¥1,944
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
フィルカル Vol. 4, No. 2 ―分析哲学... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フィルカル Vol. 4, No. 2 ―分析哲学と文化をつなぐ― 単行本(ソフトカバー) – 2019/7/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/7/1
¥1,944
¥1,944 ¥3,358

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • フィルカル Vol. 4, No. 2 ―分析哲学と文化をつなぐ―
  • +
  • フィルカル Vol. 4, No. 1 ―分析哲学と文化をつなぐ―
  • +
  • フィルカル Vol. 1, No. 1 ―分析哲学と文化をつなぐ―
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 49pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


本はまとめ買いでポイント増量!
2冊を購入はクーポンコード「2BOOKS」、3冊以上は「MATOME」の入力で最大4~10%ポイント還元 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

分析哲学と文化をつなぐ雑誌『フィルカル』のVol. 4, No. 2です。
特集「ネタバレの美学」は、ネタバレをめぐる史上初の真剣な学術的議論。
シリーズ「ドキュメンタリー映画は思考する」は、『祝の島』や『ある精肉店のはなし』の纐纈あや監督へのロングインタビュー。
シリーズ「ポピュラー哲学の現在」では、哲学の玉田龍太朗氏と自己啓発の百川怜央氏の対談をお送りします。
好評の時間論入門は第2回「変化とは何か」、そして「文化の分析哲学」枠には気鋭の若手研究者による鶴見俊輔論が掲載。
読みやすい哲学コラムやレビューも充実して、他では読めない魅力的な話題をつぎつぎに開拓中の雑誌です。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 424ページ
  • 出版社: 株式会社ミュー (2019/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4943995225
  • ISBN-13: 978-4943995227
  • 発売日: 2019/7/1
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 286,893位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう