売元: スマイルブックス ☆プライム商品は配送センターより年中無休で発送致します☆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フォロー・ミー FOLLOW ME [DVD]

5つ星のうち 4.9 50件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,883 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,193 (24%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • フォロー・ミー FOLLOW ME [DVD]
  • +
  • ジョンとメリー [DVD]
  • +
  • ローズマリーの赤ちゃん [DVD]
総額: ¥8,219
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ミア・ファロー, トポル
  • 監督: キャロル・リード
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2010/11/26
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 50件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0044MS35Y
  • JAN: 4988003803308
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 14,441位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

今までDVDはもちろんVHS、LDにもなっていなかった、文字通り“幻の”名作、あの『フォロー・ミー』が、数多く寄せられた熱心なリクエストの声と、「午前十時の映画祭」全国25都市リバイバル順次上映での大ヒットを受けて、遂に初ソフト化!!!HDマスター使用!!!「水曜ロードショー」放映版(1977.12.7日本テレビ系にて放映)日本語吹替音声入り!!!
不朽の名作『第三の男』の巨匠キャロル・リード監督が、そのキャリアの最後に遺したハートフルなラブストーリー。
1973年新春の劇場公開以来、DVDはもちろんVHS、LD化さえもされず、わずかにTV放映でしか観ることのできなかった“幻の名画”が、HDマスターで待望の初ソフト化
主演の夫婦には、『華麗なるギャツビー』や、その後数々のウディ・アレン監督作品でヒロインを務めるミア・ファローと、当時イギリスの若き名優と謳われたマイケル・ジェイストン。もう1人の主役である探偵を、イスラエル出身で『屋根の上のバイオリン弾き』のトポルが演じている。
脚本は『アマデウス』(87年)でアカデミー賞脚色賞を受賞している劇作家ピーター・シェイファーで、本作は自らの舞台劇を原作にしている。
観終わった後いつまでも心に残る切ない音楽は、『007』シリーズでおなじみ、『愛と哀しみの果て』(85年)『ダンス・ウィズ・ウルブス』(90年)他でアカデミー賞を4回、『真夜中のカーボーイ』(69年)でグラミー賞を受賞している、映画音楽の巨匠ジョン・バリー
周防正行監督は自他ともに認める本作の熱烈なファンで、代表作『Shall we ダンス?』(96年)では、夫の浮気を疑った妻が調査を依頼する探偵事務所に『フォロー・ミー』のポスターが貼られている。今回の初ソフト化に際して愛情溢れるコメントを寄稿するなど、全面的にバックアップ。
TOHOシネマズを中心に全国25劇場を名作50作品が巡業する「午前十時の映画祭」では、ファン投票第4位に選定され、旧作のリバイバルとしては異例のヒットを記録している。
初国内盤化となるサントラCD「フォロー・ミーオリジナルサウンドトラック」(発売・販売:キングレコード/税込2,400円/品番:KICP-1476)が好評発売中。劇中に溢れるジョン・バリーの切なくも美しい音楽が堪能できる。
映像特典:オリジナル予告編(4:3 スタンダード)
封入特典:■フルカラー8pガイドブック ■劇場パンフレット縮刷復刻版(みゆき座館名入り) ■ピクチャーレーベル
初回生産分のみの特典:■アウターケース付き ■ポストカード3枚封入
発売からしばらくたちましたので初回生産仕様のお約束はできませんので御留意下さい

(C)1972 Universal City Studios,Inc.All Rights Reserved. ※本商品は古い作品のため、マスターに起因する画面・音声のノイズが発生する箇所がございます。

内容(「Oricon」データベースより)

不朽の名作『第三の男』の巨匠キャロル・リード監督が、そのキャリアの最後に遺したハートフルなラブストーリー『フォロー・ミー』が、HDマスターを使用して初ソフト化!ミア・ファロー、トポル、マイケル・ジェイストンほか出演。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 今から十年以上前、パソコン通信の某フォーラムで、「機会があったら、ぜひこの映画を見てくださいね」と薦められました。でも、DVDの発売という話もなく、月日は流れ・・・・・・。こうして、生きてるうちに見ることが出来て、本当に良かったあ!と、この映画を見終えた今、心からそう思います。
 
 ジョン・バリーの音楽が、奇跡的なまでにこの映画にぴったりなんですね。なかでも感動したのが、私立探偵のトポルが、ベリンダ演じるミア・ファローの後になり先になり、ロンドンのあちこちを散策するシーン。「フォロー・ミー」の音楽がバックに流れるそのシーンが、もうすっごく良くて・・・。ふたりの散策の終点、ハンプトン・コートの迷路の中で一緒に食事するシーンには、胸がいっぱいになって、気がつけばぼろぼろと涙がこぼれていました。
 
 これは、本当に素敵な一本。ジョン・バリーの哀愁をたたえた甘美な音楽と、ピーター・シェイファーの実に良く出来た脚本と、ミア・ファロー、トポル、それに会計士チャールズを演じたマイケル・ジェイストンの絶妙のコンビネーションと。素晴らしく心揺さぶられ、抱きしめたくなるくらい愛しい映画と言うしかないです。

 まだ見ていない映画好きのあなたへ。この映画をこれから見ることのできる幸せが待っているあなたへ。この作品を見逃しているなんて、本当にもったいないです。機会がありましたら、ぜひ見てくださいね。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 いい映画を観た。ありきたりだけれどこんな感想に尽きる。
比較的マイナーな作品なのに、「午前10時の映画祭」の50本に選ばれた理由が良くわかった。

 結婚当初は上流階級である夫の趣味や博識、社交について行こうとする妻ベリンダだが、次第に彼らとの距離感を味わい孤独を深めて行く。
孤独をまぎらすため深夜まで街を彷徨う、そんな彼女の行動に夫は疑いを抱き探偵を雇って尾行させるが、その探偵はいつしか彼女の孤独をいやそうと、、、。
ミステリアスな主題歌に誘われるように、ベリンダを追う探偵。
妻、夫、探偵、、、三人の間で「Me」が、物語の進行とともに微妙に入れ替わっていく。

 M・ファローが一連のアレン作品のヒロインに近いユルめのキャラクター、ヒッピーでボヘミアンなヒロインを違和感なくキュートに演じている。
彼女が度々観に行くホラー映画に、ドラキュラ俳優ピーター・カッシングが毎回登場するのもイギリス映画らしいご愛嬌。
何といっても探偵役のトポルが素晴らしい。
「屋根の上のバイオリン弾き」とは全く異なるパフォーマンス、強烈な個性を放ちながら茫洋として捉えどころがない。
イギリス紳士らしい夫を手堅く演じているマイケル・ジェイストンとは対照的な演技だ。
「第三の男」で頂
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Bo-he-mian トップ500レビュアー 投稿日 2012/9/29
愛のこもったレビューの数々に、以前から気になっていた映画です。そして、やっぱり素敵な映画でした。

絵に描いたようなイギリス上流階級の会計士チャールズ(マイケル・ジェイストン)が、自分の妻ベリンダ(ミア・ファーロー)が浮気をしているのではないかと疑って、探偵のクリストフォルー(トポル)に調査を依頼するのだが・・・という話。

型にはまった夫のチャールズに対して、妻のベリンダはいかにもボヘミアン風の性格で、結婚してからは事あるごとに社交の場などでぎくしゃく。一方、探偵はとぼけた感じのキャラクター。
映画は3人の視点で描かれていて、映画の前半は、旦那さんがどうやって妻と出逢ったかを探偵につらつらと語るシーンが続きます。
だから、夫の目線で描かれる最初のあたりはいかにもイギリス臭い(笑)感じの映画だなぁ〜、と思うのですが、この映画の見どころは後半から。探偵が妻の尾行結果を報告し、その後チャールズが妻に責め寄ると、妻の口から出てきた話は探偵の報告とはゼンゼン違うものだった・・・、という辺りから一気に面白くなっていきます。

数歩後ろから、尾行モロばれでついてくる探偵のおとぼけぶり。最初は気味悪がっているが、次第に探偵のキャラクターに惹かれてゆく妻。でも面白いのは、最初から最後まで二人の間には距離がとられ、決して
...続きを読む ›
4 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
“この映画の事を悪く言う人にお目にかかった事がない”、もしくは、“この映画が嫌いな人とは友達になりたくない”。
今作が公開された当時、映画ファンたちの間で交わされていた会話です。そして、この意見に、私も賛同します。
これは、人恋しさと、恋が始まる時のときめきと、ちょっと冒険してみる好奇心と、新たな環境への息苦しさと、相手を想い、愛しコミュニケートする事の切なさと不安と、でもやっぱりその大切さと素晴らしさを謳い上げた物語。
キュートで可笑しくて、何より優しさに溢れた宝箱の如き作品。
「第三の男」で有名なイギリスの重鎮キャロル・リードが、晩年にこんなファニーな小品を撮ったのが驚きでもあり、素敵でもあります。
シャレたラブ・コメディでもありながら、それでいて、ミステリアスなタッチが絶妙な隠し味となっています。脚本は「アマデウス」のピーター・シェイファーですからね、面白いのは当然です。
ミア・ファローの魅力が最大限に生かされた作品、ジョン・バリーの主題歌も良かったなぁ。(実は今作の原題は“The Public Eye”なんだけど、“♪ Follow,Follow ♪”と連呼されるサビのフレーズがあまりに印象的で、誰もが「フォロー・ミー」こそ原題だと思っていました)
映画の世界で生きる人たちの間でもファンが多くて、例えば、
...続きを読む ›
2 コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す