この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フェティシズム全書 (日本語) 単行本 – 2016/5/11

5つ星のうち4.0 2個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2016/5/11
¥8,756
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

死姦を好んだ古代エジプト人、少年の小さなペニスと交わった古代ギリシア人、無毛の女性器を尊んだ古代ローマ人…。そして、現代の下着、制服、ボンテージ、体液・分泌物フェチ…。人類は、先史時代から21世紀の今日まで、あらゆるものを偏執的な性欲の対象としてきた。本書は、精神分析からポルノグラフィまで、ハイヒールからペットまで、幼児から老人まで、文明の曙から現在までの、人類の尽きざる逸脱と退廃のフェティシズムの世界を集大成し、性の奇怪な深淵を描ききった、世界初の“フェチの百科全書”である。図版1200点収載。

著者について

ジャン・ストレフ
1947年、パリ生まれ。フランスの作家、評論家、映画監督。とくに、サディズム、マゾヒズム、ボンテージなどの性的倒錯やフェティシズムについては、フランスを代表する探究者として著名。これまで数多くの評論や小説、映画作品を発表しており、また、テレビや雑誌でのインタヴュー、展覧会などでの講演も多い。『フェティシズム全書』によって、2005年度「マルキ・ド・サド賞」を受賞。現在は、同賞の選考委員も務めている
加藤雅郁 フランス文学者。早稲田大学文学部ほかで講師を務めた。
橋本克己 フランス文学者。千葉商科大学商経学部教授。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
評価の数 2
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2016年9月14日に日本でレビュー済み
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告