ファントム・ブレイブ オリジナルサウンドドラマ がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,240
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ファントム・ブレイブ オリジナルサウンドドラマ Soundtrack

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,240 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、falo-mediaが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 2,890より 中古品の出品:6¥ 780より

メールマガジン購読:アニメ関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、アニメ関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2004/5/29)
  • オリジナル盤発売日: 2004/8/31
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Soundtrack
  • レーベル: ムービック
  • 収録時間: 69 分
  • ASIN: B0001Z311E
  • EAN: 4961524231560
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 428,171位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 立ち込める暗雲 (第1話「まごころをあなたに」)
  2. 絡まる想い (第1話「まごころをあなたに」)
  3. 満月の夜に (第1話「まごころをあなたに」)
  4. 答えの出ない問い (第1話「まごころをあなたに」)
  5. サルファーの影 (第1話「まごころをあなたに」)
  6. 本当の気持ち (第1話「まごころをあなたに」)
  7. 異世界からの仲間たち (第2話「WAR OF THE IVOIRE」)
  8. ペタンコフォーがゆく (第2話「WAR OF THE IVOIRE」)
  9. 悪魔と堕天使たちの宴 (第2話「WAR OF THE IVOIRE」)
  10. それはまた、別のお話 (第2話「WAR OF THE IVOIRE」)

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

プレイステーション2のソフト『ファントム・プレイブ』のドラマCD。{やりたい放題シミュレーションRPG}として人気加速のゲーム。音楽も感動を誘うもので、待望のドラマCDだ。


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ファントムブレイブがドラマCDになりました。
(オリジナルサウンドドラ…?と少々はてなと思ったけれど、普通のドラマCDでありました。)

物語は本編が終った少し後、マローネがカスティルに送った一通(一本?)のボトルメールから事件は始まります。書かれていたのは何故か悪口や中傷ばかりで、仲の良かったはずの二人に絶交の危機が…?!

お互い相手を想う気持ちを、再確認していく様が描かれています。盛り上がりの語りシーンは引き込まれました。

(ベラベラとしゃべっていまいすいません。でも実際に声、演技を聴いてなんぼだと思うので…ドラマCDって)

上記の話ともうひとつ、ディスガイアキャラの登場する話。やはりこちらの方がコミカル。(気に入っています)ゲームでは絡むとき、ボイスあまり入ってなかったけど…ここでは掛け合い楽しめます!マローネやや押され気味(笑)EXTやってて気にいったならば楽しめると思います。

長くなってしまいましたが。ハートフルなファンブレを好いているならば、聴いてみてはどうでしょうか。ジャケ買いでも結構ですから!

(コミカルばかりでない…それがファンブレらしさと言う事で。ケド心配で−★1つ。)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 leanime 投稿日 2004/6/4
形式: CD
予想したまま、というのはがっかりした気持ちを込めた言葉です。
こんな内容だろうな~というのが的中。
同会社の作品「ディスガイア」のキャラが活躍するところが多いです。
ディスガイアを楽しんだ人なら、ともかく
そんなに楽しめる内容ではありません。
それでも星四つなのは、
正反対のキャラ「マローネ」と「ラハール」を
「水橋かおり」さんがあまりにも上手に同時に演じたことに!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック