通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
フィルムメーカーズ―個人映画のつくり方 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ディスクユニオン北浦和店からの出品です。帯付。使用感、汚れすれがありますが、中古品としては概ね状態良好です。丁寧に梱包します。【メール便(規定外のものは宅配便)にて発送致します】。店頭でも販売していますので品切れの場合はご容赦ください。店頭価格とアマゾンマーケットプレイス出品価格は異なる場合があり、13時以降のご注文は発送が翌日になる場合がございます。予め御了承ください。(BU)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

フィルムメーカーズ―個人映画のつくり方 単行本 – 2011/4

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 2,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

フィルムメーカーズ 個人映画のつくり方』は、前衛・実験映画の形成期から現代へといたるまで活躍し続けている国内外の映像作家たちに取材し、その創作の秘密を「作家が同じ作り手へむけて発した言葉」によって構成する画期的な書物である。

目を引くのは、第一章に収録されたスタン・ブラッケージ、マヤ・デレン、ジョナス・メカス、クリス・マルケルらの文章やインタビューの翻訳である。
彼らは商業映画とは一線を画する境域で、映像アートの世界を切り拓いてきた個人映画のパイオニアであった。本書によれば、個人映画とは「個人が絵画や彫刻を制作し、詩や俳句や短歌を書くように、映像によって表現された作品」とのこと。
ポロックの抽象表現を内在化したブラッケージのハンドペインティング映画、身体パフォーマンスと夢の無意識を映像に定着したマヤ・デレンのシュルレアリスム映画、ウォーホルやジョン・レノン、オノ・ヨーコら同時代の芸術家を記録し続けたメカスの日記映画、動画から切りだしたストップモーション写真で映画を構成した『ラ・ジュテ』のクリス・マルケル。彼ら個人映画の作家たちが何を考え、どのように表現技法を磨いてきたのか、豊富な証言が時代の息づきと共に開示されている。日本語では本書でしか読むことのできない、貴重なテクストばかりである。

著者からのコメント

それにも増して『フィルムメーカーズ』が新マストアイテムとしての価値を持つのは、第二章の日本を代表する実験映像作家へのインタビューによってである。
松本俊夫、かわなかのぶひろ、飯村隆彦、金井勝、鈴木志郎康、吉増剛造、出光真子、伊藤高志、原將人、石田尚志のインタビューでは、その代表作の創作過程と方法論が詳述されている。とくに松本俊夫が処女作『銀輪』を撮ったときの実験工房、武満徹、円谷英二とのコラボについてこれだけ詳しく語っている文章は類がない。また、伊藤高志が『SPACY』の写真アニメーションの技法、『THUNDER』や『GHOST』でのバルブ撮影の方法をすべて明らかにしてしまっている。

これはあらゆる映像作家に必携のマニュアルだと言えよう。さらに巻末には黒坂圭太、岩本憲児、上野昂志、西村智弘、クリストフ・シャルル、越後谷卓司、水由章、阪本裕文、岡村恵子ら豪華執筆陣による作家論を一挙に掲載。ビデオカメラの高品質化とノンリニア編集の普及によって「映画」と「映像」の垣根が完全に取り払われた現在、映像作家として生き残るために必要なすべての知がこの一冊には詰まっている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 337ページ
  • 出版社: アーツアンドクラフツ (2011/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4901592637
  • ISBN-13: 978-4901592635
  • 発売日: 2011/04
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15.6 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 938,115位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
フィルムメーカーズ―個人映画のつくり方

『フィルムメーカーズ 個人映画のつくり方』は、前衛・実験映画の形成期から現代にいたるまで活躍し続けている、国内外の映像作家たちに取材している。
そして、その創作の秘密を「作家が同じ作り手へむけて発した言葉」によって構成する、画期的な書物だといえる。

第一章はスタン・ブラッケージ、マヤ・デレン、ジョナス・メカス、クリス・マルケルらの文章やインタビューの翻訳。
第二章は、日本を代表する実験映像作家へのインタビュー。松本俊夫、かわなかのぶひろ、飯村隆彦、金井勝、鈴木志郎康、吉増剛造、出光真子、伊藤高志、原將人、石田尚志のインタビュー。
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
他の方のレビューにあるとおりで、前衛、実験的映画を制作してきた人たちへのインタビューのみでこの本は構成されている。
彼らがどういった信念でどの様に作品を創造してきたかということがよくわかり、読み物としては確かに興味深い。
ただ、サブタイトルにある「個人映画の作り方」という部分に期待して読むと拍子抜けする。
実際のところ、作り方として参考になるような情報は全く載ってないからだ。
前衛を撮りたい読者なら他人の個人映画の発露の源泉を見ても意味が無いだろう。
それこそ自分の信念を発露させるのが前衛の前衛たる所以であって、この本で紹介されるような他人を真似たのでは何の価値もあるまい。

なお、著者は前衛的、実験的映画を「個人映画」と定義しているようなのでお門違いな批判かも知れないが、普通の映画を普通に撮りたいというニーズの方が「個人映画」の制作者ではマジョリティーではないか?

そういったことをあわせて考えれば、極めて読者を限定した内容だとおもう。

この本の読者足りうるのは「実験的映画のファンで、そうした映画の背景を知りたいと感じるサブカル好きなノンクリエイター」、といったところかと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告