この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

風雨来記2 nice price!

プラットフォーム : PlayStation2
5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 5,000より 中古品の出品:3¥ 3,950より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • ASIN: B00133GIAO
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2008/4/24
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 29,929位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

商品の説明

●みんなが、知らない、「オキナワ」へ
本格的旅行アドベンチャーとして追随を許さない境地を確立した「風雨来記」シリーズ第二弾。舞台を沖縄に移して、ふたたびバイクによる旅が始まります。深い歴史を感じさせる「神の島」でのストーリーは、あなたが決して知らない「オキナワ」の姿を知る旅になるでしょう。

●第二の舞台は「神の島」沖縄
ルポライター「相馬轍」二度目の旅は、沖縄。城(グスク)の時代から先の大戦に至るまで、数奇な運命に翻弄された「神の島」を、バイクを駆って走り回ります。一ヶ月に及ぶ取材旅行では、決して短期の滞在では訪れることのできない場所を含めた100箇所近くのポイントを訪れることができます。

●リゾートだけではない、沖縄の「顔」
二回目の旅も、「貧乏旅行」です。決してリゾートライフを楽しむものではありません。沖縄本島はもとより、石垣島まで足を伸ばし、自然・歴史・文化をふんだんに感じさせる旅を楽しみます。期間は一ヶ月間。ルポライターとして、「美ら島展」に入選するため、沖縄の本当の魅力を探し回りましょう。

●渾身のヒロインシナリオ三本
もちろん、涙なしでは読破できないヒロインシナリオも三本立てで展開。「久遠」を彷彿とさせる伝奇色あふれるシナリオを含め、バラエティに富むストーリーを用意しました。CV・・・本井えみ(芹沢暦)/儀武ゆう子(上原海琴)/沢野令果(真鶴・天継・テイラー)他。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ストーリー△
前作から三年。ふうらいを通して前作の主人公が美ら島展にルポライターとして依頼されるといった展開。前作の泥臭い、野宿を繰り返し旅をし取材をするのとは一転、今回はガイアスという拠点がある。(まぁ、これに関して賛否両論あるだろうけど、個人的には否定)

グラフィック◎
前作よりも格段に上がった解像度により、実写が更に美しく、キャラ達のグラフィックもそこに違和感なく溶け込む。

移動◎
1の移動の方が断然好きという意見の方が多いみたいだけど、個人的にはこっちの方がいい。ただ移動場所にいちいちコストがあるのは頂けないかと…

フィルム数制限×
前作は何枚でもバシバシ撮れたけど、今回は24枚縛り。なので、いい写真撮れてもいちいち消さなきゃならん。

芹沢暦パート
一番最後に攻略したんだけど…他の2人のパートいらないんじゃないかって位に美しい物語。ただ暦の前半、綾波レイ属性〜後半の性格の変わりようは違和感アリアリ
一番好みのタイプ
まぁ、一番美しく眩しい物語はやはり光かな…

上原海琴パート
んー、特に印象に残らない程、普通の物語。海琴の想いがハッキリするまで歯切れが悪く、無理矢理、伸ばしてる感が…
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告