通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆若干、小口に薄い汚れがあります。小さな角折れがあります。若干、カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた) ペーパーバック – 2011/1/13

5つ星のうち 4.2 72件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 980 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
  • +
  • ジェフ・ベゾス 果てなき野望
  • +
  • イーロン・マスク 未来を創る男
総額: ¥5,724
ポイントの合計: 174pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

■26歳の天才、マーク・ザッカーバーグの実像
フェイスブックの若き天才CEO(最高経営責任者)、マーク・ザッカーバーグ。彼が掲げる
「フェイスブックで世界をもっとオープンな場所にする!」という揺るぎないビジョ
ンと魅力に、ハーバード大の仲間やシリコンバレーの起業家、ベンチャーキャピタル、
大企業の経営者たちが次々と吸い寄せられる。プログラマーはザッカーバーグととも
に徹夜でサービスをつくり、ナップスター創業者のション・パーカーは入社し、マイ
クロソフトのスティーブ・バルマーCEOやヤフーはどうにかして買収しようと、躍起に
なる。提示される買収金額は8億ドル、10億ドル、20億ドル、150億ドル…と飛躍的
に増えたが、それでもザッカーバーグはフェイスブックを売らなかった。本書では、
26歳の天才CEOの成功と苦悩、そして野望を生き生きと描き出す。

■グーグルを脅かす巨大サービス「facebook」の威力
フェイスブックのユーザー数は5億人を超え、毎月5%と驚異的なスピードで成長している。
すでに世界中で、個人や企業、政治家のコミュニケーションツールとして、企業のプ
ロモーションツールとして、駆使されている。ユーザーはフェイスブックに夢中にな
り、平均で毎日1時間弱も利用している。世界各国の事例とともに、ソーシャルネッ
トワークの雄、ネットの巨人グーグルを脅かす存在と言われるフェイスブックの威力
を紹介する。

■ベテランジャーナリストの徹底取材による至極のノンフィクション
著者は、フォーチュン誌 のIT分野を専門とするベテラン記者だったが、本書執筆のためにフ
リーに転身。マスコミ嫌いであるマーク・ザッカーバーグから絶対的な信頼を得て、
独占取材から得たザッカーバーグ生の声を紹介する。ザッカーバーグやフェイスブッ
ク社員のほか、大学時代の友人やベンチャーキャピタリスト、有名経営者など広い範
囲にも綿密に取材して記した至極のノンフィクション。

本書は、フィナンシャル・タイムズとゴールドマン・サックスが開催する「Business Book
of the Year 2010」のファイナリスト。
ファンページで、読者の声、書評、イベント、電子書籍、立ち読みなどの情報をご覧ください
http://www.facebook.com/fbYabou

内容(「BOOK」データベースより)

ユーザー数が5億人を超え、会社の時価総額が2兆円を超え、グーグルを驚かす存在となった巨人、フェイスブック。同社を率いるマスコミ嫌いのCEO、マーク・ザッカーバーグからの信頼を勝ち得た元フォーチューン誌のベテラン記者が、徹底取材からフェイスブックの真実を初めて明かす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 544ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2011/1/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822248372
  • ISBN-13: 978-4822248376
  • 発売日: 2011/1/13
  • 商品パッケージの寸法: 18.5 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 72件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,642位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
フェイスブックは2004年にハーバート大学で誕生しました。
作ったのはマーク・ザッカーバーグで、当時21でした。
同じ大学の交流サイトとしてスタートし学生仲間たちの情報や受講している科目、参加しているクラブ活動をお互いに知り、友達の輪を広げる大学内に限定した閉鎖的なサイトで、お互いをよく知るための必要から実名主義でした。

人気沸騰で、やがて他の大学も参加し会員は急増します。
2006年に一般に開放し、ユーザー数、売上は毎年伸び続け、今では世界のユーザー数は17億人で、売上3.3兆円です。
インターネット利用者数は52億人ですから、3人に一人が利用しています。

