この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

フィオナ旅行記 (講談社BOX) 単行本(ソフトカバー) – 2010/11/2

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 200
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

最新スタイル(文体)で描く“冒険ガール”登場!!
「good!アフタヌーン」誌によるブログ連載で話題を呼んだ“歓びと哀しみの旅行記”が、待望の単行本化!

過酷な旅を“歓び”と“哀しみ”で綴る、まったく新しい試み。究極の“ブログ文体(スタイル)ファンタジー”誕生!

遠く彼方の異世界の住人、フィオナ・ローエングラム嬢がブログで綴る「過酷なサバイバル生活」。元軍人の彼女が、奇妙な生態系に覆われた世界を旅する中で、個性的な人々と触れ合い、何を感じ、何を見つけるのか――。そんな異世界の旅の記録が、「笑い」と「涙」の「未知なる体験」へと貴方を導く!

内容(「BOOK」データベースより)

遠く彼方の異世界の住人、フィオナ・ローエングラム嬢がブログで綴る「過酷なサバイバル生活」。元軍人の彼女が、奇妙な生態系に覆われた世界を旅する中で、個性的な人々と触れ合い、何を感じ、何を見つけるのか―。そんな異世界の旅の記録が、「笑い」と「涙」の「未知なる体験」へと貴女を導く。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 404ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/11/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062837633
  • ISBN-13: 978-4062837637
  • 発売日: 2010/11/2
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 485,908位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
作品の日時と実際の日時が一致する形で元々インターネット上に連載されていた作品。
作品名通り、主人公フィオナの旅の記録が書かれている。
個人の日記という形式なので顔文字が出てくるなど、本としてはいろいろ特殊。
それでも、キャラの感情などがわかりやすく、非所に面白い。
また、この作品の魅力として人間以外の様々の生き物との出会いがあるだろう。
過激な表現もある作品だが、刺激的。是非、手にとって見てもらいたい作品である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ZEPHYROS 投稿日 2010/11/7
形式: 単行本(ソフトカバー)
WEB上で掲載されていたものだと言うが、もっと早く知っておくべきだったか。
元軍人で自称動物学者の女性が旅の途中で逃亡奴隷の娘を拾い、二人で珍道中を繰り広げる物語だが、兎に角、面白い。二人が何処かずっこけていて、人情があるのが良い。
舞台としては遠い未来、氷河期で文明が滅びて再興された後の世界。生態系が独特で特に「龍」と呼ばれる生物群が面白い。アノマロカリスが実は海洋生物ではなく、しかも絶滅していなかったと言う設定なのだが、これらの生物に関する設定が一々楽しい。それに主人公の連れているカキツバタが、又、可愛い。陸蛸と大気中に漂う様になった浮遊性のクラゲとか蛸とか、「晴れ、時々タコ」は想わず吹いてしまった。
フィオナは可愛い生き物でも見つけるとすぐ食べてしまうが、動物学者としてはこれは正しい事だろう。
作中、主人公達とゲストキャラ達との交流も楽しかったりしんみりしたりで中々良い。
雪山で行き会った真っ赤なスカーレット姉さんの正体はどうやらサンタクロースで、これはこれで大笑いしたが、続編があるなら、豪快でおバカなスカーレット姉さんに再登場して欲しい。そう言えば話に出て来ていたスカーレット姉さんの妹も未登場だし、これは是非とも姉妹揃って活躍して欲しい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この作品の見所の一つに豊富なイラストがあります。
こちらの文庫はモノクロなため、私は結局iPadアプリで買い直しました。
これから購入を考えている人はせっかくなのでそちらをお勧めします。
ちなみにweb上のブログでも見れますので、読んでから考える、ということも出来ますよ。
内容は文句無しに面白い!!です!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告