通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
フォルトゥナの瞳 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 状態良好。全体的にキレイな状態です。◇通常2営業日以内の発送となります。クリックポスト・ヤマト運輸等で発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フォルトゥナの瞳 (新潮文庫) 文庫 – 2015/11/28

5つ星のうち 3.1 104件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 767 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • フォルトゥナの瞳 (新潮文庫)
  • +
  • 夢を売る男 (幻冬舎文庫)
  • +
  • 輝く夜 (講談社文庫)
総額: ¥2,009
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon.co.jp限定】シン・ゴジラWalker完全形態
麻宮騎亜描きおろし特大A2ポスター付 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

幼い頃に家族を火事で失い天涯孤独の身となった木山慎一郎は友人も恋人もなく、自動車塗装工として黙々と働くだけの日々を送っていた。だが突然「他人の死の運命」を視る力を手に入れ、生活は一変する。はじめて女性と愛し合うことを知った慎一郎の「死の迫る人を救いたい」という思いは、無情にも彼を窮地へと追いやり……。生死を賭けた衝撃のラストに心震える、愛と運命の物語。

内容(「BOOK」データベースより)

幼い頃に家族を火事で失い天涯孤独の身となった木山慎一郎は友人も恋人もなく、自動車塗装工として黙々と働くだけの日々を送っていた。だが突然「他人の死の運命」を視る力を手に入れ、生活は一変する。はじめて女性と愛し合うことを知った慎一郎の「死の迫る人を救いたい」という思いは、無情にも彼を窮地へと追いやり…。生死を賭けた衝撃のラストに心震える、愛と運命の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 494ページ
  • 出版社: 新潮社 (2015/11/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101201919
  • ISBN-13: 978-4101201917
  • 発売日: 2015/11/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 104件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,251位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 皆さんが注目しているところと違うところで衝撃を受けました。
 好意を寄せあっていたと思われる慎一郎と真理子。慎一郎が一歩を踏み出せないために真理子のその後の人生は・・・・・・。もし慎一郎が告白していたら・・・・・。その事に衝撃を受けました。その事が葵との出会いに活かされるわけですが・・・・・・。
 私は今まで好きな人に2度、勇気を持って告白してきました。玉砕もありましたが今のかみさん、登場人物の真理子に近い状況だったんですがうぬぼれではないですがもし私が告白していなかったら・・・・・。
 私はもうすぐ50ですが世の若者の皆さん、好意を抱いている人がいたら是非告白してください。それが未来を変えることもあります。(もし断られたら好きな人を思えばこそ名誉ある撤退をしましょう)若いころの玉砕も今となってはよい思い出です。百田さん風に、「あいつわしを振って絶対不幸になっとるで!」と思えますよ(^^って心の広い?百田さんはそんなこと思わないでしょうが(笑)
 ちなみにこの感想をかみさんと息子に話したら、「視点がずれすぎてんじゃん!百田さんに失礼やで!!」と一笑に付されました(苦笑)
 
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
現代もありそうな設定が、面白いね。もしかしたら私にもそんな能力があるのではないかと、考えてしまう。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
主人公の男性の純粋な思いが伝わってきて、とても魅力的な作品でした。
文章内の表現が、古いとかいうレビューもありましたが、純朴な主人公にぴったりな表現で
私は表現に文句の付け所があるとは思えません。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
伝記もの、スポーツ喜劇、戦争物と来て、今度は、エスエフ小説と来たかと思い読んでみたが、やはり、面白いが、最後は少し強引すぎる、結末か。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mikan 投稿日 2015/12/30
形式: 文庫
突然不思議な能力に目覚めてしまった主人公の葛藤や心の動きが細かに描かれていて、実際にはあり得ないことだけれど自分ならどう思うだろう、どうするだろうと考えさせられながらぐいぐい引き込まれ、一気に読み終えました。
それまで心を閉ざして生きていた主人公が、今の自分に何ができるかを一生懸命に考えて少しずつ変わっていく過程がよく伝わってきましたし、切ないですがラストもよかったです。わたしは読んでよかったと思います。
ただ百田さんのほかの作品はまだ読んだことがなく、魅力的な作品がたくさんありそうなので、これからいろいろ読みたいと思います。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
書評はたくさんあるので、体がすけて見える話を、、
似たような話を本で読みました 呼び覚まされる 霊性の震災学 です
これは東北大震災の後の霊体験の話を生々しく証言する人の言葉を
載せています。 百田さんのは死ぬ前の話だから違うんだけど
なんとなく似ているかなと、、、 でも、透明に見える人なんかいないと思う
が、いるかもしれない、気づいてないだけで。
私も 透明じゃないけど、似たような体験をしたことがある。
タクシーの助手席に載っていた時、後ろの席に上役がいたんだけど(もうかなり前の話)
一瞬その人がいなくなったような気がしたの、振り向いたらいるんだけど。
でも、その方半月後くらいに肝臓がんで死にました。 入院して速攻で亡くなりました。
私自身、物理屋で、神とか幽霊とか全く信じていないんだけど かったんだけど、
なんか最近怖い。

本の感想とは全く違うね、すいません。
百田さんの文章は好きよ。すごく読みやすくて。
終わり方が少し残念。花束はないと思うな、、
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
60ページくらいまで読んで、あぁこういう能力の主人公なんだな、内容は平凡だなぁと落胆して2週間放置してました。
休みの日に暇だったので、その続きを読み出しました。
そしたらその先から進むスピードが上がり、夜には読み終わってました
内容は書きませんが、確かにレビューの方々のご意見通りです。
途中で読むのをやめたのも主人公の心情がいちいち長過ぎるため。最終的にはそこは飛ばしても差し支えなかったです。

ただ、読み終わってから逆に、彼女の立場から想像すると、また別の見方が出来て、とても心に響く珍しい作品でした。
結ばれた後の彼女の涙も文中では主人公の立場で描かれてますが、彼女の立場で想像すると納得出来ます。
付き合いだしてからの、主人公に対する対応にも納得がいきます。
意外にも読んでる時よりも読み終わった後にいろいろ考えさせられてしまう作品だと思います。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー