通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
フィギュアスケート16-17シーズン始動号 (日刊... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に中程度の切り傷/ひっかき傷. 表紙に小さなしわ、または折り曲げ. Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

フィギュアスケート16-17シーズン始動号 (日刊スポーツグラフ) 雑誌 – 2016/10/20

5つ星のうち 1.3 34件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2016/10/20
"もう一度試してください。"
¥ 1,300
¥ 1,300 ¥ 1,040
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • フィギュアスケート16-17シーズン始動号 (日刊スポーツグラフ)
  • +
  • Ice Jewels(アイスジュエルズ)Vol.04~フィギュアスケート・氷上の宝石~羽生結弦インタビュー「進化の予兆」(KAZIムック)
  • +
  • Number PLUS FIGURE SKATING TRACE OF STARS 2016-2017 フィギュアスケート 銀盤の火花。 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))
総額: ¥4,432
ポイントの合計: 134pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

フィギュアスケートシーズン開幕! !
情熱の鼓動 羽生結弦
オータムクラッシック詳報=「しんどい、でも楽しいし、やっぱり燃えます」


登録情報

  • 雑誌: 80ページ
  • 出版社: 日刊スポーツ出版社 (2016/10/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 481725601X
  • ISBN-13: 978-4817256010
  • 発売日: 2016/10/20
  • 商品パッケージの寸法: 29 x 22.8 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.3 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

既に皆さんが書かれている通り、風見鶏のライターの文章など読みたくありません。
本日のニッカンのスポーツ紙にも高場というライターの文章が載っていましたが、囲み取材で宇野選手とのライバル煽りをした日本人記者に対して「宇野選手だけがライバルではない。四回転ジャンプの話をするならループよりフリップより高い点数のルッツをボーヤン選手が飛んでいるし複数種類の四回転をプログラムに入れているしネイサン選手にも言及すべき。僕は誰がライバルかという話はしたくない。自分のライバルはいつだって自分自身だ」といった内容のライバル煽りを躱すクレバーな回答をしたのに対してそれを「羽生17歳に敵対心」という馬鹿な見出しをつけた上あろうことか本文で「宇野選手が今年四月に史上初の四回転ループを成功させた」と書く愚かなミスをしています。
非常に低レベルな記者と判断しました。
この方の文章は今後読みませんし日刊さんの発行物も余程のことがなければ買わないでしょう。
コメント 227人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sonic トップ500レビュアー 投稿日 2016/10/30
スポーツに関する記事は中立性をもったものである必要があるかもしれませんが
フィギュアスケート雑誌というファンが見る物ですから
こっちで褒めてあっちで叩いて、売上があればいいという人の記事はあとで悲しくなります
うっかり買ってしまって後悔です。スポーツ記事は良く書けるものだなぁと思っていましたが
余所で同時に叩いているのじゃあなんだか利用されてしまったような気持ちです

昨日のグランプリシリーズも不調であったためこれでひどいことを新聞などで書かれてしまったら
とても悲しいです
コメント 144人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
表紙が気に入り購入を考えていました。皆さんのレビューも良く羽生選手を「日本の宝」だという記事もある事を知り間違い無いと思っていました。こんなライターさんもいるのだと‥…。
新聞の記事も読んだのですが、まさか同じライターだとは思いませんでした。売上げのために書き分けてるんですね〜。以前の経験から無難を装っていたんでしょうが、これがこの出版社の考えなのでしょう。こういうの一番タチが悪いですよ。写真が良いだけに残念。
新聞の記事に羽生選手の4回転ループより某選手のジャンプの方が0.3点も高いと誇らしげに書いていましたが、0.3なんてあってないようなものでGOEでどうにでもなります。羽生選手の強味は高難度のジャンプを跳ぶだけではないんですよ!ジャンプだけで勝てる競技ではありません。
今は数多くの羽生本が出版されています。写真や内容の良さで購入をしていましたが、他の方のコメントにもあるように羽生選手が信頼を寄せてインタビューに答えていると感じられるものを選びます。
(追記)
私の印象では羽生選手の記事を書いている割にはよく調べていないような気がします(今シーズンのFSの構成が某選手と同じとありましたから)。つまり、その程度の知識ということです。
良い写真があってもつまらない記事のせいで評判を落とす典型でしょう。
予約購入は
...続きを読む ›
コメント 247人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yuzurin トップ1000レビュアー 投稿日 2016/10/29
以前、他誌で読んでいない本のレビューはいかがなものかと注意をされたのですが、我慢出来なくて。
私も今日の日刊スポーツの高場記者の記事を読んで何て悪意のある見出しなんだろうとびっくりしました。
「羽生 17歳に敵対心」  「今回不出場も4回転5本成功 米ネイサン・チェン名指し」とありました。
記事を読んでも羽生くんは宇野選手のフリップの事を聞かれたから宇野選手だけがライバルでは無い、フリップは他の選手も跳ぶと名前を挙げただけで自分がライバルと言っています。  他にも羽生くんがまくしたてたとありますが、この言葉にも悪意がありますよね。 この記者こそ羽生くんに敵対心を持っているのではと疑ってしまいました。
日刊、双葉社、扶桑社、今は買っていません。 (蒼い炎は別です)
どうして日本の出版社や新聞社が日本の選手にこんな酷い事ができるのでしょう、悲しくなります。
コメント 158人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ500レビュアー 投稿日 2016/10/27
選手へのリスペクトがなさすぎ。
某アオ虫さんもそうだけれど、
知識も熱もないやつが書くってのがそもそもありえない。
イケメンアスリートをネタにすればいいとでもおもってるでしょ?
スケオタは目がこえてるんだよ。
コメント 108人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック