¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
フィレンツェ美術散歩 (とんぼの本) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フィレンツェ美術散歩 (とんぼの本) 単行本 – 1991/1

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 398

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • フィレンツェ美術散歩 (とんぼの本)
  • +
  • ヴァチカン物語 (とんぼの本)
  • +
  • ヴェネツィア物語 (とんぼの本)
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 136pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ルネサンス美術が花開いた街フィレンツェ。イタリアの“京都”ともいうべきこの古都は、中世・ルネサンスのおもかげを色濃く残している。ミケランジェロ広場から街全体を眼下におさめ、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、シニョーリア広場、ヴェッキオ宮殿、ウッフィッツィ美術館、サン・マルコ修道院と巡り歩き、ピエロ・デッラ・フランチェスカ、ボッティチェッリ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロなどと出会えば、まさにルネサンスの華のなかにいるようだ。実践的モデルコースを付す。


登録情報

  • 単行本: 127ページ
  • 出版社: 新潮社 (1991/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106019914
  • ISBN-13: 978-4106019913
  • 発売日: 1991/01
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 16.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,817位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 『イタリアものしり紀行』の本のフィレンツェのページで本書が紹介されていたので買ったが、「とんぼの本」のシリーズなのでカラー写真が満載であり、ページを開くのが楽しい。書名の通り、フィレンツェの町を散策しながら、この大聖堂の中にはこんな絵画があり、隣の部屋にはこのような絵がある、そしてその隣の礼拝堂の入り口にはこんな彫刻を見ることができ、その中にはこんな絵がかかっている、という調子でカラー写真と説明文が載っているので、本書の冒頭にあるフィレンツェのイラスト地図を見ながら、実際に散策している気分で美術作品を楽しく鑑賞できるし、町の地理にも詳しくなる。大聖堂や美術館や橋や川の写真を見たら、この町のどこから撮った写真であるか、その建物のそばには何があるか、この礼拝堂の右手の奥にはあの橋があるはずだ、というようなこともわかってくる。
 説明文が詳しくて、各展示室の見取り図も載っており、その展示室にはそれぞれ何があるのか、こと細かく書いてあるのだが、肝心の写真が載っていないものが少なくない。実際にフィレンツェで美術散歩をするときには、この本に写真が載っていなくても、そこへ行けば現物があるのだから、本書は良いガイドブックになるだろうが、この本だけで「美術散歩」をするには現物の写真がないのは大きな欠点である。百聞は一見に如かず、なのだから。
 また、説明文と写真とが同じページあ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
以前フィレンツェに旅行してからすっかりフィレンツェ美術に魅了されてしまいましたが、この本が一番わかりやすく、的を得た解説で、旅行前&帰国後の復習(?)にぴったりでした。
今度またフィレンツェに行くことになったのですが、この本をまた読み直したいと思っています。(もうボロボロになってしまったので、同じ本を購入しようと思っています)
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
フィレンツェの美術館巡りに必要なガイド本数冊買いましたが、結局一番約に立ったのは、この本一冊。どなたかも書かれてますが、予習&復習そして現地でのチェックに必須アイテムです。

本自体は古いので、パラパラと見ただけでは全く興味はそそられませんが、騙されたと思って まずは読み進めて下さい。11年間、フィレンツェに住んだ筆者が語るフィレンツェ愛に溢れたガイドに、もう旅は既に始まっています。

そして、ちょっと横道に逸れたbarやジェラート屋やレストランでの注文の仕方等々、その辺の旅行取材しただけのガイド本では絶対に書いてない現地に住んだ人だからこそのアドバイスが冴え渡ります!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
これから旅行をしようとする人の目線で書かれており、読みやすく、写真も美しく適切に配置されており秀逸。先日、一週間の滞在では、大変参考になった本です。フィレンツェは、見るものが圧倒的に多く、地区別に分けたプランがたてられて歩き回る参考になりました。旅行から帰ってきてもまた読み直したくなる本です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告