中古品
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー背表紙若干色あせあり。若干小スレありますが、通読に問題なくおおむね良好です。迅速な対応と丁寧なぷちぷち梱包で発送をしております。中古品の為、経年劣化によるヤケ、シミ、イタミがある場合がありますが通読には問題ない商品をお出しております。クリーニングしてます。amazon専用在庫商品です。宜しくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


フェスティバル・ライフ―僕がみた日本の野外フェス10年のすべて (マーブルブックス) 単行本 – 2006/5/1

5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 233
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

日本のビッグ野外フェスティバル開始から10年余、フェスが育んだもうひとつ
の生き方を、名オーガナイザーやミュージシャン、著者の体験を通じて描く。

出版社からのコメント

~1997年より毎年夏に新潟県苗場スキー場で大規模に行なわれる「フジロックフェスティバル」が、昨2003年は過去最高の10万人を動員したことが象徴するように、もはや野外の音楽フェスティバルは、日本で完全に定着したと言っていいだろう。また、夏だけではなく、規模の大小問わず日本各地でさまざまなかたちで行なわれており、自治体と連携する例や近年のエコロジー意識の高まりとも相まって、実に豊かな広がりと盛り上がりを見せている。
そんなタイミングの今、日本におけるフェスティバルを裏方として支え続けてきた著者は、音楽と自然に囲まれて、人と出会い、絆を深め、また新しい自己を発見し、世界を広げてきている。「スロー・ライフ」や「田舎暮らし」など、これまでの価値観が行き詰まり、新しい生き方を模索しはじめている今の時代の日本において、著者が「音楽野外フェスティバル」に見つけたものは、まさにこれからの時代の指針となりうる価値観であった──「フェス」を通じて著者が出会った人たちとの対話を通して、「フェスの魅力」と「自分の人生を生きること」を楽しく説いた1冊が、本書である。~

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: マーブルトロン (2006/5/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4123901255
  • ISBN-13: 978-4123901253
  • 発売日: 2006/5/1
  • 梱包サイズ: 19.2 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 759,801位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち2.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2007年10月29日
形式: 単行本
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告