世界中で、個人、企業、行政、学問、政治、文化のコミュニケーションツール、プロモーションツールとして利用されています。
この数字は、フェイスブックが水道や電気とおなじような社会的なインフラとしての存在であることを表しています。
わずか20年そこそこで、世界にこれほど急激な変化をもたらした仕組みを構築したことに驚愕します。

この本は、フェイスブックの誕生から、2010年頃までを描いています。
驚くのはマーク・ザッカーバーグの経営手腕です。
20歳そこそこの童顔の若者ですが、フェイスブック
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
世界でユーザーが5億人を超えるというFacebook。
日本でもかなり定着してきているが、
実名登録が基本とか、頻繁に行われる機能変更など
mixi などの国内の既存SNSからすると異質な感があったのは否めない。

だが、その成り立ちから語られた本書を読むと、
賛同するかどうかはさておき、
その企業としての哲学、理念など理解することができるだろう。

前半まではFacebookが成長する過程が丁寧に描かれ面白いが、
後半になってくると、プライバシーの件など
成長したが故に起こる問題点などの話が中心となってくるため、
読み物としては起伏がなくなり、テンポが落ちる。

そのため、映画のようなドラマティックな物語を期待すると外されると思われる。
むしろ、今や世界を代表するサービスとなったFacebookを
理解する、考察する上では良い本だろう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
 映画「ソーシャル・ネットワーク」(好き嫌いはあると思うが傑作)を観て本書を読んだ。映画版はザッカーバーグ本人に取材を拒否され、「服装以外は嘘」とまで言われてしまったが、本書は本人から執筆を促されて全面協力の元に書かれたものである。

 映画版はフェイスブック創成期の若者たちの熱狂と葛藤が描かれ、特に当初のCFOで出資者であるサベリンとザッカーバーグ、歌手のジャスティン・ティンバーレイクが好演した初代社長のショーン・パーカー(ナップスター創立者)、3人の愛憎を一つの柱にしているが、これはフィクションであることは割り引いて考えた方が良いだろう。

 本書を読むと、サベリンの役割は最初のうちだけであり、ハーヴァード大学の寮の一室からうまれた一種のサークルが会社として成長するためには、多種多様な人材が必要だったことが良く分かる。特に、創立メンバーでプログラムには素人だったモスコヴィッツや、広報担当として活躍したクリス・ヒューズ(後に退職しオバマ選挙戦のスタッフになる)などは、映画ではあまりクローズアップされていないが重要なメンバーである。更に、カリフォルニア州パロアルトに移ってからは、自分の創立した会社2つから追い出されたショーン・パーカーが「投資家には気をつけろ」とアドバイスしたり、資金導入に重要な役割を果たすマット・コーラーが入ったことで会社と
...続きを読む ›
コメント 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
映画「ソーシャル・ネットワーク」の原作となった、ベン・メズリックの『フェイスブック』との最大の違いは、マーク・ザッカーバーグ本人を取材していること。さらに、熱狂と混乱の創業初期だけでなく、その後の急成長のなかで、いかにサービスを拡充し、人材と資金を確保していったかを詳述している点である。企業の創業物語というのは、業種や時代は違えど、よく似ているもの。「すごいアイデア」を思いついたという興奮、寝る間も惜しんで働く熱狂、成功にむらがる有象無象、仲間割れの危機……。本当に面白いのは、その先だ。

フェイスブックがニュースフィードのサービスを導入した際のユーザーからの大反発、ツイッターやグーグルとの闘い、つねにつきまとう個人情報取り扱いについての不信感、それら、どれ一つとっても会社を潰しかねない問題を乗り越えながら、6億人のユーザーをさらに拡大しつつあるフェイスブックは、これからどこへ行くのか。著者は、フェイスブックに直接間接かかわる多くの人間の視点を通して、現在進行形のフェイスブックの姿を立体的に描きつつ、この会社の直面する倫理的、哲学的問題へも斬り込んでいる。

爆発的成長の原動力となった、ザッカーバーグの過激な信念に基づく「究極の透明性」の追究がどこまで可能なのか。ザッカーバーグの言う「アイデンティティーはひとつだけ」という考え方が、万人に受け
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー