フィルターの使い方ガイド

レンズをキズやほこりから守る「保護フィルター」や、被写体本来の色を引き出す「PL(偏光)フィルター」の使い方をご紹介。使い方次第で応用の幅が広がる「角型フィルター」も要チェック。

一眼レフカメラを買ったらまずはレンズ保護プロテクター

Kenko MCプロテクター
Kenko 保護フィルター Gloss Color Frame Filter
お使いのカメラレンズ口径に合うフィルターをセットしよう。

撮影でカメラを操作中についうっかりレンズに触ってしまい、指紋がついてしまった。 シャッターチャンスを逃すまいと、急いでカメラを構えたときににレンズの先端をぶつけてしまった。 長時間の屋外撮影では知らず知らずのうちに、レンズ表面に塵やほこりが付着していたり…と、何かと気になる一眼レフレンズ。 レンズの汚れやキズをしっかり防いで、素敵な一枚を撮影しよう。

※お持ちのレンズのフィルター径に合ったフィルターサイズかどうかもご購入の前に確認しよう。詳細は「 フィルターの選び方ガイド 」へ

レンズの被写体側に取り付けて使用。

「創る」フィルターの代表格 PLフィルター

PLフィルターとは
ポラライズドライトフィルター、または偏光フィルターと呼ばれるものを指し、反射を除去し、被写体の本来の色を引き出すフィルター。
他のフィルター同様、レンズに取り付けて使用。 ネジは2山程度となっているので、回しすぎると外れてくることもあるので注意が必要。

取付可能なレンズは、広角レンズ、望遠レンズ、マクロレンズと幅広く、焦点距離にかかわらず使用することができる。
被写体の表面反射のコントロールをすることで、コントラストを強調させることができるのが特徴。

抑えておきたいポイント ~上手な使い方と注意点~

  • 表面反射除去の最も効果的な撮影位置

水面やガラス面の反射を取り除く撮影では、ななめの位置から撮影するのが効果的。真正面金属面の反射には効果がない。また、反射面に強い光源(太陽や電球)が映り込んでいたり、逆光の位置にある場合も、除去はできない

  • PLフィルターの効果のある青空の方向

青空に対する効果は、太陽を背にして撮影者との位置を結んだ直角方向、及びその左右の方向の青空に効果がある。よくフィルター本体に印字してある【▲】マークを太陽の方向に向けると思われがちだが、それは誤り。

PLフィルターのデメリット

PLを使うとシャッタースピードが2段低下し、手ブレが心配!

PLフィルターを使用すると、シャッタースピードが2段低下するため、手ブレが起こる可能性がある。
快晴の時はさほど気にしなくてもよいが、望遠レンズを使用する際や、曇りの時に使用する場合三脚は必須

フレアが起きやすくなるのも特徴として挙げられる。フレアを防ぐ手段としては、レンズフードを装着することが最も効果的。
なかでも「Kenko メタルフード」「Kenko HOYA マルチレンズフード」 が便利。

フィルターの前ネジにねじ込んで使用するので、回転枠フィルターに装着するとフードを回転させることにより、フィルター効果の調整ができるため、
PLフィルターの反射調整がしやすくなる。

PLフィルターには寿命がある( 寿命は約7年と言われている )。経年劣化により色味が変わってくるため、古いPLフィルターは使わないようにしよう。
また、PLフィルターは熱に弱いため、直射日光のあたる場所においておくと、寿命が短くなってしまう。

「PLフィルター商品一覧」を見る

フィルターの手入れは忘れずに

フィルターもレンズ同様、しっかりと手入れをすることで、寿命や、保管の際のキズや錆を防ぐことができる。

1) 使用後はブロワーブラシを使い、しっかりとホコリを払おう。

2) クロスに専用のクリーニング液をつける。フィルターのコーティングを侵さない「 テクノイオン 」がオススメ。

3) ハイテクレンズクロスや、デジタルミクロクロスを使い、フィルターの中心から円を描くように拭いていく。
<注意>PLフィルターの手入れする際にシリコンクロスは使用してはいけません。

「手入れ・保管用品」を見る