ファニーゲーム U.S.A. [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品ですが、目だった汚れや傷等の無い国内正規品です。レンタル落ちではありません。ご注文から2日以内にゆうメールにて発送致します(ゆうメールの為、追跡番号はございません※ゆうメールでお送り出来ないサイズや本数の場合、ゆうパックでの発送となる場合がございます) 郵便局留めも対応可能です。特典欠品等がございます場合は発送前に確認のご連絡を差し上げます。万が一、商品の状態に不備がございました場合には返金・交換対応致しますのでおしらせください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,050
通常配送無料 詳細
発売元: ジェネレイト
カートに入れる
¥ 5,050
56pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: タッケンオンライン
カートに入れる
¥ 5,800
通常配送無料 詳細
発売元: yuzu-yuki
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ファニーゲーム U.S.A. [DVD]

5つ星のうち 2.8 75件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,050 通常配送無料 詳細
ポイント: 56pt  (1%)  詳細はこちら
残り7点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、SHOP KURO 真心を込めてお届けします☆が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 4,700より 中古品の出品:9¥ 1,900より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ファニーゲーム U.S.A. [DVD]
  • +
  • ファニーゲーム [DVD]
総額: ¥8,225
ポイントの合計: 56pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ナオミ・ワッツ, ティム・ロス, マイケル・ピット, ブラディ・コーベット, デヴォン・ギアハート
  • 監督: ミヒャエル・ハネケ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2009/06/26
  • 時間: 111 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 75件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0026ESMVM
  • JAN: 4527427643888
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 91,520位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


観客の希望を絶つ禁断のゲーム。開始。


【ストーリー】
湖畔の別荘で夏のバカンスを楽しむ3人家族の前に現れた招かれざる客―。
それは純白の手袋をし、純白のポロシャツに素足を晒した2人の美青年だった。
隣家の遣いと称して現れた彼らは、最初は礼儀正しく振舞うが、徐々にじわじわと冷酷で残忍な本性を露わにしていく・・・。
やがて彼らが始める理不尽な“ゲーム”。
何の罪もない、愛に満ちた家庭が純正暴力へと晒される。彼らにはなす術はないのだろうか。
タイムリミットの朝。ゲームの覇者となり生き残ったのはいったい誰なのか・・・?!

●それは映画史上、最も“不快”な暴力。
「明日の朝まで君たちが生きていられるか、賭けをしないか?」招かれざる客が誘う、理不尽で残虐な恐怖のゲーム・・・。
想像を超える壮絶な惨劇を、あなたは最後まで正視できるか?

●ハリウッド屈指の演技派達が作り出す“地獄絵図”!!
ゲームに巻き込まれるアンを演じるのは、この作品のプロデューサーもつとめるナオミ・ワッツ。
服を脱がされ、サディスティックに虐げられる美しき妻を、痛々しいまでのリアリティで演じている。
その夫ジョージには『海の上のピアニスト』のティム・ロス。そして一家を恐怖のドン底に陥れる美青年に『ラストデイズ』のマイケル・ピット。
ハリウッド屈指の名優達による緊迫の演技の応酬が、観る者を凍りつかせる!

●巨匠が絶賛
あのホラーの巨匠・スティーブン・キングが選んだ「2008年のベスト・ムービー」の第5位にランクイン。
また、『エクソシスト』のW・フリードキン監督を「怖がらせた映画13本」の中にも選ばれている。

【特典映像】
●オリジナル予告編
●日本版予告編
●キャスト&スタッフ インタビュー
●ナオミ・ワッツ スペシャルインタビュー
●撮影風景
●オリジナルTVスポット

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ピアニスト』のミヒャエル・ハネケが、97年の監督作をセルフリメイクしたサスペンス。湖畔の別荘でバカンスを過ごす家族の前に現れたふたりの美青年。隣家の遣いと称し礼儀正しく振舞っていた彼らは、徐々に冷酷で残忍な本性を露にしていく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

