この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フィラメント デラックス版 [DVD]

5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 大沢たかお, 井川遥, 松重豊
  • 監督: 辻仁成
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2002/11/22
  • 時間: 108 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00006RTUW
  • JAN: 4988102755119
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 28,204位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   写真屋を営む澤田家。父親(自らをオブジェに女装写真を発表してきたアーティスト森村泰昌)は女装癖があり、母親(銀粉蝶)は失踪中、長男の今日太(大沢たかお)はキレやすい性格が災いして職を転々としており、彼が異様なまでの愛情を注いでいる妹の明日美(井川遥)はヤクザと結婚した後で出戻り、今は崩壊しかけている家族を支えようと腐心している…。
   さまざまな問題を抱えた家族の姿とその再生を描く、ミュージシャン&芥川賞作家・辻仁成の本格的監督第3作。彼独自の、現実を舞台としつつもどこかふわふわとしたファンタスティックかつノスタルジックな映像空間は、今回がもっともよく描かれているような気がするが、それにはキャストの魅力も大いにものをいっているだろう。特に映画初出演・井川遥の「癒し系」を逆手にとった妖しい魅力が印象的だ。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

原案・脚本・音楽・監督を辻仁成が担当し、不器用な生き方しかできない家族の再生を綴った作品。出演は大沢たかお、井川遥ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

辻仁成さん、もう少し映画の勉強をした方がいいんじゃない?
キレやすい若者?歴史的にも戦前、戦後の若者よりも今の若者の方がよっぽど文化的だという事実を知らないの?
マスメディアによって作られた浅薄な「キレる若者」イメージだけで説教したつもりかよ。
あんたにとって都合のいい悪者(現代の若者)をでっち上げて、自分の悲観的なナルシズムの材料にしただけだろ?
そんなに社会派に思われたいのかよ?
あきれた恥知らずだね。

あとさ、映画と小説は違うんだよ。何でも台詞で説明させんなよ。
不細工な演出、不細工なカット割り、不細工なカメラワーク、不細工な台詞。
こんなに誉められた点がない映画もめずらしい。
役者さんにも失礼だ。
この監督は映画を見たことがあるのかな?笑

最後に一言。
「お金(レンタル代80円)を返してください」
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ありえない、と言う言葉をやたらに連呼する人、最近多いですよね。
流行り言葉だから使っているのに、
妙に自らの価値観に自信があって、
他人にその存在や出来事を「有り得ない」と言い切ってしまっても、
何処か許されると思っている特別意識がちらついている様で、
何となく、好きになれないし使いたくない・・・・。
けれど、そんな私でさえもこの映画に関しては
『有りえねぇよ!!』
と突っ込んでしまった・・・。
まぁ、井川と大沢の近親相姦にもにた(っーか、そぉなんだけどさ・・・)兄妹愛までは、
百歩譲って有りとしましょう。(なんと言ってもありがちだし・・・。今更意外な展開とは思えないよ)
問題はここから。。
先にいってしまうと、大沢たかおの友人が人を殺しま!す。
その時の台詞。『ゲームみたいに』『リセットできないの、ねぇ、死んじゃったの!?』だってさ・・・。
死んだカブトムシに『電池が切れたのかな?』と言った小学生や(恐らく今は二十代後半くらいでしょうね)
ゲームと現実の区別が今の子供は出来ていない!
と警鐘をならしているつもりの人達に向けてつくったんでしょうか・・・。
本題の家族の再生(父親と彼のラストシーンは個人的に凄く好き)
が私には弱ぁぁく映りました・・・。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
フィラメントそれはすぐに「キれ」てしまうものの象徴。
大沢たかおが演じる主人公のすぐにキれる人物像は現代を象徴する若者の姿。崩壊した家族という「共同体」と社会に出ることの出来ない「内向的な」主人公の妹(井川遥)、女装する父親(森村泰昌)は「父性」の消滅、不在の母親(銀粉蝶)は失われた「安定」と今の日本の抱える社会的現象をすべてと言っていいほど盛り込んでいる。ここまで露骨にやってしまうと作家辻仁成は映画を「記号的に」撮るということを意識的にやっていることがわかる。
私がとりわけ注目したのは「カット」である。これほど撮り方がヨーロッパ的な日本監督は他に北野武や黒沢清を想起させる。無駄にカットをわらず、見せるべき情報量を巧みに見せている。
こうした映画を撮っていれば必ず映画監督の地位を確立できると思う。これからの辻監督に期待したい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画のテーマは「家族の再生」だそうです。
ですが、このテーマを通して見るとあまりうまくは描かれていないと思います。母親が戻ってきて何かが変わった。その程度でしょうか。あとは母親関係無いし・・・。単なる復讐の話になってます。
むしろ、私は今日太と卓爾の関係に面白さを感じました。
すごく印象に残ってる台詞があります。
テレビゲームをしていた時、卓爾は「俺がこのゲームを支配してるように、俺を支配しているやつに『反抗』してるんだ」と言っています。この言葉通り、彼は様々な『反抗』をします。ですが結局彼は死んでしまいます。
ゲームは決められたルールや仕様でやりますから、支配などできるはずがありません。レールの上にすぎないのです。
彼は支配などされていま!せん。自分のレールを作れば良かったのです。
しかし『反抗』で自分自身を支配してしまいました。
卓爾は大人になっていく今日太に憧れ、嫉妬していたと思います。
ですから、あのようなことをしていたのだと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す