通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイル... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆少し、カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで 単行本 – 2000/1/1

5つ星のうち 4.8 306件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 853 ¥ 35

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
  • +
  • 暗号解読〈上〉 (新潮文庫)
総額: ¥3,164
ポイントの合計: 96pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」以後、あまりにも有名になったこの数学界最大の超難問「フェルマーの最終定理」への挑戦が始まったが――。天才数学者ワイルズの完全証明に至る波乱のドラマを軸に、3世紀に及ぶ数学者たちの苦闘を描く、感動の数学ノンフィクション! --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

3以上の自然数nに対してXn+Yn=Znを満たすような自然数X、Y、Zはない。「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」。17世紀にフェルマーが残した超難問を、数学者ワイルズが1995年に完全証明した。ピュタゴラスに始まる数論、解決のカギとなった「谷山=志村予想」など、数学をめぐる「歴史ドラマ」を、分かりやすく感動的に描いた傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 397ページ
  • 出版社: 新潮社 (2000/1/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4105393014
  • ISBN-13: 978-4105393014
  • 発売日: 2000/1/1
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 306件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 76,063位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
この圧倒的な面白さを持つ本を読んで、
その感動を伝えたくて、かなり長い文をブログに書きました。

【数学の本で感動!「フェルマーの最終定理」という本の予測を超える面白さを出来るだけ易しく説明】
というものです。「ジャズの名盤」というサイトから入って読んで頂けると嬉しいのですが、そんな手間は無理ですかね?

しかし、この本の面白さを簡単に書くこと(それも図表などを使わないで文章だけで)は私には無理なのです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
理系の全ての研究者が共感でき、しかも数学の歴史が勉強できる傑作だと思います。これを執筆したサイモン・シンの文才(および博学)が良いし、翻訳の青木薫さんも上手い表現で執筆されていて、数学に興味がない人にも判りやすいと思います。研究熱が掻き立てられる心揺さぶられる作品でした。死ぬまでにもう一度読みたい作品です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
数学の奥深さ、学者の情熱にとても引き込まれました。主題は専門的な内容ですが、一般の人でもわかりやすく書かれていています。こんなに学問が熱いものだと初めて知りました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
素晴らしい本です。
数学を題材に知恵、知識を求めて行われるさまざまな事件が描かれます。
とても参考になります。
また、読み物として面白いです。さまざまな人間ドラマがあります。

そして、日本人の数学者も登場します。大活躍します。
日本人として愛国心を引きたてる書物としても、おすすめです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
素晴らしいレビューが多数あるので詳しい内容にはふれませんが、本当におもしろかった。厚めの本だったのでしばらく積読になっていましたが、読み始めたら止まらなかった。フェルマーの定理の証明には日本人も深く関わっていたんですね。学生時代数学的帰納法を習った時には何て美しいんだと思いましたが、数学者の多くはそういう思いに突き動かされているんだなと新ためて感じました。星5つでは足りないくらい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「円周率を算出する数式」って、どんなものか、興味がありました。
多分、難しいのだろうなあと思っていました。
でも、ここで、教えてくれました。
こんなんなら、この数式、暗記できそう!
ホドホドの長さ までに、しますけど・・・。、
数学の世界を、一般生活と照らし合わせて、述べてくれるとこなんか、
背中がゾクゾクとしてしまいそうに、親しみを持てる。
「このグループの中で、同じ誕生日の人、いると思いますか?」
という問に、そのグループの人数を数えてから、
おもむろに、当たる確率の高い答えが出せる、なんてことも、知っちゃいました。

理解できるかどうかは別として、この分なら、最後まで読み続けられそう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
まあフェルマーの最終定理をちゃんと理解したわけではないのだが、分からないなりに漸近線で分かるぎりぎりまで書くこの力量はもう妬ましくなるばかりである。また翻訳がいい。自身理学博士である青木薫に、新潮社の最強編集力が与って過不足のない翻訳。ああもう妬ましいばかりの名著名訳である。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
間違って買ってしまい、数学⁉︎ノンフィクション⁉︎に愕然としたが、もったいないので読み始めた。
はじめ、1ページ読んでは眠り…の繰り返しで「睡眠導入に最適」だったが、読み進めるにつれ、今度は面白くて眠れなくなってしまった。
数学、ノンフィクション、驚きです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
虚数を考え出した経緯から群論や微分幾何学などの分野まで幅広く網羅していた。読破するコツは、最初に 『訳者あとがき』 を読む! ちなみに、100ページ目にπ(パイ)が載っている。3.14159265358979323846264338327950288419716939937510582097494459230781640628620899862... バッハ、ヘンデル、ハイドン、モーツァルト、ベートーベン、ウェーバー、ロッシーニ、シューベルト、メンデルスゾーン、ショパン、シューマン、リスト、ベルリオーズ、ワーグナー、ヴェルディ-、フォースター、ブラームス、ビゼー、チャイコフスキー、・・・ 面白かった!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LAW人 #1殿堂トップ100レビュアー 投稿日 2013/10/2
形式: 文庫 Amazonで購入
既に数多くの高評価レビューにある通り、本文だけで450頁を越えるボリュームながら、一気に読み進めさせる魅力がある。『n > 2 のとき、x^n + y^n = z^n を満たす整数解はない』という、300有余年続いた命題の真偽(フェルマーの定理)の証明に決着をつけた、数学史と言うより端的にはアンドリュー・ワイルズ(とその関係者ら)の半生記と言った方が正しいだろう。ワイルズの証明方法には日本人研究者二人の成果も貢献しており、その彼らの研究・エピソード等も詳述されている。

内容は、題材の奥深さに反し、決して数学マニアらその方面の専門家等を対象としたものではなく、一般人を充分に意識して平易な論理解説ないし理解しやすい比喩で展開されており、高等数学の知識等は本書の趣旨に従う限り不要であり、また極力排除されている印象がある。ただ一部に高校生程度の数式・論理を要する解説も見受けられるが、読み進める上ではかかる理解は必ずしも必要不可欠ではない。とは言え、フェルマーの定理の証明が楕円方程式及びモジュラー形式との関係性に依拠する云々の行りは、文系出身の私では全く理解できなかった。かと言って、前述のようにそのこと自体は本書の価値を何ら減ずるものではない。何しろ、著者をして「ワイルズによるフェルマーの最終定理の証明にしても、論理を完全に理解できる者は数論研究者の10%にも満たないだ
...続きを読む ›
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー