¥ 3,024
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
フィールドの寄生虫学―水族寄生虫学の最前線 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フィールドの寄生虫学―水族寄生虫学の最前線 単行本 – 2004/1

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 1,800

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • フィールドの寄生虫学―水族寄生虫学の最前線
  • +
  • 魚介類に寄生する生物 (ベルソーブックス)
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 82pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

現在、わが国では様々な角度から、水族寄生虫の研究が行われている。本書では、その最前線にいる科学者に研究の様子を紹介してもらった。執筆陣は、24名。扱った宿主生物は、プランクトン、ベントス、魚類、両生類、海産哺乳類に加え、海藻類も含まれる。

内容(「MARC」データベースより)

寄生虫はいかに宿主にたどりつくか、宿主の卵を食べて性転換するウミホタルガクレ、貝の中での寄生虫のバトルほか、多彩な分野の執筆陣による、水族寄生虫の生態や生残戦略の最新情報を満載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 354ページ
  • 出版社: 東海大学出版会 (2004/01)
  • ISBN-10: 448601636X
  • ISBN-13: 978-4486016366
  • 発売日: 2004/01
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 749,632位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
寄生虫、生理的に心地よくない感覚がある。しかし寄生虫は極めて限られた条件下においてのみ生存が可能であり、実際はひ弱な生命体である。多くの寄生虫が宿主に寄生し、子孫を残すことのみに特化した形態に進化していることに感動した。さらに寄生虫研究者の地道な努力と、積み上げられた多くの成果には驚くばかりである。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告