フィツカラルド Blu-ray がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 希望社
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

フィツカラルド Blu-ray

5つ星のうち 4.7 21件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 5,586 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 678 (11%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 5,586より 中古品の出品:2¥ 4,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • フィツカラルド Blu-ray
  • +
  • アギーレ/神の怒り Blu-ray
総額: ¥11,172
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: クラウス・キンスキー, クラウディア・カルディナーレ, ホセ・レーゴイ, ミゲル・アンヘル・フェンテス
  • 監督: ヴェルナー・ヘルツォーク
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • 言語: ドイツ語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日 2013/06/29
  • 時間: 151 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 21件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00C7KR9UU
  • JAN: 4523215101004
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 86,275位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

19世紀末の南米ペルー。巨大な蒸気船がアマゾン川を上り、山を越える! ヘルツォークの執念が結実した超大作! !

蒸気船が山を越える! 巨匠ヴェルナー・ヘルツォーク監督の伝説的傑作!
19世紀末の南米ペルー。稀代のテナー、エンリコ・カルーソーの歌を聴いたフィツカラルドは、感激のあまり自分の暮らすジャングルでオペラハウス建設を決意する。彼は多額の建築資金を得るため、ゴム園をつくろうとアマゾン河上流へ向かうのだった…。苛酷なロケにより俳優が次々と降板していった末にフィツカラルドの役を得たクラウス・キンスキーが、妄想に憑かれた男を圧倒的な迫力で演じる。
彼の恋人役には「山猫」「8 1/2」のクラウディア・カルディナーレ。巨大な白い蒸気船が川を上り、山を越える―ヘルツォーク監督は実際に重量320トンの本当の船を建設し、山を越える伝説のシーンを撮影した。まさしく執念が結実した(完成に4年を要した)途方もないエンタテインメント超大作である。

監督と互角で渡り合ったキンスキーはフィツカラルドになりきり、大女優カルディナ―レと呼吸もぴったり。実際の船が山越えするシーンは映画史の伝説となった。途方もないスケールで迫る超弩級映画!

※ヴェルナー・ヘルツォーク フィルム所蔵HDリマスター使用(BOX内容と同じものとなります。)

(c)WERNER HERZOG FILM

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

19世紀末、未開の地・南米ペルーに何とか文明の光を当てようとする、冒険家・フィツカラルドの見果てぬ夢を壮大なスケールで描いた大作。ジャングルの奥地にオペラハウスを建設すべく、7ヵ月に及び数トンの巨船で川を上り、決死の山越えを敢行させる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
内容においても、主演クラウス・キンスキーの役回り、存在感にせよ、「アギーレ・神の怒り」と対を成す作品である。 ややパラノイアックで誇大妄想的なキャラクターという点では共通だが、「アギーレ〜」の鬼気に対して、本作は稚気。自分の夢に生きるドンキホーテ的な純粋さは、終始身につけるヨレヨレの白いスーツと、逆立ち気味のヘアスタイルも相まって、可愛い印象すら与えられる。 アマゾンの密林と原住民達のストレンジな不気味さは「アギーレ〜」同様。そして、何と言っても最大の見せ場、船が山を越えるシーン!特撮じゃなしに、これを本当にやってしまったヘルツォークは凄い。まさに現在では実現不可能な、映画という名の土木事業。監督自身も、楽屋裏ではキンスキーと揉めまくっていたのにも関わらず、主人公フィッツカラルドに同化していると言っても過言ではない。 ラストシーンの夢を諦めないフィッツカラルドの男伊達、心意気が痛快だ。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hw トップ500レビュアー 投稿日 2016/9/18
形式: Blu-ray
アマゾン上流にオペラハウスを建てるという気宇壮大な夢に憑りつかれた一人の男フィッツカラルド。夢を実現すべく、深く険しいジャングルを切り開き、高く聳える急斜面の山を越えた向こう岸のゴム林の開拓を試みる。その資金稼ぎの船旅が、本人の言う「山をも動かす」執念に突き動かされて巨大な蒸気船を山越えさせてしまう。アマゾンの首狩り族のインディオを使役し、滑車を作り、何百人もの原住民たちの力でロープを引き続け、ついには蒸気船を山頂まで運び上げていく。映画史上でも空前絶後の映像ではないだろうか。これはもう狂気というよりほかにない。現実にはあり得ないような映像の凄まじさ。しかもCGを使わない実写である。ヴェルナー・ヘルツォーク監督、クラウス・キンスキー主演のコンビが途方もない映画を創り上げた。

