ファンボーイズ [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: レンタルアップの商品です。内容はケース、ディスク1枚です。特典、ブックレットなどは付いておりません。ジャケット、ディスクにシールが貼り付けられていますが、状態良好です。動作確認済み。通常トールケースに入っています。商品はAmazon配送センターより迅速に発送されます。もし、コンデションに相違があった場合は返金や返品など、誠意をもって対応させていただきます。どうぞよろしくお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ファンボーイズ [DVD]

5つ星のうち 3.5 20件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,980 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、歳三書店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 4,980より 中古品の出品:10¥ 1,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ファンボーイズ [DVD]
  • +
  • ピープルVSジョージ・ルーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]
  • +
  • ロボットチキン/スター・ウォーズ ブルーレイBOX [Blu-ray]
総額: ¥15,662
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: サム・ハンティントン
  • 監督: カイル・ニューマン
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ケンメディア
  • 発売日 2010/05/12
  • 時間: 137 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 20件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0036137NC
  • JAN: 4532612100978
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 57,539位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『スター・ウォーズ』ファンによる『スター・ウォーズ』ファンのための映画『ファンボーイズ』 !!
キャリー・フィッシャー、レイ・パーク、ビリー・ディー・ウィリアムス、ウィリアム・シャトナー等超豪華カメオ出演!!

★2006年 『ホテル・ルワンダ』、2008年 『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』、そして2010年 『ファンボーイズ』!!
日本未公開の『ファンボーイズ』を上映するためSWファンによる映画公開署名活動勃発!
ファンたちのアツイ思いが届き『ファンボーイズ』遂に日本上陸!!

★本家本元のジョージ・ルーカスも公認!? 『スター・ウォーズ』ファンによる、『スター・ウォーズ』ファンのための映画『ファンボーイズ』 !

★『スター・ウォーズ』へのパロディ & オマージュが随所に盛り込まれSWファンはもちろんのこと、SWファンでなくとも爆笑必至!

★なんと言っても1番の見どころは超豪華なカメオ出演陣!!
本家『スター・ウォーズ』から、レイア姫役のキャリー・フィッシャー、ダース・モール役のレイ・パーク
更にはにランド・カルリジアン役のビリー・ディー・ウィリアムス!!
そして、なんと「スター・ウォーズ」と双璧を成すSF作品「スター・トレック」からカーク船長こと、ウィリアム・シャトナーまでもが出演!!!

[収録時間]
■本編:90分
■特典映像:47分

[豪華特典内容]
★キャスト&スタッフによるオーディオコメンタリー
★豪華映像特典(47分)
■未公開シーン
■メイキング
■映画 『ファンボーイズ』について
■パロディシーン
■4ファンボーイズ&1ファンガール
■ダンスの振り付け
■オリジナルトレーラー
■隠しボタン

[ストーリー]
世界中の『スター・ウォーズ』ファン達が、待望の新作『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の公開を待ちわびていた1998年。
高校時代からの仲間である『スター・ウォーズ』オタクのエリック(サム・ハンティントン)たちは、
「死ぬ前に『エピソード1』を見たい」と願う末期ガンで余命わずかのライナス(クリス・マークエット)の願いを叶えるため、
ジョージ・ルーカスの本拠地であるスカイウォーカーランチに侵入し『エピソード1』のフィルムを盗みだし、
世界で最初に見たファンとなり歴史に名を刻もうと、車でアメリカ横断の旅に出る。

しかし、彼らの行く手には、対立するトレッキー軍団、そしてカーク船長こと、あのウィリアム・シャトナーとの遭遇など様々な困難が待ち受けていた・・・。
果たして彼らはいくつもの試練を乗り越え、『エピソード1』を見ることができるのか!?

原題:FANB

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「スター・ウォーズ」シリーズへの愛が詰まったオマージュコメディ。98年、余命わずかな仲間が「死ぬ前にエピソード1を観たい」と言ったことから、完成フィルムを盗み出すことを計画するエリックたち。しかし、その行く手にはさまざまな困難が…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
スター・ウォーズ好きなら随所にちりばめられたパロディ・シーンが楽しい映画。
ストーリー自体もファンならではの妄想で、こんな映画にも出資してくれる環境があるなんて
うらやましい!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画で、一番面白かったのは、「スターウォーズ」を
陥れようと、地道な活動をしているカーク艦長だった!

ウィリアム・シャトナーが、あんな役で出るなんてビックリ。
しかも太って、すっかりお爺ちゃんになっていました・・。

あとキャリー・フィッシャー! お老けになったレイア姫が、
懐かしい「スターウォーズ」の台詞を言うところが良かった。

ハリソン・フォードの「6デイズ 7ナイツ」は失敗作で、
「ファントム・メナス」は、ファンが見てもビミョ〜らしい。

さておき、「スタートレック」と「スターウォーズ」の
ファン同士の対立が、子供のケンカみたいで面白かった。

あのガンになったお友だちも、ハチャメチャだけど、
最後に、素晴らしい思い出ができて良かったと思いました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「愛」とは欠点を許し、受け入れることだ。
ちなみに、欠点が見えないとか、欠点も長所に見える状態を「恋」というらしい。

悪いところを探し出しては「ここがダメだ」「なんか違う」「もう全部がイヤになった」と考えてしまう人は、生涯、誰かを愛することも、何かに情熱を傾けることもできないだろう。
「俺は完全なものしか愛せない」というなら、人間界を出て神仏に頼るしかあるまい。

「駄作だったら・・?」 それでも「愛する」のがファンボーイだ。
「欠点も必要だ」「安っぽい特殊効果にパペット、そこがいいんだよ」。

でも、本当に大事なのは映画じゃない。「僕たちの絆だ」。
最後に主人公が得たのは失っていた親友との心の絆。そして、彼は子供時代の夢を実現してアメコミ作家になるのだ(やっぱりダークサイドに堕ちたのかも?)。

「ここが違う」「あそこがダメだ」と言い争うスター・ウォーズ・ファンとトレッキー(スター・トレック・ファン)の確執が面白おかしく描かれているが、実は彼らはお互いのことを本人以上によく理解しあっているのだ。だいたい、知らない人が見れば、どちらも「腰から光線銃ぶら下げて、妙に薄着で、物理法則を無視した宇宙船の中で椅子に座ってる連中」にすぎない。
どちらも素晴らしい
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ボンクラの若者がひょんなことから車で旅をし、行く先々でトラブルに巻き込まれて最後は少しだけ全員が成長するというアメリカの青春コメディ映画で散々やりつくしたフォーマットにスターウォーズオタクネタを絡ませたところが新味になっているコメディロードムービー作品。
メガネのボンクラオタクは後のディズニー制作の魔法使いの弟子の主役であり、ヒロインこれまたディズニーアニメのアナと雪の女王の声優と、期待の若手が出ていた映画でもある。
チョイ役で旧スターウォーズのキャストが出てくるのがお楽しみだが、アメリカではもはやネタと化しているスタトレのウィリアムシャトナーが出てくるのは笑える。シャトナーは最近はどの作品でも出落ち状態である。
冥土の土産にスターウォーズエピソード1を見ることができたヤツはあの出来で満足したのだろうか・・・・・。最後の台詞「もし駄作だったら・・」が妙に意味深に響く。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
高校のときリアルでSWを見た自分の息子が、今SWのことで色々話しかけてくる。そんなとき本家のSWよりもなぜかこの映画のことを思い出してしまった。
本家SWを初めて見た時代、一緒に見た仲間とは今でも思い出話をするが、息子と話をするときにそんな友がいればいいのにと思うのは親バカか。
国営放送のBSを録画していたが、ここのスレを見る限り、吹替の方がお下劣で面白そうだと思い見てみた。
死が近づくための友のためにエピ1を盗みに行く。なんてくだらなく、しょうもないことをするんだと思うかもしれない。まあ映画だからと思う人もいるかもしれない。
しかしこの登場人物の心意気に共感するものがあるのは私だけではないだろう。
仲間といろいろくだらないことに取り組んでみる。その楽しさを思い出させる映画だ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す