中古品
¥ 795
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー付。ある程度の擦れ・汚れ・焼けなど若干の使用感があります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フェルマータ (白水Uブックス―海外小説の誘惑) 単行本 – 1998/8

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他(14)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 3,536 ¥ 550
単行本, 1998/8
¥ 795
MP3 CD
"もう一度試してください。"
¥ 950
カセット, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 10,399 ¥ 10,570
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

 Hで愉快な電話小説『もしもし』と、極微的身の回り品考察小説『中二階』で読者の腹をよじらせた著者が、今度はどんな手で面白がらせてくれるのかと思えば、なんとこれが、時間を止めて女性の服を脱がせる特技をもつ男の自伝(!?)である。もちろんあの桁外れの想像力と微細な描写も健在。

内容(「BOOK」データベースより)

時間を止めて女性の服を脱がせる特技をもつ男の自伝。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 340ページ
  • 出版社: 白水社 (1998/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560071241
  • ISBN-13: 978-4560071243
  • 発売日: 1998/08
  • 梱包サイズ: 17.4 x 11.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 191,691位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本作品が本国アメリカでベストセラーになった、大きな要因は、間違いなく本作品がポルノ小説だからだろう。
にもかかわらず、ニコルソン・ベイカーが読巧者をも唸らせるような小説家でもあるため、ポルノであるからといって、読むのに言い訳が不要、ということか。
内容的には、二作目の「もしもし」と大差ない。性的な妄想をどこまで追求できるかという内容である。ただ、「もしもし」が、男女が共に性的な妄想を披露しあう、という設定だったため、女性にもとっつきやすかったが、本作品は、男性の一方的な妄想の話であるため、女性にはとっつきわるいだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
他人からはイマイチ理解できないような種類の労力をかけられた、ばかばかしいまでに過剰な作品というものが、ときどきある。
たとえばポールバーホーベン監督は「インビジブル」で、かなりな資本をかけて透明人間を映像化していたが、それだけの金をかけて実現したストーリーは、「透明になったら、やっぱしすることってHなことだよね」的な、超いいかげんなものだった。
そこがすばらしいわけだが、この作品もそうだ。
時間を止めることができる男が、セクシャルなことにどれだけ微妙な工夫を凝らせることができるか、というしょうもない内容を、実にのびのびと見せつける。
もっとも、おなじくエロチックな内容だった「もしもし」においては男女が対等な立場で性的な妄想を披露しあっていたわけだが、今回は男性の妄想の一方通行だから、「もしもし」ほど女性の人気は集めることができないのではないか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本作品が本国アメリカでベストセラーになった、大きな要因は、間違いなく本作品がポルノ小説だからだろう。
にもかかわらず、ニコルソン・ベイカーが読巧者をも唸らせるような小説家でもあるため、ポルノであるからといって、読むのに言い訳が不要、ということか。
内容的には、二作目の「もしもし」と大差ない。性的な妄想をどこまで追求できるかという内容である。ただ、「もしもし」が、男女が共に性的な妄想を披露しあう、という設定だったため、女性にもとっつきやすかったが、本作品は、男性の一方的な妄想の話であるため、女性にはとっつきわるいだろう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ニコルソン・ベイカーはあまりトリッキーな筋立ては会わないと思う・・・。これは時間が止めてしまえるようになった主人公がいろいろおイタをする話ですが、トリッキーな部分が余分。この人には牛乳パックの形とか靴ひもが切れる瞬間とか、耳栓のこととかを延々と考えていて欲しいなー。金太郎飴でもいいじゃん!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告