今更ながらこの作品を鑑賞しましたが今まで映画好きであるにも関わらず一度もネットに映画批評を投稿したことの無い自分が初めて自分の意見を投稿するにいたったほどインパクトの強かった作品です。原作の映画は未鑑賞なのですがこちらのリメイク版でも充分なほどでした。
世の中には「ミスト」や「セブン」など後味の最悪な映画は幾らでもありますが(あとホラー映画って大体後味悪いですよね)この映画はその中でも群を抜いて後味の悪さが強調されている映画かと思われます。何故なら意図的に意図的に後味を悪くして作られているのですから。人によっては胸糞の悪さを通り越して「不快」を感じるほどでしょう。
ストーリーとしては、幸せそうな家族が理不尽な目に遭わされる。これだけです。ですが演出がこれまた映画としてとんでもないハチャメチャな事をします。映画の中の悪人が×客に×し×け×。××の××を巻き××。小さい子供キャラが××(他の映画でも一部あるかと思いますが)同じシーンがこんなに長くする必要無いんじゃ無いか?と感じるほど長く続く時がある、などです。とにかく映画の常識や秩序が破壊されます。
ネットに流れているレビューにありましたが映画を見ている私たちの「頑張れ!負けるな!」「こいつは死なないだろうな」「今だやれ!」という想いは完膚なきまでに叩きのめされます。普通の映画にある「勧善懲悪」そんなもの
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
鬱映画のカテゴリーで
順位を競う際に毎回候補に挙がる怪作
期待して拝見したが
感想は普通だった
台詞なども一言一句オリジナルと同じらしいので
USAだから威力半減とか伝わらないとかじゃねえだろ
ようするに理不尽に一方的にやられてBAD ENDって話が
最悪とか気分悪いとかで鬱ってことなんかな
そんぐれえで落ち込むなっ
僕はマジ普通に観れた感想も普通から上にも下にも行かないな
印象的な巻き戻しのシーンが関心したぐらい
ようするにこれはゲームですよ
創造神の手の中で転がされる的な
主と玩具を描いた世にも奇妙な的なアレですよ
もちろん白い服の二人は創造神ですね
あの家族もそれまで普通に暮らしてたわけじゃなく
オープニングと同時に作成されたデータみたいな存在で
神によって自由に削除と作成を繰り返すエディットキャラみたいなもん
僕はそれを理解した
というかそういう風にしか観れなかったので
一家に感情移入することもなかった
二人組みを極端な悪とも思わなかった
二人は見様によっては悪趣味なのかもしれないけど別にどうしようもない
あの世界ではあの二人が神でルールなわけだか
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前作「ファニーゲーム」は素晴らしかった。
おそらく前作は上回らないだろうと思いつつも、監督セルフリメイクということで、何かあるのだろうと思い観てみた。
カメラアングル、家の間取り等前作に忠実に作られている事に驚く。
違うものというと役者だが全員前作よりも薄い。悪いというよりも前作が皆個性的で強烈だったせいもある。
演出も余計なものを足していたりして尺も伸びて残念なところもあり何故リメイクしたのか意味がわからない。
前作を観た人は見る必要ないし、こっちから観ようとしている方は是非「ファニーゲーム」の方を観ていただきたい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
想像しうる最悪の事態が想像どおりに起こるという史上稀に見る救いのなさ。
後味悪いです。誰にでもお勧めできるとは言えない。
でも、私はこの映画を嫌いではない。
なぜなら、暴力をちゃんと酷いこととして描いているから。
そしてまっとうすぎるくらいまっとうなメッセージを感じた。
いわく
・隣人の様子がおかしかったら、ちゃんと気にかけろ!ひとごとじゃないぞ!
・よく知らない人間をみだりに家に入れるな!
・父ちゃんは、母ちゃんの話をちゃんと聞け!
 そして、世間体より面子より、家族を守ることを優先しろ!

また、終盤に、いかにも「はい、これ作り物ですから」というような
演出が挿入され、違和感とえば違和感だけれども
でもこのシーンが無いと、映画全体があまりにも息苦しすぎるのかも。

ナオミ・ワッツは美人だが、こういう「えらい目に会うひと」の役が似合う。
ティム・ロスとともに、夫婦の生活感が絶妙でした。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー