¥ 4,104
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フィルム・アンデパンダン1964: ぼく自身のためのCM (REF DVDシリーズ) – 2013/9/11


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
-, 2013/9/11
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 14,328

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



みんなに嬉しい、Amazonプライム
買い物から映画や音楽まで、18のプライム会員特典をチェック
プライム会員限定キャンペーンページを見る

商品の説明

内容紹介

日本のアヴァンギャルド映画の原点、再発見
無審査の美術展「読売アンデパンダン」が第15回(1963年)の開催を最後に、1964年に突如主催者により中止されたことから、同年、飯村隆彦、石崎浩一郎、大林宣彦、高林陽一、金坂健二、佐藤重臣、ドナルド・リチーらの働きかけによって、既成の映画界からは隔絶されたところで生まれた、インディペンデントのフィルム映画の映画祭が開催された。それが「フィルム・アンデパンダン」だ。
1リール約2分間の公募部門では、映画作家だけでなく赤瀨川原平、風倉匠、刀根康尚、平田穂生ら、多岐にわたる分野からの出品があった。今回はこの公募部門から選ばれた作品を50年ぶりにDVD化。まさに日本のアヴァンギャルド映画の原点を、半世紀ぶりに発掘して世に問うものである。そこには、まさか50年前に!という驚異の映像がある。当時の(あるいは、今も)世界の最先端に勝負するイメージがある。飯村隆彦による録り下ろしオーディオ・コメンタリー、飯村隆彦と大林宣彦による対談などを含む、当時の参加者のステートメントや雑誌記事など貴重な資料とともに、後に「アングラ映画」の流れを牽引した歴史的イベントを再現する。


登録情報

  • 出版社: 飯村隆彦映像研究所 (2013/9/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477388035X
  • ISBN-13: 978-4773880359
  • 発売日: 2013/9/11
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 296,570位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう