この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ファンボーイズ [DVD]

5つ星のうち 3.5 20件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 3,694より 中古品の出品:1¥ 4,800より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: サム・ハンティントン
  • 監督: カイル・ニューマン
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ケンメディア
  • 発売日 2010/05/12
  • 時間: 137 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 20件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0036137NC
  • JAN: 4532612100978
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 79,387位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『スター・ウォーズ』ファンによる『スター・ウォーズ』ファンのための映画『ファンボーイズ』 !!
キャリー・フィッシャー、レイ・パーク、ビリー・ディー・ウィリアムス、ウィリアム・シャトナー等超豪華カメオ出演!!

★2006年 『ホテル・ルワンダ』、2008年 『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』、そして2010年 『ファンボーイズ』!!
日本未公開の『ファンボーイズ』を上映するためSWファンによる映画公開署名活動勃発!
ファンたちのアツイ思いが届き『ファンボーイズ』遂に日本上陸!!

★本家本元のジョージ・ルーカスも公認!? 『スター・ウォーズ』ファンによる、『スター・ウォーズ』ファンのための映画『ファンボーイズ』 !

★『スター・ウォーズ』へのパロディ & オマージュが随所に盛り込まれSWファンはもちろんのこと、SWファンでなくとも爆笑必至!

★なんと言っても1番の見どころは超豪華なカメオ出演陣!!
本家『スター・ウォーズ』から、レイア姫役のキャリー・フィッシャー、ダース・モール役のレイ・パーク
更にはにランド・カルリジアン役のビリー・ディー・ウィリアムス!!
そして、なんと「スター・ウォーズ」と双璧を成すSF作品「スター・トレック」からカーク船長こと、ウィリアム・シャトナーまでもが出演!!!

[収録時間]
■本編:90分
■特典映像:47分

[豪華特典内容]
★キャスト&スタッフによるオーディオコメンタリー
★豪華映像特典(47分)
■未公開シーン
■メイキング
■映画 『ファンボーイズ』について
■パロディシーン
■4ファンボーイズ&1ファンガール
■ダンスの振り付け
■オリジナルトレーラー
■隠しボタン

[ストーリー]
世界中の『スター・ウォーズ』ファン達が、待望の新作『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の公開を待ちわびていた1998年。
高校時代からの仲間である『スター・ウォーズ』オタクのエリック(サム・ハンティントン)たちは、
「死ぬ前に『エピソード1』を見たい」と願う末期ガンで余命わずかのライナス(クリス・マークエット)の願いを叶えるため、
ジョージ・ルーカスの本拠地であるスカイウォーカーランチに侵入し『エピソード1』のフィルムを盗みだし、
世界で最初に見たファンとなり歴史に名を刻もうと、車でアメリカ横断の旅に出る。

しかし、彼らの行く手には、対立するトレッキー軍団、そしてカーク船長こと、あのウィリアム・シャトナーとの遭遇など様々な困難が待ち受けていた・・・。
果たして彼らはいくつもの試練を乗り越え、『エピソード1』を見ることができるのか!?

原題:FANB

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「スター・ウォーズ」シリーズへの愛が詰まったオマージュコメディ。98年、余命わずかな仲間が「死ぬ前にエピソード1を観たい」と言ったことから、完成フィルムを盗み出すことを計画するエリックたち。しかし、その行く手にはさまざまな困難が…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

この映画で、一番面白かったのは、「スターウォーズ」を
陥れようと、地道な活動をしているカーク艦長だった!

ウィリアム・シャトナーが、あんな役で出るなんてビックリ。
しかも太って、すっかりお爺ちゃんになっていました・・。

あとキャリー・フィッシャー! お老けになったレイア姫が、
懐かしい「スターウォーズ」の台詞を言うところが良かった。

ハリソン・フォードの「6デイズ 7ナイツ」は失敗作で、
「ファントム・メナス」は、ファンが見てもビミョ〜らしい。

さておき、「スタートレック」と「スターウォーズ」の
ファン同士の対立が、子供のケンカみたいで面白かった。

あのガンになったお友だちも、ハチャメチャだけど、
最後に、素晴らしい思い出ができて良かったと思いました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ボンクラの若者がひょんなことから車で旅をし、行く先々でトラブルに巻き込まれて最後は少しだけ全員が成長するというアメリカの青春コメディ映画で散々やりつくしたフォーマットにスターウォーズオタクネタを絡ませたところが新味になっているコメディロードムービー作品。
メガネのボンクラオタクは後のディズニー制作の魔法使いの弟子の主役であり、ヒロインこれまたディズニーアニメのアナと雪の女王の声優と、期待の若手が出ていた映画でもある。
チョイ役で旧スターウォーズのキャストが出てくるのがお楽しみだが、アメリカではもはやネタと化しているスタトレのウィリアムシャトナーが出てくるのは笑える。シャトナーは最近はどの作品でも出落ち状態である。
冥土の土産にスターウォーズエピソード1を見ることができたヤツはあの出来で満足したのだろうか・・・・・。最後の台詞「もし駄作だったら・・」が妙に意味深に響く。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
話の軸としては重病の友人の為、昔からの夢をかなえようという青春ロードムービーです。
感動とまではいきませんでしたが、鑑賞後はさわやかな印象の残る作品です。

本作品のきもはスターウォーズを愛しすぎている主人公達のこれでもかというスターウォーズ愛
につきます。ファンならば、にやりとする仕掛けが随所にちりばめられています。

ですがっ!ここで注意点がひとつあります!
普通のパロディ映画はその作品を知ってれば楽しめるというレベルですが本作品はスターウォーズ
(特にエピソード4、5、6)を何回も見ていないと本作の本当の面白さはわからないと思います。
あっ!あのシーンの台詞だ!とか、あっ!あのキャラだ!という発見の楽しみは、元ネタを知らな
いとまったく楽しめないのです。
さらに、レイアとルークのキス論争とか、ジャージャービングスに対するアメリカのファンの反応
とかファンの間で起きた出来事等も知っているとさらに楽しめると思います。
私自身は、映画の他に小説や解説本も読んでいるので自分では中級ファンだと思っているのですが
かなり楽しめました。

また、私はよく知らないのですが、スターウォーズファンとスタートレックファンの反発も描かれ
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mrpink 投稿日 2010/6/2
まずは版権獲得、日本公開のために奔走した皆さんに
感謝致します。

これまでも「ホテルルワンダ」「ホットファズ」等、
過去に日本公開の為に様々な取り組みを行った映画が
ありました。そんな映画を観てきましたが、本当に
こんな地道な取り組みで映画の灯がともし続けられる
ことに感動します。

さて、ヘビーSWファンとは言わないまでも、この
シリーズを映画体験して、クローンウォーズまで
追いかけている私としては、やはり観に行きたく
なりました!

結果、とても良かった!

映画全体に溢れんばかりのSW愛を感じました。
決してSW内輪ウケになるわけでなく、一個の
ロードムービーとして好きになりました。

GW午前中の回を観ましたが、シアターTSUTAYAは
老若男女入り混じった独特の雰囲気。しかし観衆の
笑いのツボがそろって、なんだか大勢で観賞会を
やっている気分になりました。

「きっとみんな心にダサいSWのTシャツを着ているに
違いない」と思わせられる不思議な上映でした。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す