現在在庫切れです。
この商品の再入荷予定は立っておりません。

フェイジョア マンモス:花も美しい庭園向き果樹 18cmポット:樹高約60cm 【九州圃場より直送】

5つ星のうち3.0 2個の評価

現在在庫切れです。 在庫状況について
この商品の再入荷予定は立っておりません。
  • 学名:Feijoa sellowiana ‘Mammoth’ 英名:Feijoa フトモモ科の常緑低木 収穫は11月上~中旬。 フェイジョア:マンモス(大苗)は、自家結実性はありませんので、他品種を混植して下さい。 中生品種。自家結実性なし。大果。多汁質で香り高い。貯蔵性はよくない人気品種。
  • フェイジョア・マンモスは、トロピカルでエキゾチックな花を6月に咲かせます。 香りも風味も最高。 大実品種。果肉も美しく最高級の果実が取れます。この品種の特徴は実が大きいことと、 果汁が豊富!。 常緑低木で、グアバに似た熱帯果樹。パイナップルとバナナを混ぜたような上品な香りと、キウイ以上の甘みがあります。果実は西洋ナシと桃をミックスしたような風味。初心者に超おすすめです!
  • フェイジョアは大木になるものではないので、スペースがあれば植えておきたい果樹です。花はエキゾチックで、果実もグリーンで特徴があり、香りも良いです。果実は10月下旬から12月中旬にかけて熟します。 栽培は容易で、無農薬でできます。
  • 栽培は容易で、無農薬でできます。フェイジョア(feijoa)は、亜熱帯地域原産の果樹で主にニュージーランドで栽培されています。フェイジョアの名前の由来は植物学者フェイホアに因んだものです。別名、パイナップルグアバとも呼び、果実はパイナップルとバナナとリンゴを混ぜたような味で甘い香りを漂わせます。また、エキゾチックで華やかな花はエディブル・フラワー(edible flower)として食用にも利用できます。日本に導入されたのは昭和初期頃で、当時はフルーツとしてではなく南国の花木として扱われていました。
  • 日本に導入されたのは昭和初期頃で、当時はフルーツとしてではなく南国の花木として扱われていました。近年では、花も実も楽しめる果樹として認知され人気が高まっています。栽培は、耐寒性があり関東中部以西であれば一年中、戸外で育てることができます。生育は旺盛で病害虫の心配もほとんどなく家庭栽培におすすめです。
もっと見る
最大5,000ポイント還元

類似商品と比較する


フェイジョア マンモス:花も美しい庭園向き果樹 18cmポット:樹高約60cm 【九州圃場より直送】
フェイジョア アポロ:花も美しい庭園向き果樹 18cmポット:樹高約60cm 【九州圃場より直送】
フェイジョア5号ポット
フェイジョア (プリティーグリーン) 《果樹苗》
"ポポーの苗木"12cmポット苗(ポット苗なのでほぼ年中植付け可能!)【果樹 3年生実生苗/即出荷】バンレイシ科の中では唯一耐寒性があり、日本でも寒冷地以外では露地植え可能です。果肉は黄色から薄いオレンジ色で、中に柿の種を大きくしたような種がいくつも入っています。熟すと非常に香りが強く、トロピカルフルーツを思わせる甘くなんともいえない香りがします。味はねっとりとした果肉でとても甘味が強く酸味は甘さに隠れてあまり感じません。アメリカでは、アメリカン・カスタードアップルと呼ばれています。落葉果樹ですので晩秋から翌春までは葉の無い状態でのお届けとなります。学名: Asimina triloba バンレイシ科に属する落葉高木。北米原産。明治期に日本に持ち込まれた。ポポーやポポーノキ、ポポ、アケビガキとも呼ばれる。ポポーの樹皮や種子、新葉にはアセトゲニンといわれる強い殺虫成分が含まれており、害虫に対しとても強く、無農薬で栽培できる果物とされています。生産量が減り、今では希少な果樹です!!【自社農場から新鮮苗直送!!】【即出荷】
カスタマー評価 5つ星のうち3.0 (2) 5つ星のうち5.0 (2) 5つ星のうち3.0 (2) (0) 5つ星のうち2.9 (5)
価格 使用不可 ¥7,980 ¥1,554 ¥2,750 ¥5,980
販売者 情報が提供されていません 植物・青果物・食品のセレクトショップITANSE インターフェースネット 日本花卉ガーデンセンター 植物・青果物・食品のセレクトショップITANSE

キャンペーンおよび追加情報

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

この商品を購入した、Amazonコミュニティーのメンバーである出品者、メーカー、またはカスタマーが質問にお答えします。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。


商品の情報

詳細情報

登録情報


商品の説明

学名:Feijoa sellowiana ‘Mammoth’ 英名:Feijoa
フトモモ科の常緑低木 収穫は11月上~中旬。
フェイジョア:マンモス(大苗)は、自家結実性はありませんので、他品種を混植して下さい。
中生品種。自家結実性なし。大果。多汁質で香り高い。貯蔵性はよくない人気品種。
フェイジョア・マンモスは、トロピカルでエキゾチックな花を6月に咲かせます。

香りも風味も最高。 大実品種。果肉も美しく最高級の果実が取れます。この品種の特徴は実が大きいことと、
果汁が豊富!。

常緑低木で、グアバに似た熱帯果樹。パイナップルとバナナを混ぜたような上品な香りと、キウイ以上の甘みがあります。果実は西洋ナシと桃をミックスしたような風味。初心者に超おすすめです!

果実はパイナップルとバナナとリンゴを混ぜたような味で甘い香りを漂わせます。また、エキゾチックで華やかな花はエディブル・フラワー(edible flower)として食用にも利用できます。日本に導入されたのは昭和初期頃で、当時はフルーツとしてではなく南国の花木として扱われていました。近年では、花も実も楽しめる果樹として認知され人気が高まっています。栽培は、耐寒性があり関東中部以西であれば一年中、戸外で育てることができます。生育は旺盛で病害虫の心配もほとんどなく家庭栽培におすすめです。

フェイジョアは大木になるものではないので、スペースがあれば植えておきたい果樹です。花はエキゾチックで、果実もグリーンで特徴があり、香りも良いです。果実は10月下旬から12月中旬にかけて熟します。
栽培は容易で、無農薬でできます。フェイジョア(feijoa)は、亜熱帯地域原産の果樹で主にニュージーランドで栽培されています。

フェイジョアの名前の由来は植物学者フェイホアに因んだものです。

重要なお知らせ

ご注意(免責)> 必ずお読み下さい

※九州の圃場から直送いたします。土日祝日は出荷しておりません。休業日を挟む場合は翌営業日の出荷となります。掲載画像はイメージですので、お届け商品と荷姿が大きく異なる場合がございます。出荷時期により葉色・樹形などは変化します。落葉花木は晩秋から春にかけては葉のない状態でのお届けとなります。植物には個体差があり、1つ1つが異なる樹形になります。ご了承ください。 ※受注日から約3営業日後の出荷になります。


カスタマー Q&A