大河アマゾンの奥地目指してゆっくりと遡行していく蒸気船。映画も同じテンポで進んでいく。豊かな水の中に魔物が潜んでいるような不気味さ、鬱蒼とした緑のジャングル、時間が止まったような美しい夕焼け…、千変万化するアマゾン川の幻想と神秘を映し出す映像が美しい。言葉の通じないインディオに対し、カルーソのレコードを鳴らしながら進む蒸気船の狂気と妄想の入り混じった映像は、「地獄の黙示録」を思い起こさせる。遅いテンポについていくのも容易ではないが、2時間半を超える時間の長さを感じさせないのがこの映画の凄い
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ルネ 投稿日 2015/10/18
形式: DVD
南米ペルーの密林にオペラ・ハウスを建設しようと試みる男を描くドラマ。82年のカンヌ映画祭監督賞を受賞している。監督・脚本はヴェルナー・ヘルツォーク。

当初、主役にはジャック・ニコルソンが予定されていたが、病気のためにウォーレン・オーツに交替。しかし、オーツは密林の生活に耐えられず降り、ジェースン・ロバーツが起用されて撮影に入った。しかし、ロバーツも赤痢で倒れて、クラウス・キンスキーで改めて撮り直した。

この間に重要な脇役だったミック・ジャガーとマリオ・アドルフも、気違いめいた撮影についてゆけずに降りてしまうし、ロバーズは赤痢になったことでヘルツォークを訴えるなど、トラブルつづきの映画であった。

男の夢というか、ありえないチャレンジしちゃうエネルギーが圧巻。 予想より
イカれたキャラクターじゃなくて、人間味もあるし愛嬌もある。 パートナー(彼女?)
の女性との仲睦まじさや、彼女の彼への愛が素晴らしかった。 

その女性をクラウディア・カルディナーレという女優さんが演じていて、当時44歳
くらいだったのだが、とてもセクシー。 フェデリコ・フェリーニ監督やルキノ・ヴィスコンティ監督の作品が代表作で、1960年代にはブリジット・バルドー(BB)、マリリン・モンロー(MM)らと
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
 1982年に全国公開は無く、神保町にある「岩波書店」ビルの最上階にあった岩波映画館(今はもう無いかな?)で鑑賞したら、皆さんが書かれているように、実物の船を山登りさせるシーンに驚嘆しました。
 この映画は、何故普通の映画館でロードショウされなかったのか、今では不思議です。
 山超えした船が川下りするシーンも、実際に撮影(滝の部分のみ特撮)され、岸に衝突するシーンでは、何人かのスタッフが死亡したらしいです。
 監督の意気込みが常識を超えていますね。今なら、CG等で誤魔化せますが、この当時は、実物でロケするしか無いのでしたね。
 夢が叶わず、残ったお金を叩いて、船に歌手とオーケストラを乗せて演奏させ、鑑賞する時の笑顔でエンディングを迎えるシーンに、救いがあります。
 「アギーレ・神の怒り」では、スペイン軍全員が死亡してしまうのと対照的です。
 しかし、ある評論家は、「フィツカラルド」は、「アギーレ」に比べて、楽観的すぎている・・・と書いていました。どちらも、南米での出来事ですが、私は、どちらも素晴らしい映画だと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー